“走り”にこだわった「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」

2006.06.14 自動車ニュース

“走り”にこだわった「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」

ダイハツ工業は、軽のオープン2シーター「コペン」に、スポーティな装備を付与した特別仕様車「アルティメットエディション」を設定。2006年6月14日に発売した。価格は180.0万円。




「アルティメット(究極)」と銘打った今回の特別仕様車は、“走り”を追求したアイテムを装備する。

足まわりには、ビルシュタイン製ダンパーとBBS製15インチアルミホイールを採用。インテリアは、目に鮮やかなオレンジとブラックのコンビネーションシートや、MOMO製ステアリングホイールを備える。
5MTと4ATが用意され、価格はいずれもベース車より31万7100円高い、189.0万円。


「ダイハツ・コペン アルティメットエディション」の写真はこちら

(webCGオオサワ)

ダイハツ・コペン:http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/copen/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コペンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・コペン ローブS(FF/CVT)【試乗記】 2015.4.6 試乗記 ダイハツの2シーターオープンカー「コペン ローブ」に、レカロシートやビルシュタインダンパーを装着したスポーティーグレード「コペン ローブS」が追加された。その走りは? 乗り心地は? 市街地からワインディングロードまで、さまざまなシーンで確かめた。
  • ダイハツ・コペン セロ(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.2 試乗記 「ダイハツ・コペン」に、初代モデルを思わせる丸いヘッドランプが特徴的な第3のデザイン「CERO(セロ)」が登場。ダイハツが誇る軽オープンスポーツカーの魅力に浸りつつ、いよいよ実現した“自動車の着せ替え”がかなえる可能性を想像する。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)【試乗記】 2014.10.17 試乗記 新骨格構造「D-Frame」と“着せ替え”可能な「DRESS-FORMATION」の採用など、ユニークなコンセプトが話題の軽オープンスポーツカー「コペン」。CVTモデルに試乗し、その走りを確かめた。
  • ダイハツ・コペン ローブ(FF/CVT)/コペン ローブ(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.21 試乗記 着せ替え可能なボディーパネルや、高剛性が自慢の骨格構造「D-Frame」など、話題にあふれた新型「コペン」。その走りを箱根のワインディングロードで試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
ホームへ戻る