【スペック】1.5CX:全長×全幅×全高=3800×1690×1635mm/ホイールベース=2540mm/車重=1070kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/価格=161万7000円(テスト車=164万8500円/ブルーイッシュホワイトパールマイカ=3万1500円)

ダイハツCOO 1.3CL(FF/4AT)/1.5CX(FF/4AT)【試乗記】

「実はいいヤツだったんだ」 2006.06.03 試乗記 ダイハツCOO 1.3CL(FF/4AT)/1.5CX(FF/4AT)……147万3780円/164万8500円ダイハツが生産する「トヨタbB」の兄弟車として登場した「ダイハツCOO(クー)」。bBと基本的に同じモデルだが、幅広いターゲットを狙うべく差別化が図られた。では超個性派bBとは、どこが違うのか?

クーとbBの関係

ダイハツとトヨタの蜜月関係は、最近ますます深まった感じがする。今年になってから、ブランドの壁を乗り越えた兄弟車が2組もデビューしているのだから、多くの人がそう思うだろう。それだけに、ちょっとわかりにくい部分もある。

年明けにデビューしたライトSUVの「ダイハツ・ビーゴ」と「トヨタ・ラッシュ」も、ここで紹介する「ダイハツ・クー」と「トヨタbB」のコンビも、両社が共同開発し、ダイハツが生産を行う点は共通。しかしトヨタの「ラッシュ」は、ダイハツからOEM供給されるバッジ違いの「ビーゴ」なのに対して、「ダイハツ・クー」と「トヨタbB」は対等な立場にある兄弟車だ。どちらかというと、2年前に同時発売されたコンパクトカー「トヨタ・パッソ」「ダイハツ・ブーン」の関係に近い。
その一方で、「クー/bB」が「ビーゴ/ラッシュ」や「ブーン/パッソ」と違うのは、エンブレムだけでなく、ボディの一部も違うデザインにしていることだ。

ひと足先に出たbBは、イルミネーション付きオーディオと「マッタリモード」付きシートが自慢の、若い男の子限定仕様。そういった小技を持たないクーは、ヤングファミリーをメインに、もっと幅広いユーザーをねらうのだという。
関東生まれの僕には、その顔からは「もうかりまっか?」という関西弁が聞こえてくる感じがするのだが、たしかにワルっぽい顔したbBよりフレンドリーな表情。リアコンビランプの間をシルバーの帯でつなげた後ろ姿は、メーカーの主張どおりプチゴージャスで、若い家族によろこばれそうだ。

ただここまで差別化しているのに、8色のボディカラーがbBとまったく同じというのはサビシイ。せめて1〜2色だけでも、クーだけの色を入れてあげれば、個性がもっと明確になったのでは?



ダイハツCOO 1.3CL(FF/4AT)/1.5CX(FF/4AT)【試乗記】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるまさが見られます。

写真をクリックするとシートが倒れるまさが見られます。

背の低い女性でも

同じことはインテリアにもいえる。シートのファブリックはbBとは違うのに、カラーが同じダークグレーだけというのは、ファミリーカーっぽい感じがしない。同じダーク系でも、ブラウン系やブルー系のシートを組み合わせれば、かなり違った雰囲気が出せたんじゃないだろうか。

前後とも平板なシートは「マッタリモード」がなくなったかわりに、フロントはハイトアジャスターが付いて、背の低い女性でも広い視界が確保できるようになった。リアは前後スライド付きで、いちばん後ろにして身長170センチの自分が座ると、ひざの前には20センチもの余裕が生まれる。低いフロアと高めのルーフ、四角く開くドアのおかげで、乗り降りはかなり楽。bBでは気づかなかった、このボディのパッケージングのよさを教えられた。

リアシートに座って驚いたのは、助手席の裏にティッシュボックスが入る空間が用意され、ティッシュを取り出すスリットまで刻まれていることだ。すごいアイディア。実際にティッシュボックスを入れて座ってはいないけれど、助手席の座り心地は体重60キロの自分ではまったく問題なかった。でも子供がいると、そんなにティッシュを使うものなんですか?

オーディオやイルミネーションはシンプルになったけれど、インパネ両端のスピーカーが残されたおかげで、よほどのオーディオマニアでなければ、コンパクトカーのわりに音がいいクルマと思うはずだ。



【スペック】
1.3CL:全長×全幅×全高=3800×1690×1635mm/ホイールベース=2540mm/車重=1060kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(92ps/6000rpm、12.5kgm/4400rpm)/価格=144万9000円(テスト車=同じ)

bBと同じ印象だったけど……

パワートレインやサスペンションはbBと共通。でも心配はいらない。bBに乗ったとき、見かけはワルっぽいのに乗り心地はしっかり“更生”(!?)していたことに驚いて、トヨタ・ブランドなのに「さすがダイハツ、作りが手堅い」と思った覚えがある。今回もまったく同じ印象だった。

15インチの55タイヤを履く1.5リッターの乗り心地は、大きな段差ではダイレクトなショックを伝えるけれど、タイヤが14インチの65になる1.3リッターは、あらゆる路面でまろやかで、ファミリーカーにふさわしい。そのぶんハンドリングもマイルドになるが、クーのキャラクターを考えればグリップレベルはじゅうぶんで、電動パワーステアリングの切れ味が自然なことも好印象だった。

1〜2名乗車なら、加速は1.3リッターでじゅうぶん。1.5リッターを選べばそこに余裕がプラスされるが、高回転までなめらかに回り、音がスムーズなのは1.3リッターのほうだ。ATは4段ながら、この分野のリーダーであるトヨタ・グループだけあって、あらゆる場面で模範的な仕事をしてくれた。

bBというキャラのはっきりしたモデルがベースということで、最初はどうしても個性派という印象を持っていたクーだが、時間がたつにつれて、ダイハツらしいまじめさが光るコンパクトカーだと感じるようになった。
「実はいいヤツだったんだ」と、関東コトバで声をかけたくなるような、好ましいファミリーカーだった。

(文=森口将之/写真=峰昌宏/2006年6月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 東京オートサロン2017(ダイハツ) 2017.1.13 画像・写真 ダイハツブースでは、往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」を想起させるカラーリングの「SPORZA(スポルザ)」シリーズや、上質感と存在感を高めた「Grand Custom(グランドカスタム)」が人気に。会場の様子を写真で紹介。
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る