431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」

2006.05.18 自動車ニュース

431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」

ダイムラー・クライスラー日本は、「クライスラー 300C」のハイパフォーマンスモデル「300C SRT8」の予約受付を、2006年5月19日に始める。デリバリーは7月中旬の予定。

「300C SRT8」の“SRT”は、ダイムラー・クライスラーのハイパフォーマンスカーを開発するプロジェクト「ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー」の略称。その名が示すとおりパフォーマンスを高め、かつ高級車として洗練度を増したクルマに仕上げたという。

パワーソースは、5.7リッターV8「HEMI」のボアを3.5mm拡大し、圧縮比を9.6:1から10.3:1に引き上げた6.1リッターV8 HEMIを搭載。最高出力は5.7リッター比で91psアップの431ps/6000rpm、最大トルクは4.5kgm太い58.0kgm/4800rpmを発生する。トランスミッションは従来モデルと同じ5ATだが、マニュアルモード「オートスティック ドライバー セレクタブル レンジ」が備わった。車重1910kgのヘビー級ながら、0-100km/h加速を5秒フラットでこなすという。

ダンパーや専用スプリング&サスペンション、大径スタビライザーなど、足まわりも強化。タイヤは前245/45ZR20、後255/45ZR20インチとファットで、ブレーキはブレンボ製とした。

エクステリアは、専用のフロント&リアバンパーを装着。フロントバンパーのダクトから入った空気はブレーキを冷却し、リアのダウンフォースは39%高められたという。
インテリアも、一部にスウェードを張ったスポーツシートや、レザーのステアリングホイール&シフトレバーなどを採用。HDDナビゲーションシステムとボストンアコースティックの6スピーカーシステムを装備するなど、内容は豪華かつ機能的だ。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は726.6万円。パワーや動力性能、装備内容をみると、お買い得な価格設定といえそうである。

(webCGオオサワ)

クライスラー・ジャパン:http://www.chrysler-japan.com/

431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」の画像

関連キーワード:
300Cクライスラー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2012.12.18 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    モデルチェンジを受けたクライスラーのフラッグシップセダン「300」が上陸した。フィアット傘下でアメリカンフルサイズはどう生まれ変わったのか。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • 第25回:復活と再生のビートル
    世界中で愛された国民車
    2018.6.7 自動車ヒストリー 累計生産台数は2152万9464台。“ビートル”の愛称とともに世界中で愛されたフォルクスワーゲンの名車「タイプ1」は、いかにして生まれたのか? その数奇な“生い立ち”と、およそ60年にわたる稀有な歴史を紹介する。
ホームへ戻る