07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

2006.06.20 自動車ニュース

07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップ

独ポルシェAGは、「ボクスター」と「ボクスターS」のエンジンが、2006年8月1日に切り替わる2007モデルからパワーアップすることを、2006年6月19日に発表した。

ボクスターの2.7リッター水平対向6気筒は、これまでに較べて最高出力が5psアップの245psを発生。最大トルクは0.3kgm太い27.8kgm/4600rpmとなる。パワーアップする一方、燃費を向上させたことが自慢だ。
ボクスターSは、エンジンの排気量を3.2リッターから3.4リッターに拡大、つまり「ケイマンS」と同じ排気量になった。アウトプットもケイマンSと変わらず、295psと34.7kgmを発生する。ボクスターとボクスターS、いずれも当然、動力性能と最高速度は高められた。

さらに、オプションの「ティプトロニックS」と、スポーツ性能を向上させる「スポーツクロノパッケージ」に新機能が追加された。
ティプトロニックSは、油圧、電子制御と可変シフトプログラムが見直された。スポーツクロノパッケージと組み合わせた場合、スポーティなドライビングに最適なシフトが行われるという。たとえば、シフトアップ&ダウンは3000rpm以下では行われず、マニュアルモードではレブリミットに達してもシフトアップされない。
ほかに、動力性能の向上に合わせ、新型「911ターボ」専用に開発された19インチホイールが、オプションで用意される。

(webCGオオサワ)

ポルシェ・ジャパン:http://www.porsche.co.jp/

07年モデル「ポルシェ・ボクスター」シリーズがパワーアップの画像

関連キーワード:
ボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)【試乗記】 2017.10.12 試乗記 最高出力450psを発生する「911カレラGTS」に試乗。スポーツカーのサラブレッド「ポルシェ911」の中でも高性能モデルと位置づけられる駿馬(しゅんめ)は、どんな走りを見せるのか? さまざまな道でむちを当てた。
  • ポルシェ911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.19 試乗記 複雑で精緻なオープンルーフ機構と、450psの高出力エンジンを備えた「ポルシェ911タルガ4 GTS」。ルックスと走りの両方で他のモデルとの違いを主張するこのクルマは、ポルシェ911シリーズの中でも最高のエンターテイナーだった。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.10.10 試乗記
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記