オフィシャルパートナーならでは、「ヒュンダイTB」にW杯記念限定車

2006.05.22 自動車ニュース

オフィシャルパートナーならでは、「ヒュンダイTB」にW杯記念限定車

ヒュンダイ モーター ジャパンは、2006年6月9日に開幕する「2006 FIFAワールドカップドイツ大会」にあわせて、コンパクトカー「ヒュンダイTB」に、2006 FIFAワールドカップ記念限定車」を設定。2006年6月10日から、50台限定で発売する。




「TB 2006 FIFAワールドカップ記念限定車」は、ブラックのボディ色やアルミホイールで、エクステリアを精悍に演出。インテリアは、ブルーの内装色と本革ステアリングホイール&シフトノブを採用し、スポーティさと上質感を両立したという。ボディとフロアマットに装着される特製デカールとエンブレムは、2006 FIFAワールドカップドイツ大会オフィシャルパートナーならではのアイテムだ。
ベース車は中間グレード「1.4GL コンフォート」で、価格はベース車より5万2500円高い115万5000円。

(webCGオオサワ)

ヒュンダイ モーター ジャパン:http://www.hyundai-motor.co.jp/

関連キーワード:
TBヒュンダイ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ヤマハXSR700(6MT/MR)【レビュー】 2018.3.3 試乗記 人気モデル「MT-07」の基本設計とネオレトロなデザインを組み合わせたヤマハのネイキッドモデル「XSR700」。強力なライバルの登場により、今後ますます注目を集めると予想される2気筒・700ccクラスを勝ち抜くことはできるのか?
  • トヨタ・ブレビスAi300(5AT)【ブリーフテスト】 2001.7.6 試乗記 ……429.8万円
    総合評価……★★★




  • ヒュンダイ・ソナタ 2.4GLS(FF/4AT)【試乗記】 2005.10.1 試乗記 ヒュンダイ・ソナタ 2.4GLS(FF/4AT)
    ……236万2500円

    韓国で1985年にデビューし、5代目となるヒュンダイの中堅セダン「ソナタ」が日本上陸となった。「ソナタ」は、日本市場で”ヨン様”になれるのか。


  • ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.28 試乗記 ヒュンダイ・グレンジャー3.3GLS Lパッケージ(FF/5AT)
    ……339万1500円

    ヒュンダイの最上級セダン「XG」の後継である、フラッグシップ「グレンジャー」が日本上陸。破格の価格を武器にする韓国車に、それを受け入れる日本市場に必要なこととは……。


  • マティスSX(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.16 試乗記 マティスSX(FF/4AT)
    ……123万円

    韓国発コンパクト「マティス」がフルモデルチェンジを受けて2代目となった。先代は欧州で大ヒットした実績を持つが、軽自動車が好調に売れている日本市場で存在感を示すことができるだろうか。
ホームへ戻る