日産の「SHIFT_interior」第2弾、5車種に「スタイリッシュシルバーレザー」設定

2006.05.25 自動車ニュース
 

日産の「SHIFT_interior」第2弾、5車種に「スタイリッシュシルバーレザー」設定

日産自動車は、インテリアの魅力を高めた特別仕様車第2弾として「スタイリッシュシルバーレザー」を、「フーガ」「スカイラインセダン&クーペ」「ステージア」「ムラーノ」の5車種に設定。2006年5月25日にまずはフーガとムラーノを、スカイラインシリーズとステージアは6月1日にリリースする。
あわせて、フーガに一部改良を施した。


「スカイラインセダン&クーペ」の「スタイリッシュシルバーレザー」
 

「スタイリッシュシルバーレザー」は、専用グレー色の本革シートを採用。フーガは艶のあるブラック「ピアノ調インテリア」、そのほかの車種は本アルミの内装を採り入れ、シートカラーとインテリアカラーの織りなすコントラストが「成熟した大人のスタイリッシュなインテリア」を演出する、という。価格などは、日産自動車の公式サイトを参照のこと。


「フーガ」
 

同時に、フーガに一部改良が施された。これまでは最上級グレード「450GT」専用だった本木目フィニッシャーを全車標準設定としたほか、助手席パワーシートなどを標準で備え、内容の充実化を図った。
価格は、「250XV」(FR/5AT)の354.9万円から、「450GTスポーツパッケージ」(FR/5AT)の567.0万円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

関連キーワード:
フーガスカイラインステージアスカイラインクーペムラーノ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2011.1.26 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……646万8000円

    燃費性能を声高にアピールする、日産の高級セダン「フーガハイブリッド」。その主張の真偽のほどを、長距離ドライブで試した。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
ホームへ戻る