【スペック】全長×全幅×全高=4430×1765×1400mm/ホイールベース=2595mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/3.2リッターV6DOHC24バルブ(250ps/6200rpm、30.6/4800rpm)/車両本体価格=544.0万円

アルファロメオ156GTA(6MT)【試乗記】

256.0万円安い 2002.07.17 試乗記 アルファロメオ156GTA(6MT)……544.0万円レースモデルに付けられた「GTA」の名を冠するアルファロメオ「156GTA」が登場! 3.2リッターV6を搭載、ジオメトリーも変更されたアシを持つスポーティセダンに、webCG記者が箱根で乗った。

フツーじゃない

1997年にデビューした、アルファロメオのミドルクラス「156」。日本では1998年5月に販売が開始され、「2.0ツインスパーク」(5MT)と「2.5 V6 24V」(5MT)が導入された。翌1999年に、電制クラッチを持つ2ペダル5段MT「セレスピード」と、Hゲートながらトルコン式4段ATの「Q-Sysytem」搭載モデルを追加。2000年には「スポーツワゴン」を導入し、わが国におけるアルファロメオの中核モデルだ。
156がデビューしてから5年、シリーズのホッテストモデル「156GTA」が登場した。日本では2002年7月20日から、6段MTを搭載するセダン「156GTA」が販売される。イタリア本国にはこの他に、スポーツワゴンの「156GTAスポーツワゴン」と、クラッチレスのマニュアルギアボックス「セレスピード」を備えるモデルが存在する。

ところで、GTAの“A”は、軽量化を意味する“Alleggerita”のこと。1965年に登場した初代GTAは「ジュリアGT」のエンジンとメカをモディファイ。アルミ、マグネシウム、亜鉛合金などの軽量金属でボディパネルをつくり、車重が950kgから745kgに落とされた。一方、156GTAは、セダンモデルのなかで最も重い1420kg。もしかして「なんちゃってGTA」?

ボディサイズは、ノーマルとほとんどかわらない。225/45ZR17サイズのタイヤを収めるワイドフェンダーアーチ、ディフューザー一体型フロントバンパーなどを装着し、幅が10mm広く、ローダウンサスペンションによって車高が15mm下げられた。
フロントにダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクというサスペンション形式はノーマルと同じ。しかし、専用スプリングやダンパーの採用はもちろん、ジオメトリーの変更を受ける本格チューニング。トレッドは前後とも10mm拡大された。足元の5つの大きなリングを持つホイールから、赤く塗られたブレンボ製対向4ポッド(フロント)が、さりげなく「フツーじゃないゼ」と主張する。

ドライバー、ゴキゲン

試乗車は、アルファレッドのボディカラーと、モンテカルロブラック内装。座面後半分と背もたれ下半分に、太いうねが設けられた専用シートは、張り出したサイドサポートがバケットシート風の豪華な本革製。シートバックのみ電動調整。ハイトコントロールは、シート脇のレバーを上下するラチェット式。太もものサポート位置調節も可能だ。濃い灰色「ペルトログレイ」のインパネや、アルミ削りだしのABCペダルなどに、ノーマルとの差別化が図られた。装備品は豊富で、左右独立して温度調節できる、デュアルゾーン式エアコンや、ラジオと10連奏CDチェンジャー付きのBOSE製サウンドシステム+9スピーカーなどを標準装備する。

パワーソースは、166やGTVに搭載される3リッターV6DOHC24バルブのストロークを5.4mm延長した、3.2リッターV6。吸排気ポートの形状やバルブタイミングのモディファイ、専用ECU、空冷式オイルクーラーなどを用いる専用チューンが施された。最高出力は250ps/6200rpm、最大トルク30.6kgm/4800rpmを発生する。組み合わされる6段MTのギア比は、GTVと1〜5速まではまったく同じ。しかし、6速が0.811から0.818へ、最終減速比が3.562から3.733に落とされた。GTVのギアを、webCGアオキが「凝ったクロースレシオ」と評したが、GTAにもあてはまる。

エンジンは、アイドリングで楽々発進できるくらいトルキーかつ静か。目地段差の突き上げも丸く、低回転に抑えればサルーンのような優雅さをもって走る。アクセルを踏み込めば、3500rpmあたりで聞こえだす「フォォオーン」の音を伴って加速。けして“猛加速”ではないのだが、この音があればドライバーはゴキゲン。ボリュームはそれほど大きくないが、0-100km/h加速は6.2秒。第1級のパフォーマンスだ。





ライバルはM3

ロックトゥロック1.75回転とすばらしくクイックなステアリングは、山道では9時15分の位置に手を添えたまま、ほとんどのコーナーをカバーできる。前軸重量930kgと重いことによる影響をなしとはしないが、適度なロールとともにコーナーへ進入するのが楽しい。タイヤの空転を感知し、ブレーキとスロットルで4輪のトラクションを独立してコントロールする電子デバイス「ASR」のおかげで、腕に覚えのないリポーターでも安心感は高い。シフトレバー手前のスイッチでASRをオフにすれば、右足でクルマのお尻をコントロールすることもできる、ハズである。

156GTAの性能を改めて数値で表すと、250ps、最高速度250km/h、0-100km/hは6.3秒、0-1000mは25.9秒。『Car Graphic』のテストデータによると、BMWのスポーツモデル「M3」(6MT)は343ps、0-100km/hが5.4秒、0-1000mは24.5秒だ。93ps、0.9秒と1.4秒の差を「全然違うじゃん」とおっしゃる御仁もいるだろうが、M3の800.0万円に対して、156GTAは544.0万円。256.0万円も安く、運転が盛り上がる演出がついた、カッコ良さでは負けないホットなスポーツセダンを手に入れられるのだ。そのうえ2002年度は、2000台生産されるうち、日本への割り当て250台という希少性もある。じゅうぶんM3のライバルたりうるんじゃないでしょうか。

(文=webCG大澤俊博/写真=位田明生/2002年7月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
ホームへ戻る