【スペック】5AT:全長×全幅×全高=4450×1852×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(480ps/6000rpm、63.2kgm/1950-5000rpm オーバーブースト時69.4kgm/2100-4000rpm)(欧州仕様)

ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(後編)】

漂う“王者の風格”(後編) 2006.06.08 試乗記 ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)ポルシェブランド、カタログモデルの“最高峰”に据えられた「911ターボ」。見た目の風格、走れば速さ、乗り味などからもその風格を感じさせるという。また、GT3との明確な違いも……。

コレが高出力ターボ車の振る舞いか?

(前回からの続き)グラマラスなリアフェンダー部分にクーリング・エア取り込み用のインテークがぽっかりと口を開いた新しい911ターボのルックスは、「大迫力ではあるけれどもフラッグシップらしい威厳も漂う」、そんな雰囲気のものだった。遠目には一見GT3と共通か? とも感じる開口部の大きさが目立つフロントマスクも、改めて目にすればこちらのほうがややシャープさを抑えた、より上質なイメージを意識したデザインであることがわかる。ファットなシューズをワイドなフェンダーで覆ったリアビューもしかり。GT3の“ボックス型”に比べてはるかにおとなしい造形のリアスポイラーや、バンパーにビルトインされたエグゾーストパイプの処理などによって、“最高峰”にふさわしい堂々とした佇まいが演出されている。
もっとわかりやすく表現すれば、全身にエキセントリックなムードが漂うGT3のルックスに対して、こちらは「より高級で高そうなクルマ」に見えると言ってもよい。実際、両者の価格は軽く200万円以上も開いているのである。

さて、走り出してみると、最高出力480ps、最高速度310km/hに達するスーパースペックが「掛け値ナシ!」と思える、とんでもない速さの持ち主だった。
いや、速さについて、詳しくは後述することにしよう。イベント会場となったホテルを抜け出し、幹線道路を抜けて“スペシャル・ステージ”へと向かうまでは、むしろエンジンのあまりのフレキシブルさに驚かされたのだ。
最初はMT車でスタートをしたのだが、1000〜2000rpm台を多用する街なかでの走りは、「まるで“普通のカレラ”と同じではないか……」とあきれるほど、トルクの出方が素直で扱いやすい。高出力ターボは低回転域で扱いにくいのが普通だが、いかにも大出力型の大型ターボを備えるエンジンらしい、レスポンスの鈍さを意識せざるを得なかった従来型とは印象が大きく違う。もちろん、こんな感触が得られたのは、新採用の“可変タービン・ジオメトリー”なるデバイスの威力が大きいに違いない。

違う世界の“300km/hカー”

“スペシャルステージ”に到着。アクセルペダルを深く踏み込み、タコメーターの針が“頂上”の4000rpmを越えて右側ゾーンへと踏み込む領域に達すると、そこでまさにパンチの効いたターボパワーが炸裂する。いや、炸裂という表現ではもはや物足りない。「爆裂」と言ったほうがイイくらいだ。その瞬間、さしもの太いリアタイヤが2速、そして3速ギアですらグリップ力を失いそうになるものの、今度は瞬時にやはり新たに搭載の電子制御式の電磁多板クラッチが多くのトルクを前輪側に分配し、4輪すべてがしっかりと地面を蹴るのを実感する。新しい4WDシステムは従来型のビスカスカプリング方式に比べて、必要に応じた際にレスポンスよく前後のトルク配分をコントロールできることが新型の大きな特徴だ。
とはいえ、基本的には後輪側に多くのバイアスがかかったトルク配分が行われる事実に変わりはない。それゆえ、タイトターンなどでうかつにアクセルペダルを踏み込むと、後輪はやはり外側に張り出そうという挙動を示す。

今回のテストドライブでは実際に300km/h近くまでの速度を体験する機会があったが、特に200km/hを大きく超える速度での安定感の高さは、もはや「向かうところ敵ナシ」という感触だった。そこまで超高速度域になると「手に汗握る……」感じになってくるGT3とは、同じ“300km/hカー”でも印象が大きく異なる。シャープな動きという点では当然GT3に敵わない一方、どんなシーンでも“王者の風格”を漂わせるのが新型ターボの走り味なのだ。

(文=河村康彦/写真=ポルシェ・ジャパン/2006年6月)

・ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018229.html


 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(後編)】の画像
ターボチャージャーには、広範囲で太いトルクと高出力を両立できる、可変タービンジオメトリーが採用された。
 
ターボチャージャーには、広範囲で太いトルクと高出力を両立できる、可変タービンジオメトリーが採用された。
	 

 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(後編)】の画像
最高速度は310km/hと同じながらも、6MTより5ATのほうが0-100km/h、200km/h加速タイムが速いと発表された。ATがMTを上回る性能を見せたのは、ポルシェの量産スポーツカーとしては初とのこと。
 
最高速度は310km/hと同じながらも、6MTより5ATのほうが0-100km/h、200km/h加速タイムが速いと発表された。ATがMTを上回る性能を見せたのは、ポルシェの量産スポーツカーとしては初とのこと。
	 
4WDシステムは、従来のビスカスカプリングから、電子制御式「PTM」に変更された。これに、スタビリティコントロールの「PSM」、アクティブサスペンションの「PASM」を加え、統合制御することで車両安定性が保たれる。
 
4WDシステムは、従来のビスカスカプリングから、電子制御式「PTM」に変更された。これに、スタビリティコントロールの「PSM」、アクティブサスペンションの「PASM」を加え、統合制御することで車両安定性が保たれる。
	 

 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(後編)】の画像
関連記事
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
ホームへ戻る