日産の「SHIFT_interior」第2弾、5車種に「スタイリッシュシルバーレザー」設定

2006.05.25 自動車ニュース
 

日産の「SHIFT_interior」第2弾、5車種に「スタイリッシュシルバーレザー」設定

日産自動車は、インテリアの魅力を高めた特別仕様車第2弾として「スタイリッシュシルバーレザー」を、「フーガ」「スカイラインセダン&クーペ」「ステージア」「ムラーノ」の5車種に設定。2006年5月25日にまずはフーガとムラーノを、スカイラインシリーズとステージアは6月1日にリリースする。
あわせて、フーガに一部改良を施した。


「スカイラインセダン&クーペ」の「スタイリッシュシルバーレザー」
 

「スタイリッシュシルバーレザー」は、専用グレー色の本革シートを採用。フーガは艶のあるブラック「ピアノ調インテリア」、そのほかの車種は本アルミの内装を採り入れ、シートカラーとインテリアカラーの織りなすコントラストが「成熟した大人のスタイリッシュなインテリア」を演出する、という。価格などは、日産自動車の公式サイトを参照のこと。


「フーガ」
 

同時に、フーガに一部改良が施された。これまでは最上級グレード「450GT」専用だった本木目フィニッシャーを全車標準設定としたほか、助手席パワーシートなどを標準で備え、内容の充実化を図った。
価格は、「250XV」(FR/5AT)の354.9万円から、「450GTスポーツパッケージ」(FR/5AT)の567.0万円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る