いよいよ日本に正規導入、新型「フォード・マスタング」登場!

2006.06.21 自動車ニュース
 

いよいよ日本に正規導入、新型「フォード・マスタング」登場!

フォード・ジャパン・リミテッドは、新型「フォード・マスタング」を2006年秋より発売する。それに先駆け、6月23日に予約受付を始めた。



 

■日本における中核車種として

2003年にコンセプトを披露、2004年のデトロイトショーで市販車が発表された新型「マスタング」。これまで日本には導入されず、待っていたファンも多いであろうブルーオーバルを代表するモデルがわが国にやってくる。
わが国でのラインナップは、「V6 クーペ プレミアム」と、「V8 GTクーペ&コンバーチブル プレミアム」の3種類。価格は、V6クーペが390.0万円。V8モデルは、クーペが460.0万円、コンバーチブルは530.0万円である。



 

「一目でマスタングとわかるデザイン」を謳う新型は、ロングノーズ&ショートデッキや3連テールランプ、フロントグリルに取り付けられた“ギャロッピングホース”エンブレムなど、マスタングのデザインキューを踏襲しつつ、ボディフォルムなどに現代的なデザインを採用。“アメリカン・マッスルカー”の伝統を受け継ぎながら、マスタングらしい外観に仕上げた。
コンバーチブルはクーペから屋根を切り取っただけでなく、重量増加を抑え、ボディ剛性を考慮して、デザインしたという。
ボディサイズは全長×全幅×全高=4765×1880×1385mm。ホイールベースは2720mmと長く採り、パッケージングを工夫、「4人の乗員すべてに余裕のあるスペースを提供」する。



 

エンジンは、4リッターV6SOHC(210ps/5250rpm、33.2kgm/3500rpm)と、4.6リッターV8SOHC(300ps/5750rpm、44.2kgm/4500rpm)の2種類(数値は北米仕様。トルクはlb-ftから換算)。いずれもオールアルミ製で、V8ユニットは従来より34kg軽量化を図りながら、出力は40ps高められた。トランスミッションは5ATが組み合わされる。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式、リアは横方向の安定化を図るパナールロッドを採用した3リンク式。高剛性のブッシュと柔らかいブッシュを適所に配置し、クイックなステアリングレスポンスと乗り心地の両立を謳う。


こちらは2007年初旬に導入が予定される「エクスプローラースポーツトラック」。エスケープのモデルチェンジ、マスタングの導入に続いて、新たなブランドイメージを確立するための車種となるだろう。
 

フォード・ジャパンはブランドの新しいコアコンセプトとして、「Make Every Day Exciting」を掲げ、フォードのブランド・ポジションをより強化していく考え。新しいマスタングは、今後のフォードブランド戦略を牽引する、中核車種として育成していくという。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン:http://www.ford.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • フォード・マスタング エコブースト(FR/6AT)/マスタングGT(FR/6AT)【海外試乗記】 2014.10.15 試乗記 フォードの看板スポーティーカーのモデルチェンジともなれば、それだけでちまたは大騒ぎだが、今度の新型はちょっと違う。「マスタング」の心臓として、いよいよ直4ユニットが載るのだ。“再定義されたアメリカンマッスル”をロサンゼルス郊外で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • シボレー・コルベット スティングレイ(FR/3AT)【試乗記】 2017.3.4 試乗記 「スティングレイ」のサブネームを初めて冠し、ファンの間では「C2」の愛称で親しまれている2代目「シボレー・コルベット」。シルバーのボディーがきらめく半世紀前のアメリカンスポーツには、豊かさがあふれていた。
ホームへ戻る