「アルファ147」、1.6リッターにもスポーティな「TI」

2006.06.08 自動車ニュース

「アルファ147」、1.6リッターにもスポーティな「TI」

フィアット・オート・ジャパンは、アルファ・ロメオのハッチバック「アルファ147」の1.6リッターモデルに、スポーティな装備を与えた新グレード「TI」を追加設定、2006年6月17日に発売する。

これまで2リッターには設定された「TI」が、エントリーグレードにも加わる。スポーツサスペンションや専用17インチアロイホイール、215/45R17タイヤで足もとをきめ、TI用のバッジやロゴ入りキックプレートなどで飾った内容だ。

「アルファ147 TI 1.6ツインスパーク」は5段MTの5ドア、右ハンドル仕様のみで、価格は、270万円。約32万円相当の追加装備ながら、ベース車の12万7500円高に抑えた。

(webCG 有吉)

アルファ・ロメオ:
http://www.alfaromeo-jp.com/

「アルファ147」、1.6リッターにもスポーティな「TI」の画像



「アルファ147」、1.6リッターにもスポーティな「TI」の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲンup! with beats(FF/5AT)【試乗記】 2017.6.15 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップの中で最もコンパクトな「up!」がマイナーチェンジ。デビューから5年がたち、走りや乗り心地はどのように変わったのか、専用のドレスアップやbeatsのオーディオを特徴とする限定車で確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
ホームへ戻る