「トヨタ・アルファードハイブリッド」をよりクリーンに改良

2006.06.27 自動車ニュース

「トヨタ・アルファードハイブリッド」をよりクリーンに改良

トヨタは、「アルファードハイブリッド」を一部改良し、2006年6月26日に発売した。

今回の改良で、排出ガス性能をよりクリーン化。国土交通省の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」をパスし、環境性能をより高めた。さらに、省エネ法に基づいて定められた燃費基準「平成22年度燃費基準+20%」も達成し、優遇税制措置の対象車となった。「ウェルキャブ」(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同じ改良が施されている。
価格はこれまでと同じ、384.3万円から。

(webCGオオサワ)

トヨタ・アルファードハイブリッド:http://toyota.jp/alphardhybrid/

 
「トヨタ・アルファードハイブリッド」をよりクリーンに改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る