パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ
「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

2006.05.18 自動車ニュース

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、ミニバン「ステップワゴン」をマイナーチェンジ。装備内容を充実させるなどして、2006年5月18日に発売した。

主な変更点は、「B」タイプをのぞく、すべてのグレードのリア左ドアにパワースライドドアを標準装備。「G Lパッケージ」と「G LSパッケージ」は、右側もパワースライドドアが備わる。
ほかに、Hondaスマートキーシステムや、親水&ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスを設定(一部グレードにオプション)するなど、装備を充実させた。
価格は、「B」(FF/4AT)の199.5万円から、「24Z」(4WD/5AT)の281.4万円まで。

ちなみに、ホンダは2006年5月18日から、ステップワゴンの販売台数が10万台に達したことを記念した、「ありがとうフェア」を実施中。成約者には、ETC車載器(取り付け工賃は別)と、ネットワークオペレーターがトラブルに対応してくれる「QQコール」の1年間無料付帯(メーカー、またはディーラーオプションのナビ装着が条件)、2つのプレゼントが用意される。期間は7月30日までだ。

(webCGオオサワ)

ホンダ・ステップワゴン:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る