【F1 2006】第8戦イギリスGP、アロンソ敵なしで3連勝、14戦連続ポディウム

2006.06.11 自動車ニュース

【F1 2006】第8戦イギリスGP、アロンソ敵なしで3連勝、14戦連続ポディウム

F1世界選手権第8戦イギリスGP決勝が、2006年6月11日、イギリスのシルバーストーン・サーキット(5.141km)を60周して行われた。
チャンピオンシップリーダーのフェルナンド・アロンソ(ルノー)が、4戦連続のポールポジションから完璧なレースを展開。今シーズン5勝目、自身通算13勝目を手中に収めた。2005年チャンピオンは、昨年から14戦連続のポディウム・フィニッシュを続けている。

2位ミハエル・シューマッハー(フェラーリ)、3位キミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)と、ルノーのライバルが表彰台にのぼったが、いずれも役不足だったことは否めず。アロンソに10秒以上のタイム差をつけられ完敗した。

4位は終盤ライコネンに迫ったジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)、5位フェリッペ・マッサ(フェラーリ)、6位ファン・パブロ・モントーヤ(マクラーレン・メルセデス)と、上位3台と同じチームが同じ順番で後ろに並んだ。

そして7位ニック・ハイドフェルド、8位ジャック・ヴィルヌーヴと、この週末好調だったBMWザウバー勢が入賞圏最後に入った。

ホンダは、ジェンソン・バトンが予選で失敗、決勝でも早々にメカニカルトラブルで地元ファンの前でリタイア。ルーベンス・バリケロは完走したが10位とパッとしないまま終わった。
トヨタ勢は、ラルフ・シューマッハーがオープニングラップでコースアウトしリタイア。ヤルノ・トゥルーリは11位でゴールとこちらも低調だった。
スーパーアグリ・ホンダは、佐藤琢磨17位、フランク・モンタニー18位と2台揃ってフィニッシュした。

■たとえ残りを全勝しても……

トップ10グリッドを決める予選3回目“Q3”、チェッカードフラッグ後にトップタイムを更新したアロンソが、第5戦ヨーロッパGPから4連続となるポールポジションを獲得した。

しかしフロントローにライコネンが並び、アロンソの背後3番グリッドにはシューマッハー。レースは3強による三つ巴の戦いとなるかにみえたが、その期待は裏切られ、スタート後の序盤で勝負は決まってしまった。

アロンソはトップを守り、ライコネンが2位、シューマッハーが3位でルノーを追う。だがライコネンは伸びないストレートスピードをカバーしながら防戦に追われ、ライコネンに頭を抑えられたかにみえたシューマッハーとて、決してアロンソのペースで周回できるポテンシャルを持ってはいなかった。

アロンソ独走で余裕の5勝目。チャンピオンシップでは8戦して74点と圧倒的な成績で2年連続チャンピオンに邁進中だ。

2度目にして最後のピット作業でライコネンを抜き2位でゴールしたシューマッハーだったが、アロンソとのポイント差は23点に拡大した。
「We weren't quick enough.(我々は充分に速くなかった)」とは、2位シューマッハー、3位ライコネン双方がレース後に口にした言葉。鉄壁を築き上げたアロンソに、誰が勝負を挑めるのか。
ちなみに、仮にランキング2位のシューマッハーが残り10戦で全勝したとしても、アロンソは2位にさえ入り続ければチャンピオンになれる計算だ。

次戦からは北米2連戦。第9戦カナダGPは6月25日、第10戦アメリカGPは7月2日に行われる。

(webCG 有吉)

【F1 2006】第8戦イギリスGP、アロンソ敵なしで3連勝、14戦連続ポディウムの画像

この週末、ある程度の勝算を見込んでいたであろうシューマッハー/フェラーリだが、アロンソ/ルノーに完敗した。
シューマッハーは、ポールシッターのアロンソに遅れることおよそ0.3秒で予選3位。この差が燃料搭載量によるところであれば、アロンソはシューマッハーより早めにピットインするはずで、フェラーリにも勝機が残されていたが……実際はその逆、シューマッハーはアロンソより4周も前に給油しなければならなかった。つまり4周分多く燃料を積みながら、アロンソは予選でも決勝でも速かった、ということである。(写真=Ferrari)

この週末、ある程度の勝算を見込んでいたであろうシューマッハー/フェラーリだが、アロンソ/ルノーに完敗した。シューマッハーは、ポールシッターのアロンソに遅れることおよそ0.3秒で予選3位。この差が燃料搭載量によるところであれば、アロンソはシューマッハーより早めにピットインするはずで、フェラーリにも勝機が残されていたが……実際はその逆、シューマッハーはアロンソより4周も前に給油しなければならなかった。つまり4周分多く燃料を積みながら、アロンソは予選でも決勝でも速かった、ということである。(写真=Ferrari)

