【ルマン2006】序盤にアクシデントが発生! アウディR10にも黄信号

2006.06.18 自動車ニュース

【ルマン2006】序盤にアクシデントが発生! アウディR10にも黄信号

2006年6月17日、天候に恵まれたルマンのサルト・サーキット。気温は27度、強い日差しがコースを照りつけるなか、例年より1時間遅れの午後5時にスタートが切られた。

■アウディとて安泰ではなく……

これに先立ち行われた朝9時から45分にわたるフリー走行で、No.7アウディR10がユノディエールでスローダウン。ピットでドライブシャフトが交換され、セッション終了間際に再びコースへと向かったが、マシンから白煙が上がり、ピットインを強いられる、というハプニングが起きた。

さらにNo.8アウディR10にいたっては、午後2時からのドライバー紹介の真っ最中にマシンがピットへと戻される事態に。デフ交換の作業が行われたのだが、これはNo.7のトラブルを受け、No.8には大事を取っての交換とのことだった。

スタートから15分という早い段階で、No.69アストンマーティンがポルシェコーナー出口で激しくクラッシュ。これにより、セーフティカーがコースイン。2周、時間にしておよそ8分にわたり集団を引導した。

レースは1時間経過を前に、アウディの2台がトップ1-2を形成していたが、ピットインを機に、2位にNo.16ペスカローロC60が割って入る。序盤は両チームともルーティンワークとしてのピットインを確実にこなし、2時間後にはアウディの2台に続き、ペスカローロの2台がこれを追うというかたちに。順当な流れのまま攻防戦が繰り広げられると思われた。

だが、開始3時間を迎える午後8時を前に、ルーティンワークを済ませたNo.7アウディが緊急ピットイン。コクピット内のパーツを調整し、すぐさまピットを離れた。さらにその20分後には、想定外のタイミングでまたもピットイン。ドライバー交代、タイヤ交換、給油とひと通りの作業を済ませたが、今度もまたアウト・インの周回のみでマシンがピットへと戻されてしまった。

25分ほどの作業時間を費やしたNo.7だが、その後は水を得た魚のように最速タイムをたたき出して、ポジションを確実に挽回。現在、開始から6時間、午前11時を前に、5番手までポジションを引き上げることに成功している。

このほか、上位陣の動きとしてはNo.8アウディが順調にトップを快走。これをNo.17ペスカローロが追随しているが、その差は1周以上開いている。No.16ペスカローロは午後10時30分ごろに緊急ピットイン。作業が長引き、現在9番手へとドロップ。かわってNo.14童夢ジャッドが3位へと浮上した。

日本勢では、No.53JLOCランボルギーニが18番手まで浮上していたが、現在ピットインにより順位を下げている。さらにNo.93タイサンポルシェは29位をキープ。クラス5位につけており、またNo.91T2Mポルシェは、33番手を走行中だ。

(文=島村元子/Motoko Shimamura)

【ルマン2006】序盤にアクシデントが発生! アウディR10にも黄信号の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。