「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

2006.06.20 自動車ニュース
 

「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

現在発売中の『Motor Trend』ほか、アメリカの大手自動車雑誌が「カマロ復活!」を大々的に取り上げている。
2006年から来年にかけて、クーペモデルとコンバーチブルモデルが続々登場するというのだ。



 

その量産モデルは、2006年1月のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で公開されたコンセプトカー(写真)にかなり近い外観になりそうだ。

ガソリン小売価格が高騰し、フルサイズSUVやフルサイズトラックの販売不振が続く北米市場。だが、趣味性の強いスポーツカー市場は堅調に推移している。その中核には、クルマ好きの中年オヤジたちがいる。

彼らを虜にしたのが、「60年代後半のマッスルカー」イメージにモデルチェンジした「フォード・マスタング」。ビルの谷間で激しくバーンアウトするTVCMが印象的だ。



 

その対抗馬として、GM「シボレー・カマロ」が再登板するのは当然と言えば当然だろう。

また先頃、「フォード・マスタング・シェルビーGT500」の量産も始まった。それにともない、新生カマロにもSSモデルには400馬力オーバーのV8ユニット搭載が期待されている。
アメリカンスポーツカー界で、再びマッスルカーバトルが勃発しそうだ。

(文=桃田健史(IPN)/写真=GM)

関連キーワード:
カマロカマロ コンバーチブルシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第470回:怒涛の“アメ車愛”が炸裂!
    プチオーナー体験で感じた新型「カマロ」の魅力を語り尽くす
    2018.1.15 エディターから一言 怒涛(どとう)の大排気量V8エンジンを搭載したアメリカンマッスルカー「シボレー・カマロSS」がwebCG編集部にやってきた! 自身もアメリカ車を所有するwebCGほったが、1泊2日のプチオーナー体験で得た感想を、シボレーに対する愛をぶちまける。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
ホームへ戻る