欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も

2006.06.30 自動車ニュース

欧州版3ドア「ホンダ・シビックタイプS」の概要を発表、「タイプR」も

ホンダは、2006年7月18日から30日までロンドンで開催される「2006年英国国際モーターショー」に出展する、欧州版「シビック」3ドアのスポーティモデル「タイプS」の概要を、2006年6月29日に発表した。タイプSは2007年1月に、さらに尖った「タイプR」は3月に英国で発売される予定。


【写真上】シビックタイプS
【写真下】シビックタイプR

欧州版シビックに、3ドアボディの「タイプS」が登場する。若いユーザーをターゲットにするスポーティバージョンだ。5ドアと同じプラットフォームを使い、ディメンションも5ドアと同じながら、ルックスはよりスポーティに。サスペンションはダンパーとスプリングを再チューニングしたほか、リアトレッドを5ドアに較べて20mm拡大し、よりシャープなコーナリングを提供すると謳う。3ドアながら、リアシートや荷室の広さなどは5ドアと同じで、使い勝手も忘れない。

タイプSが搭載するエンジンは、1.8リッター「i-VTEC」(140ps)と2.2リッターディーゼル(140ps)の2種類。トランスミッションは6MTが基本だが、1.8リッターではマニュアル感覚でシフトできる2ペダル6MT「i-SHIFT」も選択できる。

タイプSをベースに開発されるという「タイプR」は、200psを発生する2リッターユニットを搭載。タイプRの哲学を見失うことなく、より洗練されたモデルになるという。

タイプS、タイプRのいずれにも、「GT」グレードを設定。こちらは、デュアルゾーンエアコンや、雨滴感知センサー付きワイパーなどを装着する上級モデルだ。
価格などの詳細は、まだ発表されていない。

(webCGオオサワ)

本田技研工業:http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • 復活したホンダのビッグネーム
    新型「シビック」に注目せよ!
    2017.11.24 デイリーコラム 2017年9月に発売された10代目「ホンダ・シビック」。ベテランなら誰もが知る車名だが、日本市場での販売はいったん途絶えており、久々の復活となる。そんな新型の存在意義について、鈴木ケンイチが語る。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
ホームへ戻る