ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

2006.06.27 自動車ニュース

ベンツの最上級ラクシャリークーペ、新型「CLクラス」発表

独ダイムラー・クライスラーは、2006年秋にデビューが予定される新しい「メルセデス・ベンツCLクラス」を、2006年6月26日に発表した。




ベンツのもっともラクシャリーなクーペ「CLクラス」のニューモデルが発表された。メルセデス・ベンツ製クーペの伝統と先進性を融合させたというデザインと、「アクティブボディコントロール(ABC)」「プリセーフ」などの先進技術を投入した新型CLを、同社は「ラクシャリークーペのなかの傑作」と謳う。

写真では「CLS」と「Sクラス」をあわせたようなデザインに見えるが、ピラー処理や大きくカーブしたリアウィンドウ、フロントグリルに、1950〜60年代の「220 S/SE クーペ」など往年のモデルが採用した特徴的なスタイリングを採り入れたという。ボディサイズは、全長×全幅×全高=5065(+65)×1871(+16)×1418(+18)mm、ホイールベース=2955(+70)mm(カッコ内は先代比)と、特にホイールベースが長く採られた。




ラインナップは、5.5リッターV8(388ps/6000rpm、54.1kgm/2800-4800rpm)を搭載する「CL500」(7AT)と、5.5リッターV12ツインターボ(517ps/5000rpm、84.7kgm/1900-3500rpm)を積む「CL600」(5AT)の2種類。車重はCL500でも2トン弱の大物だが、0-100km/h加速を5.4秒、2トンを超えるCL600も4.6秒でこなす俊足の持ち主だ。

4ドアの「Sクラス」より高い2ドアの「CLクラス」は、メルセデス・ベンツのなかでも、まごうかたなき贅沢なクルマ。装備品の数がそれを示しており、アクティブサスペンションを備える「アクティブボディコントロール」や「プリセーフ」、数々のエアバッグやESPなど、枚挙にいとまがない。

1952年から、17万8000台以上のラクシャリークーペを生産してきたという、メルセデス・ベンツの新しい最上級クーペ。登場が楽しみな1台である。

(webCGオオサワ)

メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る