「ダイハツ・ブーン」に特別仕様車

2006.06.06 自動車ニュース

「ダイハツ・ブーン」に特別仕様車

ダイハツ工業は、コンパクトカー「ブーン」に特別仕様車「リミテッド」シリーズを設定。2006年6月5日に発売した。

「ブーン・リミテッド」シリーズは、「1.0CL」「1.3CX」をベースに、ダークグレーの専用シート表皮やディスチャージヘッドランプ、ルーフアンテナ、プラズマクラスター、14インチアルミホイールなど、装備を充実させつつ価格を抑えたモデルだ。
価格は、「1.0CLリミテッド」のFFが111.3万円、同4WDが128.1万円。「1.3CXリミテッド」(FF/4AT)は121.8万円。

(webCGオオサワ)

ダイハツ・ブーン:http://www.daihatsu.co.jp/showroom/lineup/boon/

「ダイハツ・ブーン」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る