【スペック】全長×全幅×全高=4830×1820×1425mm/ホイールベース=2850mm/車重=1890kg/駆動方式=FR/3.5リッター V6DOHC24バルブ(296ps/6400rpm、37.5kgm/4800rpm)+交流同期電動機(200ps、28.0kgm)/価格=770万円(テスト車=772万6250円)

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)【ブリーフテスト(前編)】

レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(前編) 2006.05.18 試乗記 ……772万6250円総合評価……★★★華々しいローンチから一転、日本市場での低迷が伝えられるレクサス。しかしトヨタが手をこまねいているはずはなく、コア技術のハイブリッドを武器にした「GS450h」を投入した。まずは世界初の本格FRハイブリッドの仕組みについて。

“レクサス・ロケット”の第2弾

鳴り物入りで国内市場に投入されたレクサス・ブランドの販売は、当初の予定の約半分と低迷気味だが、たぶん、トヨタはそれほど懸念していないはずだ。レクサスにとって最大の市場は、全販売台数の約8割を占めるアメリカである。ここを最優先したうえで、国内販売政策を展開しなければならない。アメリカを守りつつも、国内はじっくりと開拓していこうというのがトヨタの計画であり、これから順次、強力なウェポンがラインナップに追加されるからだ。
日本におけるレクサス・ブランドはまず、精緻な機械作り、優れた品質管理、そして顧客をくすぐるような販売システムという“従来の武器”で、アメリカと同様に打って出た。これを市場開拓用ロケットの第1弾とするなら、次いでさらに強引に加速させる第2弾がハイブリッド路線である。ガソリン・ハイブリッドに関しては、世界中でトヨタは完全に独走態勢に入った。この最大の武器をレクサスではフルに生かしていくことで、アメリカ、日本だけでなく、ヨーロッパも含めた本当のプレミアム・ブランドになるための、高い壁を越えようとトヨタは狙っている。
その既定路線に従ってまず登場したのがGSのハイブリッド版「GS450h」である。これは世界で初めての、本格的後輪駆動型ハイブリッド乗用車でもあるのだ。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
日本で実質的に最初のレクサスとして登場した「GS」は、従来、国内で「アリスト」と呼ばれてきたスポーティサルーンの後継でもある。基本的にはクラウンのプラットフォームをベースにしながら、レクサスとしての造形言語をフルに盛り込んだボディを与えられ、すべてのコンポーネンツも目的に合わせて再設計された。もちろん製造管理や仕上げ品質はトヨタの中でもさらに徹底され、装備も最上のものが用意される。これまでのモデルは、3.5リッターV6(2WDと4WD)の「GS350」と、セルシオと同系の4.3リッターV8を搭載する「GS430」の2種だったが、2006年3月16日に加わったのが「GS450h」だ。
(グレード概要)
450hの“h”は、いうまでもなくトヨタ・ハイブリッドの象徴。GS350と基本的には同じ3.5リッターV6の直噴ガソリン・ユニットを使うが、システムの特性に合わせて、296ps(218kW)、37.5kgm(368Nm)と、GS350よりわずかに抑えられている。
ここに組み合わされるのがトヨタのハイブリッド中で最強の147kW(200ps)を発するモーターだ。288Vの定格電圧を650Vまで上昇させる可変電圧システムによって、全体で254kW、つまり345psというシステム出力を発揮。ほとんど4.5リッター・エンジンに匹敵する力、特に加速性能を得た。このことから「GS450h」の名前が与えられた。
「プリウス」や「ハリアーハイブリッド」と異なり、ハイブリッドシステムで新しいのは、駆動モーターに2段変速機構を与えたことだ。加速や高速巡航時に自動的に切り替えてモーター効率を有効に利用している。また電子制御の無断変速機には、意図的に6段階に切り替えられる、マニュアルモードも採り入れられた。
モーターの変速機構追加に加えて、リアに置かれたバッテリーのために、車両重量は1890kgとGS430より190kg、GS350より250kgも増えた。一方、10・15モード燃費は上記両モデルの9.1、10.0km/リッターに対して14.2km/リッターという数値を得たことが、このクルマの最大のアピール・ポイントである。
テスト車の「バージョンL」は本革内装などの装備に加えて、ミリ波レーダーを使ったプリクラッシュセーフティ、ドライバー・アシスト・ブレーキング・コントロール、レーン・キーピング・アシストなどの安全装備も満載。価格は標準版450hの680万円に対してバージョンLは770万円。ちなみにGS350は520〜560、430は630万円だから、ハイブリッド版はかなり戦略的な価格設定が成されている。(中編につづく)

(文=大川悠/写真=荒川正幸/2006年5月)

・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(中編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018165.html
・レクサスGS450h“version L”(FR/CVT)(後編)
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000018166.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2013.12.3 試乗記 レクサスのミドル級セダン「GS」に、第2のハイブリッドモデル「GS300h」が追加された。その走りは、他のグレードとどう違うのか? じっくりとテストした。
  • レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.24 試乗記 レクサスHS250h“バージョンL”(FF/CVT)
    ……586万2300円

    マイナーチェンジが施された「レクサスHS250h」に試乗。デビューから3年半を経た“ハイブリッド・セダン”は、どのように進化したのか? その価値についても考えた。
  • レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2012.5.21 試乗記 レクサスGS450h“Fスポーツ”(FR/CVT)
    ……889万4600円

    「レクサスGS」のフルモデルチェンジに伴い、ハイブリッドモデル「GS450h」も新型に。その走りを、スポーティーバージョンの“Fスポーツ”で試した。
  • レクサス、5モデルの装備・仕様を変更 2016.8.25 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年8月25日、レクサスの5モデル「HS」「RC」「RC F」「NX」「LS」について各車の装備を見直すとともに、仕様を変更。同日、販売を開始した。
  • レクサスIS200t“Fスポーツ”(FR/8AT)【試乗記】 2015.10.14 試乗記 レクサスのスポーティーセダン「IS」に、レクサスにとって2番目となるダウンサイジングターボを搭載した「200t」が追加された。ターボチャージャーを自製したという、こだわりの2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載したFRセダンの実力やいかに?
ホームへ戻る