431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」

2006.05.18 自動車ニュース

431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」

ダイムラー・クライスラー日本は、「クライスラー 300C」のハイパフォーマンスモデル「300C SRT8」の予約受付を、2006年5月19日に始める。デリバリーは7月中旬の予定。

「300C SRT8」の“SRT”は、ダイムラー・クライスラーのハイパフォーマンスカーを開発するプロジェクト「ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー」の略称。その名が示すとおりパフォーマンスを高め、かつ高級車として洗練度を増したクルマに仕上げたという。

パワーソースは、5.7リッターV8「HEMI」のボアを3.5mm拡大し、圧縮比を9.6:1から10.3:1に引き上げた6.1リッターV8 HEMIを搭載。最高出力は5.7リッター比で91psアップの431ps/6000rpm、最大トルクは4.5kgm太い58.0kgm/4800rpmを発生する。トランスミッションは従来モデルと同じ5ATだが、マニュアルモード「オートスティック ドライバー セレクタブル レンジ」が備わった。車重1910kgのヘビー級ながら、0-100km/h加速を5秒フラットでこなすという。

ダンパーや専用スプリング&サスペンション、大径スタビライザーなど、足まわりも強化。タイヤは前245/45ZR20、後255/45ZR20インチとファットで、ブレーキはブレンボ製とした。

エクステリアは、専用のフロント&リアバンパーを装着。フロントバンパーのダクトから入った空気はブレーキを冷却し、リアのダウンフォースは39%高められたという。
インテリアも、一部にスウェードを張ったスポーツシートや、レザーのステアリングホイール&シフトレバーなどを採用。HDDナビゲーションシステムとボストンアコースティックの6スピーカーシステムを装備するなど、内容は豪華かつ機能的だ。

右ハンドル仕様のみの設定で、価格は726.6万円。パワーや動力性能、装備内容をみると、お買い得な価格設定といえそうである。

(webCGオオサワ)

クライスラー・ジャパン:http://www.chrysler-japan.com/

431psを発する6.1リッターV8「HEMI」搭載「クライスラー 300C SRT8」の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
ホームへ戻る