【IRL 2006】第90回インディ500、ゴールライン直前の大逆転でホーニッシュV

2006.05.29 自動車ニュース

【IRL 2006】第90回インディ500、ゴールライン直前の大逆転でホーニッシュV

第90回インディアナポリス500マイルレースが、2006年5月28日、米インディアナ州のインディアナポリス・モーター・スピードウェイ(1周2.5マイル/約4km)を200周して行われた。


1911年から続く伝統の一戦、インディアナポリス500マイルレースの90回記念大会を制したサム・ホーニッシュJr.。ならわしにしたがって、勝利のミルクを飲む。

800kmにおよぶ長丁場レースは劇的な幕切れを迎えた。ファイナルラップでトップを走行するのは、ルーキーのマルコ・アンドレッティ。サム・ホーニッシュJr.がこれに追走し、ゴールライン直前でマシン1台分先行することに成功、大逆転勝利を手に入れた。

ホーニッシュにとってはインディ500初制覇。 2位アンドレッティとの差は史上2番目の僅差となる0.0635秒。所属するチーム・ペンスキーはインディ500勝利記録を「14」に伸ばした。

名門アンドレッティ家はインディ500でまたしても勝てず。マルコの父マイケル・アンドレッティは、今回だけレーシングドライバー業に復帰したが、息子の背後3位どまりだった。


アンドレッティ家にとってはまたしても勝てなかったインディ500。19歳のルーキー、マルコ・アンドレッティ(写真)は、ほぼ勝利を手中に収めていたかに見えた。しかし最後の最後、ホーニッシュに先を越され2位ゴール。まだあどけなさが残るルーキーの善戦と見るか、あるいは若さゆえのツメの甘さと見るべきか……。父マイケル・アンドレッティは3位でフィニッシュした。
アンドレッティ家から出た(いまのところ)唯一のインディ500ウィナーは、マルコの祖父マリオ・アンドレッティ。1969年のことである。

松浦孝亮は、3回目のインディ500を自己ベストの予選7位からスタートしたが、ハンドリングが思わしくなく15位と不調に終わった。またスポット参戦となったロジャー安川は、予選28位からの16位でフィニッシュした。

(文=webCG 有吉/写真=本田技研工業)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。