【スペック】全長×全幅×全高=4800×1800×1760mm/ホイールベース=2950mm/車重=2040kg/駆動方式=4WD/2.4リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、19.4kgm/4000rpm)、フロント交流モーター(143ps/4500rpm、27.5kgm/0-1500rpm)、リア交流モーター(68ps/4610-5120rpm、13.3kgm/0-610rpm)/価格=436万8000円(テスト車=498万7500円)

トヨタ・エスティマハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗速報】

“約100万円”を補うアドバンテージ 2006.06.28 試乗記 トヨタ・エスティマハイブリッドG(4WD/CVT)……498万7500円先代に較べて内容を一気にグレードアップさせた、新しい「エスティマハイブリッド」。ノーマルと内外装にも差別化を図り、10.15モード燃費20.0km/リッターを謳う新型の乗り味やいかに?

今もって、革新的なミニバン

動力性能や燃費、環境性能といった走りの基本部分と、シートやラゲッジスペース等のミニバンとして求められる使い勝手の両面において、従来モデルを上回る性能を実現すること。新しい「エスティマハイブリッド」の狙いを要約すれば、それに尽きると言えそうだ。何か革新的なところはないのかって? いやいや、結局のところ2001年の登場から今までに、それを上まわる革新性を備えたミニバンは、ついぞ現れはしなかったのだ。さらにその先へと進んだ新型エスティマハイブリッドが、十分過ぎるほどに先鋭的な1台であることは間違いない。

進化した走りの根幹は、一新されたハイブリッドシステムだ。前輪への動力伝達にベルト式CVTを用いた、従来の「THS-C」に替わって使われるのは、「プリウス」以降の最新モデルで定評のある「THS-II」。モータートルクを増大させるリダクション機構や電子制御式4WDの「E-Four」と組み合わせたシステム構成は「ハリアー/クルーガーハイブリッド」と近いが、こちらのエンジンは、より効率性を重視したアトキンソンサイクル=高膨張比型の直列4気筒2.4リッターとなる。エンジンの最高出力は先代の96kWに対して110kW(150ps)へと大幅アップ。さらにモーター出力も、フロントが13kWから105kW(143ps)へ、リアが18kWから50kW(68ps)へと、やはり一気に高められた。



トヨタ・エスティマハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗速報】の画像
【テスト車のオプション装備】
大型ムーンルーフ&サンシェード=8万9250円/音声案内クリアランスソナー=4万2000円/6:4分割床下電動格納機能付きサードシート+パワーバックドア=13万7550円/SRSサイド(フロント)&ニーエ(運転席)&カーテンシールドエアバッグ+リヤELR付き3点式シートベルト=8万5050円/HDDナビゲーションシステム=17万2200円/ガラスアンテナ=1万500円/G-BOOK ALPHA専用DCM+エンジンイモビライザー=6万8250円/ETC=1万4700円)

【テスト車のオプション装備】大型ムーンルーフ&サンシェード=8万9250円/音声案内クリアランスソナー=4万2000円/6:4分割床下電動格納機能付きサードシート+パワーバックドア=13万7550円/SRSサイド(フロント)&ニーエ(運転席)&カーテンシールドエアバッグ+リヤELR付き3点式シートベルト=8万5050円/HDDナビゲーションシステム=17万2200円/ガラスアンテナ=1万500円/G-BOOK ALPHA専用DCM+エンジンイモビライザー=6万8250円/ETC=1万4700円)

ベースのよさを残して洗練

その効果は乗れば明らかだ。そうは言っても、280psを発生する3.5リッターV6モデルのような迫力で押す感じではない。停止状態からの立ち上がりはグッと力強く、しかしトルク感はあくまで滑らか。そして、そこから先もハイブリッド特有の継ぎ目のない加速が、100km/hオーバーの速度域までいささかも衰えることなく続く。その加速感には、“上質”だとか“品がいい”といった表現がふさわしい。

車重は「G」の7人乗りで1970kgと、ガソリン仕様の2.4リッターモデルより200kg以上も重い。おかげでハンドリングは軽快とは言いがたい。ステアリングの反応は悪くないのだが、その後の追従性には重く、しかも重心も低くない感じはハッキリ現れる。
しかし、だからよくないというわけではない。事実、重く背が高いクルマなのだから、そういう風に走らせてやればいいのだし、仮に行き過ぎてしまったときには……実際には行き過ぎてしまいそうになった時点から「VDIM」が介入を開始して、車両姿勢を穏やかに修正してくれるからだ。

