コンランとコラボ、日産「プラスコンラン」期間限定発売

2006.06.01 自動車ニュース

コンランとコラボ、日産「プラスコンラン」期間限定発売

日産自動車は、インテリア特別仕様車第3弾として、期間限定車「プラスコンラン」を「キューブ」「マーチ」「ラフェスタ」に設定、2006年6月1日に発売した。販売は9月末まで。




コンランとは、家具などを販売する「ザ・コンランショップ」の展開や、プロダクトデザインなどを手がけるイギリスのグループ。今回の特別仕様車は、コンランとコラボレートしてつくられたものだ。

いずれも、テーマは「SHIFT_ interior」。写真の「マーチ プラスコンラン」は、シートにボヘミアンスタイルがテーマの花柄生地を採用。内装色は「ブラック/レッド」(写真)と「エクリュ/アイボリー」が選べる。ボディカラーはホワイトパール(写真)とビターショコラの2色で、内外装カラーはユーザーの好みに合わせることが可能だ。


東京銀座の日産本社ギャラリーで行われたお披露目会には、日産自動車常務執行役員チーフクリエイティブオフィサーの中村史郎氏と英国「コンラン&パートナーズ」デザインディレクターのセバスチャン・コンラン氏が登場。2社がコラボレートしたきっかけは、日産がコンランのモダンなインテリアに注目、コンランが日産キューブのデザインに興味をもったことに始まったという。

価格は、「キューブ プラスコンラン」が156万2400円から、「マーチ プラスコンラン」が133万8750円から。「ラフェスタ プラスコンラン」は、FFが232万500円、4WDは257万2500円となる。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/


「ラフェスタ プラスコンラン」
2004年5月に発売したコラボレートモデル2車種「キューブ/キューブ キュービック」は、発売約2週間で予約が生産計画台数(1000台)に達したという。その人気をうけ、今回再び、3車種でのコラボレートが実現された。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2013.2.24 試乗記 マツダ・プレマシー20S-SKYACTIV Lパッケージ(FF/6AT)
    ……239万4000円

    マイナーチェンジで、ついにスカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを手に入れた「プレマシー」。しかし注目すべきは、進化を遂げたパワートレインだけではなかった。
  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗速報】 2004.12.13 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    日産の“SHIFT_”第5弾「ラフェスタ」。ミニバンの開放感をシフトしたニューモデルにちょっとだけ試乗した『webCG』記者が、その印象を速報でお届けする。


  • 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)【試乗記】 2004.12.20 試乗記 日産ラフェスタPLAYFUL(CVT/FF)/20S(CVT/4WD)
    ……277万2100円/211万500円

    スポーティな走りを訴求するライバルとは一線を画し、運転のしやすさ、明るい室内など、ピープルムーバーの本流に磨きをかけた「日産ラフェスタ」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、コンセプトどおりのクルマであることは評価するが……。


  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/スズキ・アルトX(後編)【試乗記】 2017.8.9 試乗記 ダイハツとスズキのクルマづくりを具現したかのような「ダイハツ・ミラ イース」と「スズキ・アルト」。公道での比較試乗を通して両モデルのキャラクターの違いを浮き彫りにするとともに、これからの軽自動車開発のあり方について考えた。
  • 日産ラフェスタ ハイウェイスターがより低燃費に 2013.2.14 自動車ニュース 日産自動車は2013年2月14日、2リッターミニバンの「ラフェスタ ハイウェイスター」をマイナーチェンジし、同年3月1日に発売すると発表した。
ホームへ戻る