2006年、日本にディーゼル乗用車が登場
「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定

2006.05.17 自動車ニュース

2006年、日本にディーゼル乗用車が登場「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定

2005年の東京モーターショーで発表されたが、メルセデス・ベンツはディーゼル乗用車を日本で販売するようだ。
ドイツ自動車工業会(VDA)は、「Clean Diesel」パンフレットの日本語版を発行。パンフレットには、2006年内に、日本でディーゼル乗用車が発売される予定、と明記されており、「最新のディーゼル乗用車を日本に導入する最初の自動車メーカー」は、メルセデス・ベンツ。車種は「E320 CDI」、微粒子除去装置(DPF)が標準装着されたモデルだという。

これについて、ダイムラー・クライスラー広報部に問い合わせたところ、「時期を明確には申し上げられませんが、2006年内に発売いたします」とのお答え(秋頃ではないか、という予想がある)。車種は「Eクラスのセダンとステーションワゴンです。価格も確定してはいませんが、ガソリン仕様より、やや高くなるのでは」とのことだ。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンにも同じ問い合わせをしたところ、「ディーゼル車を発売することを前提に動いております」。現在は、車種設定などを考えているという。

VDAは、ドイツの自動車メーカーやサプライヤーなど、500以上の会社が所属する団体で、ドイツの自動車工業を国内、国際的にアピールすることを、主たる目的としている。
VDAのデータによれば、西ヨーロッパにおける2005年の乗用車販売台数は、ディーゼル車が718万8162台(前年比プラス2.4%)、ガソリン車は733万3378台(同マイナス2.4%)。ドイツでは、2005年に約43%だったディーゼル車の割合は、06年1月に約47%にアップした。

(webCGオオサワ)

VDA:http://www.vda.de/
メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
2006年、日本にディーゼル乗用車が登場「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定の画像

関連キーワード:
Eクラス セダンEクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
ホームへ戻る