300m先まで見える……
BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

2006.05.12 自動車ニュース

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

ビー・エム・ダブリューは、夜間運転時におけるドライバーの視認性を高める「BMWナイト・ビジョン」を5、6、7シリーズ(Mモデルはのぞく)にオプション設定。2006年5月16日に発売する。価格は27万5000円。

BMWナイト・ビジョンはその名の通り、暗闇での視界を確保する装置。赤外線を利用した温度感知カメラを搭載し、最大300mまで検知できる。100km/hで走行時(秒速、約28m)には、目視に較べて最大5秒早く危険を予測できるという。ヘッドライトで物体そのものを視認するより前に、歩行者や動物をナビゲーションシステムのモニターに表示してくれる、というわけだ。

ナイトビジョンは一部の高級車には、すでに採り入れられた技術である。ただし、今回BMWが採用したものは、走行状態に応じて表示を画面左右に移動させたり、遠くにある物体を拡大できるなど、新しい機能が備わった。

(webCGオオサワ)

BMWジャパン:http://www.bmw.co.jp/

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定の画像

関連キーワード:
5シリーズ セダン6シリーズ クーペ7シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディが「A6アバント」の新型を発表 2018.4.12 自動車ニュース 独アウディは2018年4月11日(現地時間)、新型「アウディA6アバント」の概要を発表した。パワーユニットにはマイルドハイブリッドが採用されており、室内スペースは従来モデルよりも広くなっている。
ホームへ戻る