「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフト
「日産プレサージュ」をマイナーチェンジ

2006.05.29 自動車ニュース

「SHIFT_ brilliance」ミニバンの輝きをシフト「日産プレサージュ」をマイナーチェンジ

日産自動車は、ミニバン「プレサージュ」をマイナーチェンジ。内外装を大幅に変更するなどして、2006年5月29日に発売した。




2003年6月にフルモデルチェンジした「プレサージュ」に、大幅なマイナーチェンジが施された。「SHIFT_ brilliance」のテーマどおり、内外装が大幅に変更された。

「ブリリアントなデザイン」を目指したというエクステリアは、ヘッドランプやグリルをシャープに仕上げることで、躍動感と「繊細な輝き」を表現。フロントグリルや前後バンパー、ヘッドランプ、フードパネルなど、変更点は多岐にわたる。ボディカラーのバリエーションは従来どおり7色だが、日産として初採用となる「ディープカシス」など5色の新色が設定された。




インテリアは、独立3眼の常時点灯式メーター採用や、シフトポジションインジケーターなどを追加。シートとドアトリムのクロスを変更するなどした。メーターリングなどに加飾し、こちらも輝きを与えることで「魅力的なモダンインテリア」を謳う。

フルモデルチェンジした時のウリである利便性もさらに追求。現行プレサージュは「サイドブラインドモニター」を初採用した車種でもあり、夜間視認性や、バック時の表示を追加するなどして、その機能性を向上させた。




グレード展開が「XE」「XG」「XL」「HS」の4種類となったことも新しい。価格は、2.5リッターモデルが「205XE」(FF/4AT)の240万4500円から「250HS」(4WD/4AT)の298万2000円まで。3.5リッターにCVTを組み合わせた「350HS」(FF)は302万4000円。

(webCGオオサワ)

日差プレサージュ:http://www2.nissan.co.jp/PRESAGE/top.html

関連キーワード:
プレサージュ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • 「ジャパンキャンピングカーショー2017」の会場から 2017.2.3 画像・写真 ユニークなキャンピングカーが一堂に集結。「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、千葉県の幕張メッセで開幕した。会場の様子を、各メーカーが出展したキャンピングカーとともに写真でリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
ホームへ戻る