欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も

2006.06.30 自動車ニュース

欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も

ホンダは、2006年7月18日から30日までロンドンで開催される「2006年英国国際モーターショー」に出展する、欧州版「シビック」3ドアのスポーティモデル「タイプS」の概要を、2006年6月29日に発表した。タイプSは2007年1月に、さらに尖った「タイプR」は3月に英国で発売される予定。


【写真上】シビックタイプS
【写真下】シビックタイプR

欧州版シビックに、3ドアボディの「タイプS」が登場する。若いユーザーをターゲットにするスポーティバージョンだ。5ドアと同じプラットフォームを使い、ディメンションも5ドアと同じながら、ルックスはよりスポーティに。サスペンションはダンパーとスプリングを再チューニングしたほか、リアトレッドを5ドアに較べて20mm拡大し、よりシャープなコーナリングを提供すると謳う。3ドアながら、リアシートや荷室の広さなどは5ドアと同じで、使い勝手も忘れない。

タイプSが搭載するエンジンは、1.8リッター「i-VTEC」(140ps)と2.2リッターディーゼル(140ps)の2種類。トランスミッションは6MTが基本だが、1.8リッターではマニュアル感覚でシフトできる2ペダル6MT「i-SHIFT」も選択できる。

タイプSをベースに開発されるという「タイプR」は、200psを発生する2リッターユニットを搭載。タイプRの哲学を見失うことなく、より洗練されたモデルになるという。

タイプS、タイプRのいずれにも、「GT」グレードを設定。こちらは、デュアルゾーンエアコンや、雨滴感知センサー付きワイパーなどを装着する上級モデルだ。
価格などの詳細は、まだ発表されていない。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:http://www.honda.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る