ダイハツ、走りもスタイルも軽快な新型軽「ソニカ」発表

2006.06.19 自動車ニュース

ダイハツ、走りもスタイルも軽快な新型軽「ソニカ」発表

ダイハツは、新型軽乗用車「ソニカ」を、2006年6月19日に発表した。




■“爽快ツアラー”

「ムーヴ」「タント」など、いわゆるハイトワゴンでお馴染みのダイハツの軽自動車。しかし、新しい「ソニカ」は、“爽快ツアラー”をテーマにつくられた、新コンセプトの軽自動車。“ご近所のアシ”ではなく、“ちょっと遠くまで”のドライブを楽しめるクルマを目指したという。

ラインナップは「R」「RS」「RSリミテッド」の3種類で、それぞれにFFと4WDを設定。エンジンはターボ付きのみ、トランスミッションはCVTのみとした。価格は「R」(FF)の118万6500円から、「RSリミテッド」(4WD)の154万8750円まで。


写真はいずれも「RSリミテッド」。MOMO製ステアリングホイールや、マニュアル感覚でシフトできる「7速アクティブシフト」を装備する。

低く長く見える外観は、ソニカの特徴のひとつだ。ボディサイズは全長と全幅は軽自動車枠イッパイの3395×1475mmだが、全高は1470mmと低く、立体駐車場に入る高さだ。ホイールベースは「タント」と同じ2440mmと長めに採り、低く、長いフォルムと広い室内空間を兼ね備えたという。




新しいパワートレインもソニカのポイント。エンジンは0.66リッター直3にターボチャージャーを組み合わせたもので、64psと10.5kgmを発生する。トランスミッションは新開発「インプットリダクション式3軸ギアトレイン構造」を採用した、コンパクトなCVTが組み合わされ、力強い加速性能と滑らかな走り、さらに、軽ターボとしてクラストップを謳う10・15モード燃費23.0km/リッター(FF車)の低燃費を実現した。




約90度まで開くドアや、リア6:4分割可倒式シート(FF車)、室内に設けられた多彩な収納など、ダイハツがこれまで培った利便性は継承。一方、上位グレードには“ツアラー”らしく、自発光式メーターや、燃費や航続可能距離などを表示する「マルチインフォメーションディスプレイ」、オートエアコンなどの快適装備が備わる。

(文=webCGオオサワ)

ダイハツ:http://www.daihatsu.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソニカの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る