「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフト
「日産プレサージュ」をマイナーチェンジ

2006.05.29 自動車ニュース

「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフト「日産プレサージュ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」をマイナーチェンジ。内外装を大幅に変更するなどして、2006年5月29日に発売した。




2003年6月にフルモデルチェンジした「プレサージュ」に、大幅なマイナーチェンジが施された。「SHIFT_ brilliance」のテーマどおり、内外装が大幅に変更された。

「ブリリアントなデザイン」を目指したというエクステリアは、ヘッドランプやグリルをシャープに仕上げることで、躍動感と「繊細な輝き」を表現。フロントグリルや前後バンパー、ヘッドランプ、フードパネルなど、変更点は多岐にわたる。ボディカラーのバリエーションは従来どおり7色だが、日産として初採用となる「ディープカシス」など5色の新色が設定された。




インテリアは、独立3眼の常時点灯式メーター採用や、シフトポジションインジケーターなどを追加。シートとドアトリムのクロスを変更するなどした。メーターリングなどに加飾し、こちらも輝きを与えることで「魅力的なモダンインテリア」を謳う。

フルモデルチェンジした時のウリである利便性もさらに追求。現行プレサージュは「サイドブラインドモニター」を初採用した車種でもあり、夜間視認性や、バック時の表示を追加するなどして、その機能性を向上させた。




グレード展開が「XE」「XG」「XL」「HS」の4種類となったことも新しい。価格は、2.5リッターモデルが「205XE」(FF/4AT)の240万4500円から「250HS」(4WD/4AT)の298万2000円まで。3.5リッターにCVTを組み合わせた「350HS」(FF)は302万4000円。

(webCGオオサワ)

日差プレサージュ:http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/top.html

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • カワサキZ900RS(MR/6MT)【レビュー】 2018.3.30 試乗記 往年の名車「Z1」を思わせるデザインをまとって登場した、カワサキの新型バイク「Z900RS」。その走りは、ベテランライダーの期待に応えてくれるのか。Z1のオーナーでもあるモーターサイクルジャーナリスト、後藤 武が試乗した。
  • 第425回:「壊れない日本車」はこうして生まれる
    「日産NV350キャラバン」の開発現場を取材
    2017.7.13 エディターから一言 ビジネスユースはもちろん、レジャーや趣味のお供としても高い支持を集める日産のワンボックスカー「NV350キャラバン」。同車の開発を担う日産車体への取材を通し、世界中で支持される「壊れない日本車」の秘密を知った。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る