【スペック】日産プリメーラ20L(CVT):全長×全幅×全高=4565×1760×1480mm/ホイールベース=2680mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(150ps/6000rpm、20.4kgm/4000rpm)/車両本体価格=226.0万円

日産プリメーラvsアルファロメオ156/プジョー406セダン【ライバル車はコレ】

日産プリメーラの「ライバル車はコレ」 2001.03.22 試乗記

日産プリメーラ(2リッター=204.9から226.0万円)

2リッターと2.5リッターモデルをラインナップする新型プリメーラは、そもそも「ヨーロッパのマーケットで過半数の台数を販売しよう」と開発されたモデル。セダンとワゴンがあり、特に前者の「ちょっと奇抜なスタイリング」を見ると、ぼくにはライバル車を日本車のなかから探すことは難しいように思える。そこで、今回は、プリメーラの2リッターモデルに相当する欧州車を選んでみた。

【スペック】アルファロメオ156 2.0ツインスパーク(5MT):全長×全幅×全高=4430×1755×1415mm/ホイールベース=2595mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6400rpm、19.1kgm/3500rpm)/車両本体価格=359.0万円

日産プリメーラvsアルファロメオ156/プジョー406セダン【ライバル車はコレ】

【ライバル車 その1】アルファロメオ156(2リッター=359.0から381.0万円)

■フィーリングのアルファ156
まずリストアップしたのがアルファロメオ156の2リッターモデル。価格はプリメーラよりひとまわり高いが、「スポーティな走り」と「個性的なルックス」という点では、同様のポイントを売り物とする新型プリメーラにとって、好敵手といえる。
アルファ156のルックスは本当にスポーティだ。“柔らかいウェッジシェイプ”(!?)ともいえる前傾フォルムに、まるで「4ドアクーペ」と表現するのが適当な流麗なサイドシルエット……「走り」をイメージさせるカタチとしては、プリメーラより一枚上手だ。
一方のプリメーラは「新しさ」が勝負。誰にも似ていないプロポーションという点では、この項目でかなりの高得点をあげるアルファ156さえ上まわる。

絶対的な加速性能は、プリメーラに軍配が上がる。が、フィーリングの面でよりスポーティなのは156だ。
両者の大きな違いはトランスミッションで、CVTのみしか用意されないプリメーラに対し、156は、アクセルワークをよりダイレクトに加減速に反映させるマニュアルトランスミッションが基本。2ペダルの「セレスピード」も、基本メカは5段MT。法的には「AT免許」で運転OKであっても、実際にはMTを使いこなせるドライビングスキルがないと、その恩恵を十分に受けるのは難しい。フットワークの軽快さもアルファが上。新型プリメーラの走りは、アルファよりグっと重厚という印象を受けるのだ。

【スペック】プジョー406セダン2.0(4AT):全長×全幅×全高=4600×1780×1430mm/ホイールベース=2700mm/車重=1350kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(136ps/6000rpm、19.8kgm/4100rpm)/車両本体価格=299.5万円

日産プリメーラvsアルファロメオ156/プジョー406セダン【ライバル車はコレ】

【ライバル車 その2】プジョー406(2リッター=299.5万円)

"■プリメーラのベンチマーク
新型プリメーラの走りのターゲットは、プジョー「407」だったという。406が現役バリバリの現在、407はもちろん架空のモデルに過ぎない。が、日産の技術陣が406をベンチマークのひとつとしながら、「それを超えるクルマ」として、後継車としていずれ登場する407を目標としたというのは、大いに理解できる。
というわけで、ここでは現存するモデルであるプジョー406を、新型プリメーラのコンペティターとして引っ張り出してみよう。

406の走りの美点のひとつは、サスペンションのストローク感の豊かさ。日本の環境と比べれば絶対的な平均速度が高いヨーロッパ生まれのためか、微低速域でのしなやかさという点では、実は大したことない。ところが、速度が増すにしたがって406のフットワークは、“猫足”というのがいかにもふさわしいしなやかさを感じさせるようになる。4輪の接地感は極めて高く、直進性も優秀。真剣に「走らせてみる」とやはり凄い……これが406のフットワークテイストなのだ。
新型プリメーラのフットワークには、確かにこうしたプジョー406に近い雰囲気がある。スピードが落ちても硬さを感じさせないという点では、406を凌いだ部分もあると認めたい。

一方で、こうした「しなやかさ」が前面に出てくる乗り味は、先代、そして初代のプリメーラとはあまりにも違うもの。恐らく、かつてのプリメーラユーザーが新型に乗ったとしたら、「ドイツ車ばりのあのしっかり感が無くなってしまった」と感じるのではないだろうか?
新型プリメーラはもはやプリメーラではない。語弊があるかも知れないが、ぼくにはそのように感じられる。

(文=河村康彦/2001年3月)"

関連キーワード:
アルファ156プリメーラ406セダンアルファ・ロメオ日産プジョー試乗記

あなたにおすすめの記事