【スペック】6MT:全長×全幅×全高=4450×1852×1300mm/ホイールベース=2350mm/車重=1585kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブターボ・インタークーラー付き(480ps/6000rpm、63.2kgm/1950-5000rpm オーバーブースト時69.4kgm/2100-4000rpm)(欧州仕様)

ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(前編)】

漂う“王者の風格”(前編) 2006.06.07 試乗記 ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)「GT」「RS」は特別 or 特殊。ポルシェ・カタログモデルの最高峰は「911ターボ」である……それを体現したと謳われる新型911ターボは、同時期に発表され、数値上のスペックも似た「GT3」となにが違うのか?
ダッシュボード上のタイマーで識別できるスポーツクロノパッケージ装着車には、オーバーブースト機能が備わる。これはシフトレバーそばの「SPORT」ボタンを押すことにより、フル加速時などに短時間のオーバーブースト(0.2bar上昇)がかかるというもの。
 
ダッシュボード上のタイマーで識別できるスポーツクロノパッケージ装着車には、オーバーブースト機能が備わる。これはシフトレバーそばの「SPORT」ボタンを押すことにより、フル加速時などに短時間のオーバーブースト(0.2bar上昇)がかかるというもの。
	 

 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(前編)】の画像

ライバルは“イタリアの跳ね馬”

ポルシェの国際試乗会プログラムは、朝イチのカンファレンスからスタートするのが通例だ。
まずは本社の広報担当者が、これからテストを行うモデルが生まれた背景や、このところ右肩上がりという状況の続く業績のステートメントを発表。それに続いて開発担当者からの車両概要の説明が行われる。そうした1時間ほどの“座学”の後にテストカーのキーが渡されるのがパターンになっている。

はるばる、スペインはアンダルシア地方までやってきての新型「911ターボ」の国際試乗会も、そんなカンファレンスによって幕を開けた。が、いつもとちょっと違ったのはその内容である。普段であれば他社など引き合いに出すことのないポルシェが、明らかに“とあるスポーツカーメーカー”を示すコメントを、スピーチの内容に含んでいたのだ。

「イタリアの競合社」、そして「イタリア製のエキゾチック・スーパースポーツカー」という表現で指し示されたブランドだった。ポルシェと販売台数や主たる顧客が競合するイタリアの会社は、もちろん1社しか考えられない。ポルシェは新しい911ターボを、フェラーリ(……言ってしまった)と直接のライバル関係を持つクルマだと、みずから“認定”したのである。


 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(前編)】の画像
出力の増強に伴い、ストッピングパワーも強化された。フロントブレーキは「カレラGT」と共通の6ピストンキャリパーを装着。リアにはフロントと同径の350mmディスクを備える。オプションでPCCB(ポルシェ・セラミックコンポジットブレーキ)も用意される。
 
出力の増強に伴い、ストッピングパワーも強化された。フロントブレーキは「カレラGT」と共通の6ピストンキャリパーを装着。リアにはフロントと同径の350mmディスクを備える。オプションでPCCB(ポルシェ・セラミックコンポジットブレーキ)も用意される。
	 

 
ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)【海外試乗記(前編)】の画像

似て非なる速さのGT3とターボ

折しも、ちょうど同時期にイタリアで国際試乗会が開催された「フェラーリ599」の0-100km/h加速タイムは、911ターボとまったく同じ3.7秒と発表された。
しかし、ポルシェには“含み”があるらしい。「997型ターボも、(カレラ・シリーズには3.8リッターという排気量もあるのに)3.6リッターのままでリリースしたということは、ウチにはまだ“これから先”の可能性があると考えられることでもあるんだよ!」と、本社広報のS氏がこっそり教えてくれた。「ニュルブルクリンク北コースでのラップタイムは、先代モデルより11秒速い7分49秒。『ほとんどのイタリア製スポーツカーを追い抜くこともできる』」、カンファレンスでそこまでアピールした新型911ターボは、それゆえにポルシェ・ラインナップにおける正真正銘のフラッグシップであり、イメージリーダーという位置づけなのだ。

では、ポルシェファミリー同士でバッティングすることはないのだろうか。最高速度はまったく同じ、加速タイムもほぼ同等である「GT3」と“速さの比較”をした場合、「GT3とターボの明確な棲み分けは?」という疑問がわく。
しかし、完全2シーターで6MT仕様しかない“サーキット生まれ”のGT3は、ロードカーとして見れば生息地が限られる。高いポテンシャルを持つことはもちろん、狙いどころを秘めつつ、GT3とキャラクターは全然異なるのが911ターボ――そんな棲み分けに自信があるからこそ、GT3と911ターボは、あえて同じジュネーブショーを発表の舞台に選んだに違いない。(後編に続く)

(文=河村康彦/写真=ポルシェ・ジャパン/2006年6月)

・ポルシェ911ターボ(4WD/6MT)/911ターボ(4WD/5AT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018230.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る