“走り”にこだわった「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」

2006.06.14 自動車ニュース

“走り”にこだわった「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」

ダイハツ工業は、軽のオープン2シーター「コペン」に、スポーティな装備を付与した特別仕様車「アルティメットエディション」を設定。2006年6月14日に発売した。価格は180.0万円。




「アルティメット(究極)」と銘打った今回の特別仕様車は、“走り”を追求したアイテムを装備する。

足まわりには、ビルシュタイン製ダンパーとBBS製15インチアルミホイールを採用。インテリアは、目に鮮やかなオレンジとブラックのコンビネーションシートや、MOMO製ステアリングホイールを備える。
5MTと4ATが用意され、価格はいずれもベース車より31万7100円高い、189.0万円。


「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」の写真はこちら

(webCGオオサワ)

ダイハツ・コペン:http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/copen/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る