予選でアロンソの隣、フロントローについたキミ・ライコネンだったが、レースではストレートスピードが伸びず、アロンソのペースに追いつけないまま2位を走行。2度目のピットストップでもたついて、シューマッハーにポジションを奪われ結果3位でフィニッシュした。今シーズン3度目のポディウムで、チャンピオンシップでは2位シューマッハーに離されること18点の3位。既に気持ちは2007年か?(写真=Mercedes Benz)

予選でアロンソの隣、フロントローについたキミ・ライコネンだったが、レースではストレートスピードが伸びず、アロンソのペースに追いつけないまま2位を走行。2度目のピットストップでもたついて、シューマッハーにポジションを奪われ結果3位でフィニッシュした。今シーズン3度目のポディウムで、チャンピオンシップでは2位シューマッハーに離されること18点の3位。既に気持ちは2007年か?(写真=Mercedes Benz)

健闘したBMWザウバー。ルノー、フェラーリ、マクラーレンの3強に続き、今シーズン2度目のダブル入賞でポイント3点を手に入れた。ニック・ハイドフェルド(写真手前)は7位、先日結婚したばかりのジャック・ヴィルヌーヴは8位でゴール。(写真=BMW)

健闘したBMWザウバー。ルノー、フェラーリ、マクラーレンの3強に続き、今シーズン2度目のダブル入賞でポイント3点を手に入れた。ニック・ハイドフェルド(写真手前)は7位、先日結婚したばかりのジャック・ヴィルヌーヴは8位でゴール。(写真=BMW)

ホンダのジェンソン・バトン(写真右)にとっては早く忘れたい母国GPとなってしまった。予選1回目“Q1”の最初のアタックが不調に終わり、2度目の計測に向かう前に抜き打ち車検で時間を取られ、タイムアップ。19番グリッドと散々なポジションからレースに臨んだが、9周目に自らが撒いたオイルですべりコースアウト、リタイアとなった。チームメイトのルーベンス・バリケロは、予選6位からいつものようにズルズルと後退、ポイント圏外の10位完走。慢性的なレースペースの遅さがまた露呈された。(写真=Honda)

ホンダのジェンソン・バトン(写真右)にとっては早く忘れたい母国GPとなってしまった。予選1回目“Q1”の最初のアタックが不調に終わり、2度目の計測に向かう前に抜き打ち車検で時間を取られ、タイムアップ。19番グリッドと散々なポジションからレースに臨んだが、9周目に自らが撒いたオイルですべりコースアウト、リタイアとなった。チームメイトのルーベンス・バリケロは、予選6位からいつものようにズルズルと後退、ポイント圏外の10位完走。慢性的なレースペースの遅さがまた露呈された。(写真=Honda)

ホンダ同様、トヨタも歯車がうまく噛み合わなかった。レース前にエンジントラブルが発生したヤルノ・トゥルーリ(写真)は、最後尾22番グリッドから11位完走。ラルフ・シューマッハーは7番グリッドから上位を狙ったが、スタートで出遅れオープニングラップの混乱に巻き込まれた。スコット・スピードとの接触から立ち直ろうとしてマーク・ウェバーと接触、マシンを壊しながらコースアウトしリタイアした。(写真=Toyota)

ホンダ同様、トヨタも歯車がうまく噛み合わなかった。レース前にエンジントラブルが発生したヤルノ・トゥルーリ(写真)は、最後尾22番グリッドから11位完走。ラルフ・シューマッハーは7番グリッドから上位を狙ったが、スタートで出遅れオープニングラップの混乱に巻き込まれた。スコット・スピードとの接触から立ち直ろうとしてマーク・ウェバーと接触、マシンを壊しながらコースアウトしリタイアした。(写真=Toyota)

地元イギリスで、第3戦オーストラリアGP以来の2台完走を果たしたスーパーアグリ。佐藤琢磨(写真)17位、フランク・モンタニー18位と、トップから3周遅れでチェッカードフラッグをくぐった。
待望のニューマシンは、北米2ラウンドを終えた7月16日のフランスGPデビューを目標につくられている模様だ。(写真=Honda)

地元イギリスで、第3戦オーストラリアGP以来の2台完走を果たしたスーパーアグリ。佐藤琢磨(写真)17位、フランク・モンタニー18位と、トップから3周遅れでチェッカードフラッグをくぐった。待望のニューマシンは、北米2ラウンドを終えた7月16日のフランスGPデビューを目標につくられている模様だ。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。