【スペック】全長×全幅×全高=4930×1920×1660mm/ホイールベース=2980mm/車重=2170kg/駆動方式=4WD/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpm)/価格=724万5000円(テスト車=783万4050円/ラグジュアリーパッケージ=56万7000円/ETC=2万2050円)

メルセデス・ベンツR350 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】

すべては快適な移動のために 2006.05.23 試乗記 メルセデス・ベンツR350 4MATIC(4WD/7AT)……783万4050円「乗用車に求められるすべての要素を極めて高い次元で融合させた」と謳うメルセデス・ベンツのニューカマー「Rクラス」。スタイリッシュで大柄なボディに6座というパッケージングが目指すものとは?

狙いはなんなんだ?

メルセデス・ベンツが送り出したまったくの新型車「Rクラス」は、スペック表を眺めただけでは一体どんなクルマなのか理解するのが難しい。
3列シートを備えると聞くと、ようするにミニバンなのかと思うのだが、実車を見るとルーフはグッと低く、リアドアもヒンジ式で、取りあえず一般的なミニバンにくくるのは違うかなという気になる。メルセデス版の大きな「オデッセイ」か……、そう納得しかけると、目に飛び込んでくるのはリアゲートに誇らしく付けられた「4MATIC」のバッヂである。すべてのグレードを4WDとするRクラスは、実はシャシーをMクラスと共用しているのだ。

室内をよく見ると、3列あるシートは実はそれぞれ2席ずつの計6人分しか用意されていない。全長は5メートル近くあるのに。しかも荷室だって最小限度でしかないのだ。果たして、その狙いはなんなんだ? 

しかしこと走ることに関していえば、曖昧な部分は無い。Rクラスは非常に真っ当なクルマである。高いがSUVのようには高過ぎないドライビングポジションは、適度な囲まれ感と、開けた視界のバランスがちょうどいい。ステアリングコラム右側から生えるATセレクターには違和感を感じながらも、走り出してしまえば、何よりとても柔らかな乗り心地に頬が緩む。ソフトなサスペンションと235/65R17というハイトのあるタイヤのおかげで、あらゆるショックは角が丸められ、路面のうねりもゆったりと鷹揚にいなされる。場面によって多少の上下動が残ることもあるが、姿勢自体はフラットなので不快感は無い。3列目では時にややゴツゴツするが、2列目までなら至極快適。AIRマティックサスペンション付きのR500 4MATICは試していないので断定はできないが、これで十分満足できると感じた。

3列目でもハズレじゃない

ハンドリングは結構軽快だ。ステアリングの反応は穏やかだし、サスペンションもゆっくりストロークする味付けなのに、リア外輪の、腰で曲がるのをアシストするような絶妙な踏ん張り感もあって、ハイペースで右に左に切り返すような場面でも反応は常に正確で、とても一体感が高いのだ。

無論、直進安定性もフルタイム4WDだけに文句は無い。いや、これはメルセデスだけに、と言うべきかもしれないが、高速移動は得意中の得意だ。最高出力272psの3.5リッターV6エンジンも、2トンを超える車重に対して不足は無く、小気味良いレスポンスも相まって、4名乗車での移動中もストレスを感じることは無かった。

そんなふうにステアリングを握るのが想像以上に楽しいRクラスだが、特等席はやはり2列目ということになる。スペースはあるのにあえて2席の独立式キャプテンシートとされたおかげでゆったりとくつろげるし、着座位置が高く設定されているため見晴らしも上々だ。さらに、もし3列目に座ることになっても、Rクラスならそれは“ハズレ”ではない。頭上も足元も決して狭くはなく、十分快適に過ごすことができる。

この居心地の良さは、一般的なミニバンのように背を高くして、そのぶん3列の席間を詰め、さらに十分な荷室まで確保しようという考え方では生まれ得ないものだ。Rクラスは、そのサイズの余裕をより多くの人、多くの荷物ではなく、各乗員へのゆとりに振り分けることで、従来のミニバンには無かった贅沢感を見事演出してみせている。
しかも、シャシーは際立ったスタビリティをもつフルタイム4WD。それによって生まれた性能上のマージンは、これまた乗り心地へと費やされているのだ。

写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。



唯一、腑に落ちないところは……

そんなふうに考えると、スペック表だけではよくわからなかったRクラスの実像がクリアに見えてくる。そのパッケージングもシートレイアウトも、そしてシャシーも、すべてが乗員をひたすら快適な移動へと誘うためのもので、ようするにこれはラクシャリーカーの新しい一つの形態なのだ。そう考えると、すべてが納得できる。

いや唯一、これは良い意味で腑に落ちないのが、この内容にして、たとえば「E350ステーションワゴン4MATIC」より安価だということだ。もちろん装備内容に違いはあるにせよ、これならヒットは間違いなし!
……と言いたいところだが、日本ではそのサイズがネックとなりそう。さらに言えば、その顔つき、特にヘッドライト周辺の意匠は好き嫌いが分かれる気がする。好みの問題かもしれないが、弟分とも言うべき「Bクラス」はじめ、最近の他のメルセデスのように、もっとプレーンでも良かったのではないか?

しかしながら、そこを納得でき、そしてその新しい世界に関心を抱く人であれば、このRクラスはきっと大きな満足をもたらしてくれることは間違いない。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2006年5月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 三菱アウトランダーPHEVという選択 2016.12.8 特集 デビュー以来着実に改良を重ねてきた、充電可能な三菱のSUV「アウトランダーPHEV」に試乗。国内外でプラグインハイブリッドモデルに注目が集まりつつあるいま、あらためてその実力を確かめた。
ホームへ戻る