ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

2006.06.27 自動車ニュース

ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

独ダイムラー・クライスラーは、2006年秋にデビューが予定される新しい「メルセデス・ベンツCLクラス」を、2006年6月26日に発表した。




ベンツのもっともラクシャリーなクーペ「CLクラス」のニューモデルが発表された。メルセデス・ベンツ製クーペの伝統と先進性を融合させたというデザインと、「アクティブボディコントロール(ABC)」「プリセーフ」などの先進技術を投入した新型CLを、同社は「ラクシャリークーペのなかの傑作」と謳う。

写真では「CLS」と「Sクラス」をあわせたようなデザインに見えるが、ピラー処理や大きくカーブしたリアウィンドウ、フロントグリルに、1950〜60年代の「220 S/SE クーペ」など往年のモデルが採用した特徴的なスタイリングを採り入れたという。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5065(+65)×1871(+16)×1418(+18)mm、ホイールベース=2955(+70)mm(カッコ内は先代比)と、特にホイールベースが長く採られた。




ラインナップは、5.5リッターV8(388ps/6000rpm、54.1kgm/2800-4800rpm)を搭載する「CL500」(7AT)と、5.5リッターV12ツインターボ(517ps/5000rpm、84.7kgm/1900-3500rpm)を積む「CL600」(5AT)の2種類。車重はCL500でも2トン弱の大物だが、0-100km/h加速を5.4秒、2トンを超えるCL600も4.6秒でこなす俊足の持ち主だ。

4ドアの「Sクラス」より高い2ドアの「CLクラス」は、メルセデス・ベンツのなかでも、まごうかたなき贅沢なクルマ。装備品の数がそれを示しており、アクティブサスペンションを備える「アクティブボディコントロール」や「プリセーフ」、数々のエアバッグやESPなど、枚挙にいとまがない。

1952年から、17万8000台以上のラクシャリークーペを生産してきたという、メルセデス・ベンツの新しい最上級クーペ。登場が楽しみな1台である。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る