【スペック】アルファ147 5ドア:全長×全幅×全高=4170×1730×1420mm/ホイールベース=2545mm/車重=1310kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6300rpm、18.5kgm/3800rpm)/車両本体価格=295.0万円

アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード(5MT)【試乗記】

スポーティと実に不快 2001.09.29 試乗記 アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード(5MT)……285.0/295.0万円(3dr/5dr)2000年のトリノショーでデビューしたアルファロメオのハッチバック「147」。セレスピードと呼ばれる2ペダルシステムを採る2リッターモデルに、自動車ジャーナリスト河村康彦が乗った。145の後継モデルやいかに!?

“ナマ”の147に驚く

「アルファロメオ」に多くの人が期待するもの……、それは“個性の強さ”であろう。そうでなければ、世界に冠たる自動車産業国である日本において、わざわざ輸入車を購入する理由がない。こうした観点から見ると、アルファロメオの新しいハッチバックモデル「147」のポテンシャルは大変高いといえる。際立って“輸入車らしい輸入車”……アルファ147を、そのように紹介してもいいだろう。
ところが、そうはいってもこのクルマ、万人に無条件で薦められるものとは紹介できそうにない。まずはエクステリアデザインを目にした時点で「引いてしまう」ヒトが現われそうだ。
試乗会が行われた箱根は芦ノ湖湖畔の某ホテルに向かう途中、ぼくは何台かの147とすれ違った。もちろん、写真もモーターショーでの姿も目にしていた自分ではあったが、それでもまるで「顔が走ってくる(!)」かのごときだった!! “ナマ”の147の印象には、ちょっとばかりびっくりさせられた。

余計なメカ(?)

シーケンシャルトランスミッション「セレスピード」も万人向けのアイテムとは思えない。クラッチ操作をロボットが肩代わりすることで、メカ的にはマニュアルながら2ペダルドライブを実現させたこのシステム。新たにステアリングホイールの裏にシフトパドルを追加したことで、さらに新たなドライビングスタイルを可能とした。ステアリングコラムを挟んで、右側アップ、左側ダウンのパドルをタイミング良く操作することで、なかなかスポーティで小気味の良いシフトを楽しむことができるのだ。
ただしそう感じるのは、あくまでもこのシステムを“変種のMT”と理解する人のみ、のはず。なぜなら、変速タイミングまでを機械任せにする「CITYモード」を選択してAT車風に走ろうとすると、変速動作のたびに加減速力が途切れ、ギクシャクとした、実に不快な“走り味”に一変してしまうからだ。このクルマを「2ペダルだから」という理由でATトランスミッションの一種と捕らえるドライバーにとって、「アルファロメオはどうしてこんなヘンなオートマしか出来ないのだろう」と不思議に思うに違いない。こうした余計な(?)メカを背負うことで、故障因子がひとつ増えてしまうことも、正直ちょっぴり心配……。

もっと回して!

けれどもこうした事柄も、人が変わればすべて裏返し。「これが147ならではの個性なのだ」と好意的に受け取れるはず。確かにそうしたユーザーは、常識的なマーケティングが指し示すコアマーケットからは外れたところにいるのかもしれない。その結果として、数年後に147を売りに出そうとして、ライバル車よりも低い買い取り価格に涙しなければならない可能性だってないわけではない。
しかし「そんな計算づくのことより、所有中の満足感が高い方がはるかに大切」という価値観のもち主にとって、こいつは絶対に見逃すことのできない一台。予想以上に高いボディの剛性感やシュアなハンドリング、安定感の高さがスバラシイ。“ちょっぴりドイツ車チック”と感じるヒトがいるかもしれないが……。

高回転になるほどに活気を回す「もっと回して!」タイプのエンジンやそのサウンドはやはりラテンの生まれらしい。自動車だって、日々の生活を愉しむためのひとつの道具に過ぎない、そんなメッセージを発する陽気なイタリア娘が、アルファ147なのだ。

(文=河村康彦/写真=位田明生/2001年9月)

156同様、Cピラー前部に絶妙に隠されたリアドアのオープナーがわかるだろうか。写真をクリックすると、拡大して見ることができます。

156同様、Cピラー前部に絶妙に隠されたリアドアのオープナーがわかるだろうか。写真をクリックすると、拡大して見ることができます。


アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード(5MT)【試乗記】の画像
ステアリングホイールの裏にシフト用のパドルが備わる。「CITYモード」にすれば、ギアチェンジは(一応)自動で行われる。なお、147はBOSEサウンドシステムを標準で装備する。

ステアリングホイールの裏にシフト用のパドルが備わる。「CITYモード」にすれば、ギアチェンジは(一応)自動で行われる。なお、147はBOSEサウンドシステムを標準で装備する。


アルファ147 2.0ツインスパーク セレスピード(5MT)【試乗記】の画像
可変吸気システムを備えるツインスパークユニット。スロットルペダルと電子的につながるフライバイワイヤシステムを採る。

可変吸気システムを備えるツインスパークユニット。スロットルペダルと電子的につながるフライバイワイヤシステムを採る。
こちらは3ドアモデル。車重が1280kgになるほか、性能諸元、装備とも5ドアと同じ。価格は10.0万円安い285.0万円。(写真=難波ケンジ)

こちらは3ドアモデル。車重が1280kgになるほか、性能諸元、装備とも5ドアと同じ。価格は10.0万円安い285.0万円。(写真=難波ケンジ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る