スバルの新型軽「ステラ」好発進、人気車種は……。

2006.06.23 自動車ニュース

スバルの新型軽「ステラ」好発進、人気車種は……。

富士重工業が、2006年6月14日に発売した新型軽乗用車「ステラ」が、発売から1週間(6月20日まで)に月販目標の5000台を超える5438台を受注。まずは順調といえるスタートを切った。

ステラには、シンプルな「ステラ」(NAのみ)と、スーパーチャージド版をラインナップするスポーティな「ステラカスタム」があるが、受注内容はカスタムが50.7%とやや上。カスタムの内訳は、NAが約8割、スーパーチャージャー付きモデルは2割だという。一方のステラは、ベーシックグレードが約6割、上級モデルは4割の構成だ。

スバルがハイトワゴンの軽自動車をリリースしたのは、「プレオ」のデビューから数えると約8年ぶり。待っていた人も、多かったのだろうか。同社は「スタイリッシュなデザイン」「シートアレンジや収納など使い勝手のよい室内」「優れた低燃費」「快適な乗り心地」「視界の良さ」などがユーザーに受け入れられた、としている。

【関連記事】
スバル、“王道系”の新型軽「ステラ」発売
http://www.webcg.net/WEBCG/news/000018259.html

(webCGオオサワ)

スバル:http://www.subaru.co.jp/

スバルの新型軽「ステラ」好発進、人気車種は……。の画像
関連記事
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2006.10.17 試乗記 ……132万3000円円
    総合評価……★★★★

    デザインを全面に押し出した「R1」「R2」で勝負に出たスバル。しかし市場の反応は芳しくなく、あわててスペースユーティリティ重視の「ステラ」を投入することになった。数多いライバルたちに勝てる実力はあるのか?


  • スバル・ステラ/ステラカスタム【試乗記】 2007.5.13 試乗記 ……98万7000〜110万7750円/119万7000〜139万6500円

    いま注目の「軽自動車」を、小沢コージがまとめて取り上げる。それぞれのクルマの「○と×」は何なのか? 自動車専門誌『NAVI』の名物特集から、改めてご紹介!
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る