ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

2006.06.27 自動車ニュース

ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

独ダイムラー・クライスラーは、2006年秋にデビューが予定される新しい「メルセデス・ベンツCLクラス」を、2006年6月26日に発表した。




ベンツのもっともラクシャリーなクーペ「CLクラス」のニューモデルが発表された。メルセデス・ベンツ製クーペの伝統と先進性を融合させたというデザインと、「アクティブボディコントロール(ABC)」「プリセーフ」などの先進技術を投入した新型CLを、同社は「ラクシャリークーペのなかの傑作」と謳う。

写真では「CLS」と「Sクラス」をあわせたようなデザインに見えるが、ピラー処理や大きくカーブしたリアウィンドウ、フロントグリルに、1950〜60年代の「220 S/SE クーペ」など往年のモデルが採用した特徴的なスタイリングを採り入れたという。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5065(+65)×1871(+16)×1418(+18)mm、ホイールベース=2955(+70)mm(カッコ内は先代比)と、特にホイールベースが長く採られた。




ラインナップは、5.5リッターV8(388ps/6000rpm、54.1kgm/2800-4800rpm)を搭載する「CL500」(7AT)と、5.5リッターV12ツインターボ(517ps/5000rpm、84.7kgm/1900-3500rpm)を積む「CL600」(5AT)の2種類。車重はCL500でも2トン弱の大物だが、0-100km/h加速を5.4秒、2トンを超えるCL600も4.6秒でこなす俊足の持ち主だ。

4ドアの「Sクラス」より高い2ドアの「CLクラス」は、メルセデス・ベンツのなかでも、まごうかたなき贅沢なクルマ。装備品の数がそれを示しており、アクティブサスペンションを備える「アクティブボディコントロール」や「プリセーフ」、数々のエアバッグやESPなど、枚挙にいとまがない。

1952年から、17万8000台以上のラクシャリークーペを生産してきたという、メルセデス・ベンツの新しい最上級クーペ。登場が楽しみな1台である。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
ホームへ戻る