オフィシャルパートナーならでは、「ヒュンダイTB」にW杯記念限定車

2006.05.22 自動車ニュース

オフィシャルパートナーならでは、「ヒュンダイTB」にW杯記念限定車

ヒュンダイ モーター ジャパンは、2006年6月9日に開幕する「2006 FIFAワールドカップドイツ大会」にあわせて、コンパクトカー「ヒュンダイTB」に、2006 FIFAワールドカップ記念限定車」を設定。2006年6月10日から、50台限定で発売する。




「TB 2006 FIFAワールドカップ記念限定車」は、ブラックのボディ色やアルミホイールで、エクステリアを精悍に演出。インテリアは、ブルーの内装色と本革ステアリングホイール&シフトノブを採用し、スポーティさと上質感を両立したという。ボディとフロアマットに装着される特製デカールとエンブレムは、2006 FIFAワールドカップドイツ大会オフィシャルパートナーならではのアイテムだ。
ベース車は中間グレード「1.4GL コンフォート」で、価格はベース車より5万2500円高い115万5000円。

(webCGオオサワ)

ヒュンダイ モーター ジャパン:http://www.hyundai-motor.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ヒュンダイ・ソナタ2.4GLS(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.2.3 試乗記 ……246万7500円
    総合評価……★★★

    ヒュンダイが世界戦略車と位置付ける「ソナタ」が日本に導入された。北米市場で「カムリ」「アコード」と販売合戦を繰り広げるミドルクラスセダンの実力はいかなるものか。


  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る