「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

2006.06.20 自動車ニュース
 

「カマロ」復活に中年オヤジ、ワクワク

現在発売中の『Motor Trend』ほか、アメリカの大手自動車雑誌が「カマロ復活!」を大々的に取り上げている。
2006年から来年にかけて、クーペモデルとコンバーチブルモデルが続々登場するというのだ。



 

その量産モデルは、2006年1月のデトロイトショー(北米国際自動車ショー)で公開されたコンセプトカー(写真)にかなり近い外観になりそうだ。

ガソリン小売価格が高騰し、フルサイズSUVやフルサイズトラックの販売不振が続く北米市場。だが、趣味性の強いスポーツカー市場は堅調に推移している。その中核には、クルマ好きの中年オヤジたちがいる。

彼らを虜にしたのが、「60年代後半のマッスルカー」イメージにモデルチェンジした「フォード・マスタング」。ビルの谷間で激しくバーンアウトするTVCMが印象的だ。



 

その対抗馬として、GM「シボレー・カマロ」が再登板するのは当然と言えば当然だろう。

また先頃、「フォード・マスタング・シェルビーGT500」の量産も始まった。それにともない、新生カマロにもSSモデルには400馬力オーバーのV8ユニット搭載が期待されている。
アメリカンスポーツカー界で、再びマッスルカーバトルが勃発しそうだ。

(文=桃田健史(IPN)/写真=GM)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カマロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
  • 【デトロイトショー2017】デトロイトに彩りを添えた日本メーカー 2017.1.11 自動車ニュース 2017年1月8日に開幕した北米国際自動車ショー、通称デトロイトショーにおける、日本メーカーの様子をリポート。「レクサスLS」に「トヨタ・カムリ」「ホンダ・オデッセイ」など、話題のニューモデルが世界初公開された。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る