アウディ、コンパクトSUV「Q5」の生産を発表

2006.05.23 自動車ニュース

アウディ、コンパクトSUV「Q5」の生産を発表

独アウディAGは、新型SUV「Q5」の生産を、インゴルシュタット工場で行うことを、2006年5月22日に発表した。

「アウディQ5」は、「Q7」に続くアウディSUVモデルの第2弾。2008年以降に、インゴルシュタット工場から送り出される予定で、Q5生産のために、同工場には約3億ユーロが投資されるという。

プレスリリースの主眼が、「Q5がドイツで生産することが決定された」ことに置かれているのは興味深い。リリースには、アウディAG全労資協議会会長のペーター・モッシュ氏、金属産業労働組合(IGメタル)副会長のベルトホルト・フーバー氏、バイエルン州首相のドクター・エドムント・シュトイバー氏らが、ドイツでの雇用や経済の発展を歓迎する好意的なコメントが掲載されているのだ。

ドイツは国内問題に失業率の増加を抱えており、2003年にはシュレーダー首相が2010年までに失業率を当時の半分まで減少させる「アジェンダ2010」を提唱した。今回のQ5生産がドイツで行われることの意義は、国内問題の解決にもありそうだ。

ちなみに、2006年5月22日、ポルシェは新型4ドアモデル「パナメーラ」を、ライプツィヒ工場で生産することを発表。同工場に1億2000万ユーロを投資することを明らかにした。

(webCGオオサワ)

アウディ・ジャパン:http://www.audi.co.jp/

アウディ、コンパクトSUV「Q5」の生産を発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。