コンランとコラボ、日産「プラスコンラン」期間限定発売

2006.06.01 自動車ニュース

コンランとコラボ、日産「プラスコンラン」期間限定発売

日産自動車は、インテリア特別仕様車第3弾として、期間限定車「プラスコンラン」を「キューブ」「マーチ」「ラフェスタ」に設定、2006年6月1日に発売した。販売は9月末まで。




コンランとは、家具などを販売する「ザ・コンランショップ」の展開や、プロダクトデザインなどを手がけるイギリスのグループ。今回の特別仕様車は、コンランとコラボレートしてつくられたものだ。

いずれも、テーマは「SHIFT_ interior」。写真の「マーチ プラスコンラン」は、シートにボヘミアンスタイルがテーマの花柄生地を採用。内装色は「ブラック/レッド」(写真)と「エクリュ/アイボリー」が選べる。ボディカラーはホワイトパール(写真)とビターショコラの2色で、内外装カラーはユーザーの好みに合わせることが可能だ。


東京銀座の日産本社ギャラリーで行われたお披露目会には、日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏と英国「コンラン&パートナーズ」デザインディレクターのセバスチャン・コンラン氏が登場。2社がコラボレートしたきっかけは、日産がコンランのモダンなインテリアに注目、コンランが日産キューブのデザインに興味をもったことに始まったという。

価格は、「キューブ プラスコンラン」が156万2400円から、「マーチ プラスコンラン」が133万8750円から。「ラフェスタ プラスコンラン」は、FFが232万500円、4WDは257万2500円となる。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/


「ラフェスタ プラスコンラン」
2004年5月に発売したコラボレートモデル2車種「キューブ/キューブ キュービック」は、発売約2週間で予約が生産計画台数(1000台)に達したという。その人気をうけ、今回再び、3車種でのコラボレートが実現された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)【試乗記】 2011.7.13 試乗記 日産ラフェスタ ハイウェイスターG(5AT/FF)
    ……243万750円

    「マツダ・プレマシー」の兄弟車として生まれ変わった、日産のミニバン「ラフェスタ ハイウェイスター」。クルマとしての実力は、どれほどのものなのか?
  • 日産、「ラフェスタ ハイウェイスター」FF車の装備を充実 2016.7.5 自動車ニュース 日産自動車が「ラフェスタ ハイウェイスター」の装備を強化。電動スライドドアとスライドドアイージークロージャーを全車標準装備とした。グレードによってはインテリジェントキーやキセノンヘッドランプも標準となる。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
ホームへ戻る