【スペック】全長×全幅×全高=4830×1820×1425mm/ホイールベース=2850mm/車重=1890kg/駆動方式=FR/3.5リッター V6DOHC24バルブ(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)+交流同期電動機(200ps、28.0kgm)/価格=770万円(テスト車=772万6250円)

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(中編)】

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(中編) 2006.05.19 試乗記 ……772万6250円総合評価……★★★中編では、高級ハイブリッド「GS450h」の車内をチェック。シートはきちんと作られているが、ハイブリッドゆえの泣き所が……。

【車内&荷物空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
他のGS各モデルともっとも異なるのが、タコメーターの代わりに組み込まれたハイブリッド・システム・インディケーター。「charge」「eco」「power」の3ゾーンで燃費の状態と回生時を示すものだ。ハイブリッドたる証ではあるが、瞬間燃費計と同様に、慣れればいちいち目をやる必要もない簡単なもの。ダッシュのもっとも大事な場所を占めるほどではない。またカーナビなどのディスプレイ画面を切り替えれば、例のトヨタ式ハイブリッドのシステム作動図が出る。むしろこの方が実際は情報として意味がある。
これを除けばもう見慣れたGSの室内。デザイン的にレクサスのなかでも、どうもGSは強い個性というかインパクトに欠ける。きれいに化粧直しして上品にしたアリストのようだし、かつてのアリストほどの強さもない。これは室内も同じで、ダッシュボードやスイッチ/コントロールのレイアウト、材質などを含めたデザイン・テーマは他のトヨタ各車と同じようなもの。装備は満載だし仕上げはさすがにきれいだが、800万円近いクルマにしては、持つ喜びをあまり感じさせてくれないと思う。
(前席)……★★★
造形的にはつまらない室内だが、シートそのものは国産車のなかではかなりきちんと作られている。多分、あらゆる体型のドライバーをカバーするだろう。ただし、スポーティサルーンとして見ると、サイドのサポートはやや不足。また最近の流行のスタイリングのために、シート座面に対してダッシュやサイドウィンドウ下端が高く、バスタブに深くもぐったような感じになる。これは好みが分かれるし、シート上下の移動幅が大きいから、嫌う人はクッションを上に上げればいい。
ただし、同じ理由からドライバーの視野は、天地が浅いウィンドシールド、同様に上下方向が見にくいバックミラーの景色など、視界がデザインの犠牲になっている。
(後席)……★★
このクルマを4シーターと考えれば……いやあくまでもドライバーズカーであって、前席重視と考えればいいが、外寸に対して後席は狭い。より正確にいうなら高いサイドシルや湾曲したルーフなどによって、心理的に狭く感じる。前後の余裕も、このクラスとしては平均的だろう。クッション長はやや短めだが、サポートは見た目よりはいい。
(荷室)……★★
これはハイブリッドの“泣き所”。技術の発達とともに、以前のトヨタハイブリッドに較べてだいぶん小さくなったとはいえ、ニッケル水素バッテリーはやはり相応のスペースを要求する。このクルマの場合はリアシート後方に配されるから、結果としてトランクの奥行きが犠牲になった。ゴルフバッグは他のGSでは4セット積めるだろうが、このクルマの場合は2セットがいいところ。バッグやクラブが傷むのを気にしなければ3セットがなんとか押し込める程度である。(後編につづく)

(文=大川悠/写真=荒川正幸/2006年5月)

・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(前編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018164.html
・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018166.html

関連記事
  • レクサスLS500“Fスポーツ” 2017.4.12 画像・写真 レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その次期型である「LS500」のスポーティーバージョン「LS500“Fスポーツ”」が公開された。ディテールを写真で紹介する。
  • 【ニューヨークショー2017】「レクサスLS500“Fスポーツ”」デビュー 2017.4.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年4月11日、ニューヨーク国際オートショー(開催期間:2017年4月12~23日)で初披露する「レクサスLS500“Fスポーツ”」の概要を発表した。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 第18回:「ベンテイガ」の販売が絶好調!
    インポーターに聞きました~ベントレー編~
    2017.5.9 JAIA輸入車試乗会2017 2016年に発売したブランド初のSUV「ベンテイガ」の販売状況が絶好調なベントレー。2017年も大きな動きはあるのか!? 取材当日はJAIA試乗会会場に不在とのことで、後日、都内で行われた別のイベントに押しかけてお話を伺いました。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
ホームへ戻る