07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

2006.06.20 自動車ニュース

07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

独ポルシェAGは、「ボクスター」と「ボクスターS」のエンジンが、2006年8月1日に切り替わる2007モデルからパワーアップすることを、2006年6月19日に発表した。

ボクスターの2.7リッター水平対向6気筒は、これまでに較べて最高出力が5psアップの245psを発生。最大トルクは0.3kgm太い27.8kgm/4600rpmとなる。パワーアップする一方、燃費を向上させたことが自慢だ。
ボクスターSは、エンジンの排気量を3.2リッターから3.4リッターに拡大、つまり「ケイマンS」と同じ排気量になった。アウトプットもケイマンSと変わらず、295psと34.7kgmを発生する。ボクスターとボクスターS、いずれも当然、動力性能と最高速度は高められた。

さらに、オプションの「ティプトロニックS」と、スポーツ性能を向上させる「スポーツクロノパッケージ」に新機能が追加された。
ティプトロニックSは、油圧、電子制御と可変シフトプログラムが見直された。スポーツクロノパッケージと組み合わせた場合、スポーティなドライビングに最適なシフトが行われるという。たとえば、シフトアップ&ダウンは3000rpm以下では行われず、マニュアルモードではレブリミットに達してもシフトアップされない。
ほかに、動力性能の向上に合わせ、新型「911ターボ」専用に開発された19インチホイールが、オプションで用意される。

(webCGオオサワ)

ポルシェ・ジャパン:http://www.porsche.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ボクスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る