スズキの世界戦略車、新型コンパクトクロスオーバー「SX4」発売

2006.07.04 自動車ニュース

スズキの世界戦略車、新型コンパクトクロスオーバー「SX4」発売

スズキはコンパクトカーとSUVをクロスさせたニューモデル「SX4」を、2006年7月4日に発売した。


【写真上】1.5XG
【写真下】2.0S

■日欧合作のクロスオーバー

「SX4」は、2003年4月よりスズキとフィアットの間で共同開発が行われてきた次世代クロスオーバー車。「X- OVERREVOLUTION(クロスオーバーレヴォリューション)」を開発コンセプトとし、スポーティ&コンパクトの「スイフト」と、「エスクード」などのSUVをかけあわせたクルマとした。欧州では06年3月から発売されていた、スイフト、エスクードに続くスズキ世界戦略車の第3弾が、日本に上陸する。
エンジンは、1.5リッターと2リッターの2種類。価格は「1.5E」(FF/4AT)の149.1万円から、「2.0S」(4WD/4AT)の203.7万円まで。




イタリアのカロッツェリア「イタルデザイン」と協同でつくられたというエクステリアデザインは、ウェッジのきいたフロントマスク、躍動感のあるフォルムや丸みを帯びたフェンダーが生み出す力強さが特徴。外観は2種類用意され、アウトドア色の濃い「1.5XG」と、エアロバンパーやスポイラーを装着する、スポーティな「2.0S」「1.5G」が用意される。
ボディサイズはグレードによって若干異なるが、SUVテイストを強調した「1.5XG」は、全長×全幅×全高=4135×1755×1605mm、ホイールベースは2500mm。「スイフト」に較べて一まわり大きく、「エスクード」より一まわり小さい。




インテリアは、黒を基調にシルバーをアクセントとして配色、センターコンソールにつや消しのサテンメッキを採用するなどして、力強さと優美さをアピールする。
パッケージングのよさも自慢のひとつ。ヒップポイントを高めに設定し、すぐれた乗降性や見晴らしのよさを実現。運転席はシートリフターを備え、適切なシートポジションをが選べるという。リアシートは折りたたみ可能で、荷室と後席シートバックがフラットになる「タンブルフォールディング式リアシート」とし、使い勝手にもこだわった。

エンジンは、可変バルブタイミング機構付き1.5リッター直4DOHC(110ps/6000rpm、14.6kgm/4000rpm)と、2リッター直4DOHC(145ps/5800rpm、19.7kgm/4000rpm)の2種類。駆動方式はFFと、電子制御式4WD「i-AWD」が用意される。i-AWDはFFに近い状態で走る「2WDモード」、FFから4WD状態まで前後輪へトルク配分する「4WDオートモード」と、悪路で威力を発揮する「4WDロックモード」(60km/h以上では4WDオートに切り替わる)を備える。トランスミッションは4ATのみだ。

ベーシックな「1.5E」をのぞいて、オートライトシステムやオートレベリング機構付きディスチャージヘッドランプ、持っているだけでエンジンが始動できる「キーレススタートシステム」など、装備も充実させた。

なお、スズキは2006年3月のジュネーブショーで、SX4をベースとしたラリーマシンによる、世界ラリー選手権(WRC)参戦計画を発表している。

(webCGオオサワ)

スズキSX4:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/sx4/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SX4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る