パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ
「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

2006.05.18 自動車ニュース

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、ミニバン「ステップワゴン」をマイナーチェンジ。装備内容を充実させるなどして、2006年5月18日に発売した。

主な変更点は、「B」タイプをのぞく、すべてのグレードのリア左ドアにパワースライドドアを標準装備。「G Lパッケージ」と「G LSパッケージ」は、右側もパワースライドドアが備わる。
ほかに、Hondaスマートキーシステムや、親水&ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスを設定(一部グレードにオプション)するなど、装備を充実させた。
価格は、「B」(FF/4AT)の199.5万円から、「24Z」(4WD/5AT)の281.4万円まで。

ちなみに、ホンダは2006年5月18日から、ステップワゴンの販売台数が10万台に達したことを記念した、「ありがとうフェア」を実施中。成約者には、ETC車載器(取り付け工賃は別)と、ネットワークオペレーターがトラブルに対応してくれる「QQコール」の1年間無料付帯(メーカー、またはディーラーオプションのナビ装着が条件)、2つのプレゼントが用意される。期間は7月30日までだ。

(webCGオオサワ)

ホンダ・ステップワゴン:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジの画像
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――日産ノートe-POWER X モード・プレミア(前編) 2017.5.18 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗する。谷口は“電気自動車のまったく新しいカタチ”をどう見ている?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
ホームへ戻る