パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ
「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

2006.05.18 自動車ニュース

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジ

本田技研工業は、ミニバン「ステップワゴン」をマイナーチェンジ。装備内容を充実させるなどして、2006年5月18日に発売した。

主な変更点は、「B」タイプをのぞく、すべてのグレードのリア左ドアにパワースライドドアを標準装備。「G Lパッケージ」と「G LSパッケージ」は、右側もパワースライドドアが備わる。
ほかに、Hondaスマートキーシステムや、親水&ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラスを設定(一部グレードにオプション)するなど、装備を充実させた。
価格は、「B」(FF/4AT)の199.5万円から、「24Z」(4WD/5AT)の281.4万円まで。

ちなみに、ホンダは2006年5月18日から、ステップワゴンの販売台数が10万台に達したことを記念した、「ありがとうフェア」を実施中。成約者には、ETC車載器(取り付け工賃は別)と、ネットワークオペレーターがトラブルに対応してくれる「QQコール」の1年間無料付帯(メーカー、またはディーラーオプションのナビ装着が条件)、2つのプレゼントが用意される。期間は7月30日までだ。

(webCGオオサワ)

ホンダ・ステップワゴン:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/

パワースライドドアは(ほぼ)あたりまえ「ホンダ・ステップワゴン」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る