乗り心地は予想以上のものだった。こちらも確かに重さは感じるが、強力なダンパーが、路面のうねりで煽られた時にもその入力をしっかりいなしてくれ、ズシーンと突き上げることがない。3列目より2列目、2列目より1列目のほうが落ち着きがあって快適なのは、ベースとなるエスティマと同じ。速度を上げるにつれて車体の動きがぴたっとしたフラット感を高めてくるのも同様で、街乗りよりも、実は高速クルージングこそ得意科目のようである。

7人乗りのセカンドシートは、シート一体型のオットマンがついたリラックスキャプテンシート。写真は、サードシートを床下に収納し、セカンドシートを後方にスライドさせオットマンを引き出した、スーパーリラックスモード。

7人乗りのセカンドシートは、シート一体型のオットマンがついたリラックスキャプテンシート。写真は、サードシートを床下に収納し、セカンドシートを後方にスライドさせオットマンを引き出した、スーパーリラックスモード。
写真をクリックするとサードシートの床下収納が見られます。

写真をクリックするとサードシートの床下収納が見られます。


トヨタ・エスティマハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗速報】の画像

選ぼう……と思わせる価値

使い勝手の面では、ハイブリッドシステムを搭載したにもかかわらず、他のモデルと同等のシートアレンジを実現したことがトピックだ。先代はラゲッジ床下にバッテリーを収納するためサードシートが収納できなかったのだが、新型ではそのバッテリーが移設されたのである。その行き先は、運転席と助手席の間のセンタートンネル内。おかげで前席間ウォークスルーはできなくなったが、代わりに2列目はセールスポイントのひとつである「スーパーリラックスモード」へのアレンジが可能になっている。もちろん荷室の使い勝手もこちらのほうが上。よって、より多くのユーザーに歓迎されるのは間違いない。

新型エスティマハイブリッドの10.15モード燃費公表値は実に20.0km/リッター。実際、一般道が9割ほどを占めた今回の試乗では、オンボードコンピューターは15km/リッター前後を指していた。その数字の通りなら、2トン級の体躯としては十分満足できる小食ぶりと言っていい。加えて、3.5リッターV6モデルより上質な加速感、さらには先代同様なぜか感じるちょっと知的な雰囲気といった魅力も加わるのだ。「100万円近い価格差を燃費で取り返すのは大変(というか無理?)だ」とわかっていても、「ハイブリッドを選ぼう……!」と思わせるだけのものは、確かにそこにはある。

クリアブルーをあしらったヘッドランプやリアコンビネーションランプ、バンパーやグリルなどを変更した外観は、元のイメージを大きく変えるものではないが、オーナーにとっては、それこそが他のミニバンに、そして他のエスティマに決定的な差をつける大きなポイント。新型も、きっと彼らの羨望の眼差しを集めるミニバンのプレミアムブランド的存在になるのだろう。

(文=島下泰久/写真=荒川正幸/2006年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・シエンタX 7人乗り(FF/CVT)/シエンタ ハイブリッドG 6人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.11 試乗記 個性的なデザインやボディーカラーで話題の、新型「トヨタ・シエンタ」に試乗。そのコンパクトミニバンとしての実力は……? パワーユニットやシートの仕様が異なる、2つのモデルでチェックした。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 「トヨタヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」発売 2016.7.7 自動車ニュース トヨタが「ヴォクシー」の特別仕様車「ZS“煌II”」を発売。メッキ装飾や高輝度シルバー塗装を用いたきらびやかなエクステリアと充実した装備が特徴で、ワンタッチスイッチ付きデュアルパワースライドドアやLEDフロントフォグランプを備えている。
  • トヨタ・シエンタ ハイブリッドX 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2015.9.14 試乗記 販売好調が伝えられるトヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。フルモデルチェンジからの1カ月で、実に月間販売目標の7倍に達する、4万9000台もの受注を集めたという。人気の秘密はどこにあるのか、ハイブリッドモデルの試乗を通して確かめた。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
ホームへ戻る