ポルシェ、欧州に軽量版「911GT3 RS」の導入を決定

2006.05.30 自動車ニュース

ポルシェ、欧州に軽量版「911GT3 RS」の導入を決定

独ポルシェAGは、レース参戦を前提としたモデル「911GT3 RS」を、欧州市場に2006年10月以降導入することを決定。2006年5月29日に発表した。




「ポルシェ911」に“RS”を冠したモデルが登場する。レース参戦を前提とした車両でベースはGT3だが、大幅な改良が加えられた。
リアエンドはGT3より44mm拡大され、あわせてリアサスペンションを変更してコーナリングパフォーマンスをアップ。さらに、カーボンファイバー製調整式ウィング、プラスチック製リアリッド、プラスチック製軽量リアウィンドウを採用し、車重はGT3より20kg軽い1375kgに仕上げた。

エンジンのアウトプットはGT3と同じだが、ギア比をGT3よりさらにクロスさせたほか、シングルマスフライホイールの採用によってレスポンスを高め、0-100km/h加速はGT3より0.1秒速い4.2秒、200km/hには13.3秒で到達する。最高速度は310km/hだ。
インテリアは、ルーフライニングやステアリングホイール&シフトレバーなどにアルカンターラを採用。シートはカーボンファイバー製バケットタイプが標準と、GT3よりさらにレーシーだ。クラブ・スポーツ・パッケージを選択すると、ロールケージや6点式シートベルト、消火器などが備わる。
日本への導入などは不明だが、英国での価格は9万4280ポンド。ちなみに、ベーシックなGT3は7万9450ポンドからである。

(webCGオオサワ)

ポルシェ・ジャパン:http://www.porsche.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る