【スペック】全長×全幅×全高=4435×1765×1415mm/ホイールベース=2595mm/車重=1300kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(166ps/6400rpm、21.0kgm/3250rpm)/車両本体価格=405万3000円(テスト車=427万8750円)

アルファロメオ・アルファ156 2.0 JTSセレスピード(2ペダル5MT)【ブリーフテスト】

アルファロメオ・アルファ156 2.0 JTSセレスピード(2ペダル5MT) 2004.05.18 試乗記 ……427万8750円総合評価……★★★★世界的ヒット作となった「156」が、ジウジアーロの手によってフェイスリフトされた。自動車ジャーナリストの森口将之は、新デザインに好感をもつが、気になる部分もあるという。
自動車ジャーナリストの森口将之

顔だけでなく足まわりを

ヨーロッパでも日本でも、アルファロメオの大ヒット作になった「156」。理由のひとつが、デザインにあることは間違いなさそうだ。
ただ個人的に、あのカタチは好きになれなかった。レトロタッチのディテールが、時代の流れに逆行していると感じたこともある。さらに、スポーティさを強調したフォルムとは裏腹に、やけに優しいフロントマスクにも違和感を抱いた。

それだけに、ジウジアーロ・デザインのキリッとした顔を手に入れた新型は、乗る前から個人的に好感がもてた。走り始めると、当初はアルファらしさが失われたと感じた直噴「JTS」ユニットが、旧型のツインスパークに劣らない心地よい吹け上がりとサウンドを取り戻していたことに、うれしくなった。
こうなると、デビュー当初からいわれていたシャシーのキャパシティの低さが気になる。エンジン、ボディと立て続けにバージョンアップしてきた勢いを、足まわりでも持続してほしい。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1997年デビュー、98年5月から日本に導入されたミドルセダン。ワルター・デ・シルヴァ率いるアルファロメオの「チェントロ・スティレ」の手になるダイナミックなボディフォルム、スポーティな走りがウケて、2003年7月までに日本市場で約1万3700台を販売したヒット作だ。2003年9月にマイナーチェンジを受けた現行モデルは、ジウジアーロ率いるイタルデザインが外観をリフレッシュ。引き締まったフェイス、縦長グリルと鋭い目つきなどにより、スポーティなルックスに磨きをかけた。細部のデザイン変更により、サイズは全長が5mm長くなった。エンジンラインナップは直噴2リッターと2.5リッターV6の2本立て。
なお、3.2リッターの「GTA」だけは、以前の顔のままである。
(グレード概要)
直噴2リッターモデル「JTS」は、5MTとセレスピード、2種類のトランスミッションが用意される。試乗車のセレスピードは、電子制御式油圧作動クラッチを持つ2ペダル5MTだ。タイヤサイズが205/55R16で、2.5リッターとの外観上の識別点となる。
グレードによる装備の違いはほとんどなく、8スピーカーのBOSEサウンドシステムや運転席電動ランバーサポートなど快適装備のほか、VDC(ビークル・ダイナミック・コントロール)、ASR(アンチ・スリップ・レギュレーション)など走行安全装備もすべて標準で備わる。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★★
156のインパネは、2002年のJTSユニット投入と同時にマイナーチェンジが実施されている。昔の「ジュリア・クーペ」を思わせる挑戦的な造形はそのままに、ステアリングホイールのスポークやメーターリング、センターパネルをシルバーでお化粧するなどして、プレミアムな雰囲気もアップした。インパネ表面のシボを、細かい石を敷き詰めたようなタイプにするなど、細かい部分までアルファのブランドイメージにこだわったつくりがうれしい。装備もデュアルゾーン式オートエアコンやBOSEサウンドシステムなど、満足できる内容だ。
(前席)……★★★★
試乗車はオプションのレザーシートが付いていた。ドライビングポジションは、セダンとしてはかなりヒップポイントが低いのが印象的。これだけで「走りそう」という感じがする。そのぶん(?)クッションは薄めで、サポートもそれほどタイトではない。右ハンドルだが、ペダル配置などに違和感はなかった。助手席にも座ってみたが、こちらはインパネの出っ張りがけっこう気になる。156はやっぱりドライバーズカーなのだ。
(後席)……★★★
前席同様、ヒップポイントはセダンとしては低め。身長170cmの人間が前後に座った場合、ひざの前に残る空間は約10cmで、頭は天井スレスレ。つまりこのクラスのセダンとしては狭いほうだが、これはスポーツセダンとしてのパッケージングにこだわった結果だと考えたい。それに、つま先は前席の下に入るし、クッションは前席よりソフトにされているなど、細かい部分はしっかり考えられている。サポート性は後席としては満足なレベル。そしてドアトリムの斜めのステッチ、センターの丸いエアの吹き出し口が、アルファであることをアピールする。
(荷室)……★★★
こちらもスポーツセダンとして割り切っているが、奥行きは限られるものの、幅や深さはそれなりにある。リッドにはダブルリンク式のヒンジを使って、荷室を侵食しないようにしているという配慮も見られる。不便なのは、キーのリモコンか室内のレバーでしか開けることができないこと。盗難の多いイタリアの国情を反映したのかもしれないが、リッドに付いたレバーやボタンに慣れた人間には、違和感が残った。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★★
輸入車としては初のガソリン直噴エンジンでもあるJTSユニットは、1969ccの排気量から、166psと21.0kgmを発生するスペックはいままでどおりだが、乗るとかなり違う。ひとことでいえば、かなりアルファらしくなった。スロットルペダルを踏み込むと、旧型のツインスパークエンジンのようにグウォーンという気持ち良いサウンドを響かせてくれるようになったし、レスポンスも鋭くなった。4000rpm、5000rpmと、回転を上げていくごとに音色を微妙に変えて、それとともに力が湧いてくる。アルファはやっぱりこうでなくちゃ! それでいて、実用域で太いトルクを生み出すJTSの美点はそのままだから、街なかでも運転しやすい。“文武両道”のエンジンだ。
セレスピードは以前よりもシフトダウンがゆっくりになった感じがするが、シフトアップ時の減速感はすくなくなった。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
簡単にいうと、このクルマは路面状況によって印象がかなり変わる。荒れた路面では、乗り心地はフラット感が不足して揺れが続くし、コーナーでは前輪がストロークを使い切って、あっけなくグリップを諦めてしまうことがある。ところが路面が良くなると、156は水を得た魚。クイックなステアリングをまわすと、ノーズをサッとインに入れ、路面をなめるようにコーナリングしていく。理屈抜きに気持ちいい。乗り心地は硬めながら、鋭いショックはうまく抑え込んでくれる。やっぱりアルファはサーキット生まれなんだと納得してしまった。でもそうならば、直進安定性やブレーキはもうすこしがんばってほしい。

(写真=清水健太/2004年5月)

【テストデータ】

報告者:森口将之
テスト日:2004年1月26日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年
テスト車の走行距離:4754km
タイヤ:(前) 245/45R18(後)同じ
オプション装備:レザーシート(15万7500円)/メタリックペイント(ハラマブラック/6万8250円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(4):山岳路(4)
テスト距離:355.9km
使用燃料:37.6リッター
参考燃費:9.5km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ 2016.9.28 画像・写真 FCAはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で、「アルファ・ロメオ・ジュリア」の新しいバリエーション「ジュリア ヴェローチェ」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア【海外試乗記】 2016.7.6 試乗記 アルファ・ロメオにとって久々のFRセダン「ジュリア」が、いよいよデビューを果たした。本国イタリアでの試乗を通して見えてきた、ドイツのライバルとも、これまでのアルファとも違うスポーティネスの形をリポートする。
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る