【スペック】全長×全幅×全高=4830×1820×1425mm/ホイールベース=2850mm/車重=1890kg/駆動方式=FR/3.5リッター V6DOHC24バルブ(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)+交流同期電動機(200ps、28.0kgm)/価格=770万円(テスト車=772万6250円)

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(後編)】

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(後編) 2006.05.20 試乗記 ……772万6250円総合評価……★★★直噴3.5リッターV6+「2段変速式リダクション機構付きTHSII」を搭載した「GS450h」。圧倒的な加速感覚はたしかだが、子細に観察してみると……。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
このクルマの評価は、ここに尽きる。特にフルスロットルを与えた時の感覚は、これまでのどんなクルマとも似ていない。大排気量車とも高回転でパワーが急上昇するようなパワフルなスポーツカーエンジンとも違った、どこからともなくトルクが盛り上がってきて、いつまでもクルマを押し出し続けるような圧倒的な加速感覚こそ、最大の価値である。あえておかしな表現を使うなら「すごい高圧で効かせた低圧ターボ」のようなもの。つまり低速域でもわーっときた力が、そのまま息をつかないままどこまでも引っ張っていくのだ。しかも洗練された電子制御のトランスミッションは、当然ながら一切の息の途切れもショックも感じさせない。
だが、いじわるく観察すると、いくつか気になることもある。停止時は当然アイドリングストップになるが、車外に出ると結構ボンネットから大きな音がする。エンジンは停まっているから無論モーター関係の音だが、無音だと期待すると裏切られる。
停止からちょっとアクセルペダルを踏み込めばエンジンはスタートする。その瞬間はほとんど気がつかないものの、V6エンジン自体は、低回転でそれほどスムーズではないことが知れる。でも結局は、リファインされた駆動システムが、これらの弱点を見事にカバーするのだが。
燃費は多くの方々の興味深いトコロだろうが、賛否がわかれるであろう結果となった。全体で700km以上乗ったが、都内の使用が多かった前半が9.7km/リッター。高速道路が8割の後半でも10.7km/リッター、全体を通して10.2km/リッターだった。動力性能を考えるなら上出来という見方もできるが、個人的にはかなり不満だ。いかに力があるクルマとはいえ、それを見せつけるような走り方はすべきではない。実際の試乗も、基本的には日本の路上の流れに合わせた速度で終始した。それを思うなら、やはり15km/リッターぐらいは走ってほしいと思う。これは安くないクルマだし、顧客は動力性能とともに、当然環境意識も含めて購入するはずだからだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
乗りごこちはちょっと期待はずれだった。優れたバネ&ダンパーさえ持っていれば、重さは快適さにつながるはずなのに、なんとなく全体に乗りごこちは落ち着きがない。またパワーユニットが静かなこともあるが、そのぶん、ロードノイズが意外と気になるし、ハーシュネスも完全には遮断されていない。
同じように増えた車重はハンドリングにもよい影響を与えていない。ステアリングは妙に不自然な感触だし、コーナー途中からロールが急に深くなるように感じる。もっとも気になったのはブレーキペダルの応答で、最初は妙に軽く、途中から急に食いつくような制動感ゆえに、パセンジャーに気を遣わなければならなかった。
パワーユニットは本当に素晴らしく、やはりハイブリッドの技術においては、トヨタは完全に一人勝ちをしていることが改めて理解できた。でもプリウスのように最初からクルマ全体をこのシステムに合わせて開発されたクルマとは違って、既存のプラットフォームにまったく新しい動力システムを組み込むことの難しさもまた、このクルマは語っていた。
でもFRの本格的ハイブリッドとしては世界初であり、世のなか、こんなクルマはほかにはない(LSのハイブリッドが出るまでは)。だから★は4つ与えたかったが、クルマ全体のバランスを考えるなら、最終的に3つという形で落ち着かせるしかないと思う。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:大川悠
テスト日:2006年5月9-10日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2006年型
テスト車の走行距離:5180km
タイヤ:(前)245/40R18 93Y(後)同じ(いずれも、ヨコハマアドバンA10A)
オプション装備:“マークレビンソン”プレミアムサラウンドサウンドシステム(34万1250円)/アクティブスタビライザーサスペンションシステム非装着(−29万4000円)/245/40R18 93Yタイヤ&18×8Jハイブリッド専用アルミホイール(ランフラットタイヤ非装着/−2万1000円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(7):山岳路(1)
テスト距離:783.4km
使用燃料:76.5リッター
参考燃費:10.2km/リッター

・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018164.html
・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(中編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018165.html




レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(後編)】の画像
走行状態に応じて、ドライバーが「ノーマルモード」「パワーモード」「スノーモード」を選べる「モードセレクトスイッチ」。

走行状態に応じて、ドライバーが「ノーマルモード」「パワーモード」「スノーモード」を選べる「モードセレクトスイッチ」。


レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(後編)】の画像


レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(後編)】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る