ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

2006.06.27 自動車ニュース

ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

独ダイムラー・クライスラーは、2006年秋にデビューが予定される新しい「メルセデス・ベンツCLクラス」を、2006年6月26日に発表した。




ベンツのもっともラクシャリーなクーペ「CLクラス」のニューモデルが発表された。メルセデス・ベンツ製クーペの伝統と先進性を融合させたというデザインと、「アクティブボディコントロール(ABC)」「プリセーフ」などの先進技術を投入した新型CLを、同社は「ラクシャリークーペのなかの傑作」と謳う。

写真では「CLS」と「Sクラス」をあわせたようなデザインに見えるが、ピラー処理や大きくカーブしたリアウィンドウ、フロントグリルに、1950〜60年代の「220 S/SE クーペ」など往年のモデルが採用した特徴的なスタイリングを採り入れたという。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5065(+65)×1871(+16)×1418(+18)mm、ホイールベース=2955(+70)mm(カッコ内は先代比)と、特にホイールベースが長く採られた。




ラインナップは、5.5リッターV8(388ps/6000rpm、54.1kgm/2800-4800rpm)を搭載する「CL500」(7AT)と、5.5リッターV12ツインターボ(517ps/5000rpm、84.7kgm/1900-3500rpm)を積む「CL600」(5AT)の2種類。車重はCL500でも2トン弱の大物だが、0-100km/h加速を5.4秒、2トンを超えるCL600も4.6秒でこなす俊足の持ち主だ。

4ドアの「Sクラス」より高い2ドアの「CLクラス」は、メルセデス・ベンツのなかでも、まごうかたなき贅沢なクルマ。装備品の数がそれを示しており、アクティブサスペンションを備える「アクティブボディコントロール」や「プリセーフ」、数々のエアバッグやESPなど、枚挙にいとまがない。

1952年から、17万8000台以上のラクシャリークーペを生産してきたという、メルセデス・ベンツの新しい最上級クーペ。登場が楽しみな1台である。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

関連キーワード:
CLクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開 2018.3.8 自動車ニュース メルセデスAMGがジュネーブショーで「AMG GT 4ドアクーペ」を発表。2ドアクーペの「AMG GT」と同じく、メルセデス・ベンツのラインナップにはないメルセデスAMGの独自モデルであり、直6、V8合わせ3種類のグレードが用意されている。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • 「BMW i8」のオープントップモデル発売 2018.4.10 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月9日、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」に一部改良を施すとともに、オープントップモデルの「i8ロードスター」をラインナップに追加し、販売を開始した。
ホームへ戻る