【スペック】全長×全幅×全高=4330×1825×1580mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.9kgm/4500rpm)/価格=280.0万円(テスト車=同じ)

フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【試乗速報】

小技はないが、実がある 2006.05.12 試乗記 フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)……280.0万円「フォーカス」をベースにミニバン風味の味付けを施した「C-MAX」。背が高く室内は広く、多彩に使えるシートアレンジを備えたヨーロピアンコンパクトは、フォードらしい実直さによってつくられていた。

そこかしこに感じるセンス

フォーカスは新型のハッチバック、ハイパフォーマンス版「ST」に続いて「C-MAX」を投入した。
このお手頃サイズの「ミニバン」は、いろいろな用途に使える多面性をもちながら絶対的には全長4330mmと短く、小型ハッチバック並みの感覚でつかえる便利なクルマだ。室内は広々としており、とてもそんなコンパクトサイズには思えない。といっても、それはよくも悪くも、1825mmと広い車幅のおかげもある。幅広いFF車の泣き所といえようか、回転半径が5.6mとあっては車庫の心配もしなければならない。

C-MAXにはそうした小技は用意されていない。チマチマした考えを捨てて、むしろさらにゆったりと寛げるよう、車内空間の快適化に力を注いでいる。この手のクルマにはシートの取り外しを始め、多彩なシートアレンジが用意されているものだが、C-MAXの象徴的な使い方はたとえばこんな感じだ。リアシートの中央部を畳んで後方に追いやり、両サイドの2脚を斜め後方に下げて、3人分のスペースを2人でゆったりと使おう、というものである。中央部をテーブルにして使うアイディアは古くからあるが、その場合でも乗員のドアからの距離は不変だ。C-MAXはさらに中央寄りに座ることにより、両サイドに空間が広がる。これが側面衝突に対する安心感さえ広げてくれる。

車両重量は1430kgと比較的軽く仕上がっているほうで、2リッター直4DOHCデュラテックエンジンは145ps/6000rpmの最高出力と18.9mkg/4500rpmの最大トルクを発生、4段ATを介して前輪を引っ張る。発進は軽快で中回転域のトルクを生かし、レスポンスよく速度を上げていく。この2リッターエンジンには、「モンデオ」に載って登場したときから好印象をもっている。ATのセレクターレバーはステアリングからすぐ横のセンターダッシュに短く生えるが、その操作性がイイ。流行りにも遅れずマニュアルシフトのプラスマイナスのポジションも持つが、BMWを始めとする数少ない奥に倒すとマイナス、手前に引くとプラスの体感Gに一致する設定になっており、こうしたところにも技術者のセンスを感じる。

ツボを押さえた設計こそフォード

フォードといえば量産メーカーが造りがちな、退屈で大味なものを想像する人は今でも多いかもしれない。が、実際に乗って試してみれば、オヤッと感じる基本設計の確かな部分を味わうことができる。サスペンションジオメトリーなど自動車工学の基礎的なことは、どのメーカーとて先刻承知のはずだが、現実には全部がそうとも限らない。著名ブランドとて、時に首を傾げるような設定も見かける。

生産面の品質やデザイン的な嗜好分野もさることながら、フォードのフォードたる所以は、足まわりの設計などがしっかりしていることだ。それは、モータースポーツにも熱心に参加していて高成績を挙げていることでもわかる。このC-MAXでいえば、発進停止時の姿勢変化が少なく、スーッと水平を維持して動き出し、そして水平に止まりノーズダイブする量もわずかだ。この振る舞いこそ、簡単なようでなかなか得難い特性なのである。シートなども一見するとシンプルではあるが、座面の後傾斜角とか背面への依存率とか、ちゃんと“ツボを心得た”設計がなされている。

最初は見た目の装備に目を奪われても、3日も乗れば飽きてしまうクルマもある。C-MAXは派手なスタンドプレイは見あたらないものの、安心して長く付き合える安らぎのようなものを感じる。フォード車は日本でいう無印良品にたとえられるようなクルマだ。しかも、決して無印ではなく世界屈指の大メーカーの製品である。スッキリ、サッパリした飾らない造形は、アクの強いものの陰に隠れてしまいがちだが、世間一般の見栄っぱりなクルマに飽きた人は、このあたりで日本茶にも似た、渋さの中にも甘みを感じる部分を味わい、乗っていただきたい。

(文=笹目二朗/写真=高橋信宏/2006年5月)


 
フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【試乗速報】の画像
こちらは後席3人乗りの状態。クリックすると2人乗りの状態が見られます。
 
こちらは後席3人乗りの状態。クリックすると2人乗りの状態が見られます。
	 

 
フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【試乗速報】の画像

 
フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【試乗速報】の画像
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
 
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
	 

 
フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.6.10 試乗記 ……280.0万円
    総合評価……★★★

    欧州&北米カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した初代「フォーカス」の血を受け継ぐ、5人乗りの“ニューコンセプトワゴン”が「フォーカスC-MAX」。全高を高めたことで得た居住性はいかに? そして定評のあったドライバビリティは損なわれていないのかをチェックする。


  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 特集 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
ホームへ戻る