2006年、日本にディーゼル乗用車が登場
「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定

2006.05.17 自動車ニュース

2006年、日本にディーゼル乗用車が登場「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定

2005年の東京モーターショーで発表されたが、メルセデス・ベンツはディーゼル乗用車を日本で販売するようだ。
ドイツ自動車工業会(VDA)は、「Clean Diesel」パンフレットの日本語版を発行。パンフレットには、2006年内に、日本でディーゼル乗用車が発売される予定、と明記されており、「最新のディーゼル乗用車を日本に導入する最初の自動車メーカー」は、メルセデス・ベンツ。車種は「E320 CDI」、微粒子除去装置(DPF)が標準装着されたモデルだという。

これについて、ダイムラー・クライスラー広報部に問い合わせたところ、「時期を明確には申し上げられませんが、2006年内に発売いたします」とのお答え(秋頃ではないか、という予想がある)。車種は「Eクラスのセダンとステーションワゴンです。価格も確定してはいませんが、ガソリン仕様より、やや高くなるのでは」とのことだ。
フォルクスワーゲン グループ ジャパンにも同じ問い合わせをしたところ、「ディーゼル車を発売することを前提に動いております」。現在は、車種設定などを考えているという。

VDAは、ドイツの自動車メーカーやサプライヤーなど、500以上の会社が所属する団体で、ドイツの自動車工業を国内、国際的にアピールすることを、主たる目的としている。
VDAのデータによれば、西ヨーロッパにおける2005年の乗用車販売台数は、ディーゼル車が718万8162台(前年比プラス2.4%)、ガソリン車は733万3378台(同マイナス2.4%)。ドイツでは、2005年に約43%だったディーゼル車の割合は、06年1月に約47%にアップした。

(webCGオオサワ)

VDA:http://www.vda.de/
メルセデス・ベンツ:http://www.mercedes-benz.co.jp/

 
2006年、日本にディーゼル乗用車が登場「Eクラス」のセダン&ワゴンを予定の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • レクサスLS500h/レクサスLS500h“Fスポーツ” 2017.6.26 画像・写真 トヨタ自動車は2017年6月26日、同年秋以降に発売を予定している「レクサスLS500h」とスポーティーバージョンの「LS500h“Fスポーツ”」を、国内で初披露した。その姿を写真で紹介する。
  • 「Eクラス」史上最速の「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、「Eクラス セダン」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」を発表し、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る