300m先まで見える……
BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

2006.05.12 自動車ニュース

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

ビー・エム・ダブリューは、夜間運転時におけるドライバーの視認性を高める「BMWナイト・ビジョン」を5、6、7シリーズ(Mモデルはのぞく)にオプション設定。2006年5月16日に発売する。価格は27万5000円。

BMWナイト・ビジョンはその名の通り、暗闇での視界を確保する装置。赤外線を利用した温度感知カメラを搭載し、最大300mまで検知できる。100km/hで走行時(秒速、約28m)には、目視に較べて最大5秒早く危険を予測できるという。ヘッドライトで物体そのものを視認するより前に、歩行者や動物をナビゲーションシステムのモニターに表示してくれる、というわけだ。

ナイトビジョンは一部の高級車には、すでに採り入れられた技術である。ただし、今回BMWが採用したものは、走行状態に応じて表示を画面左右に移動させたり、遠くにある物体を拡大できるなど、新しい機能が備わった。

(webCGオオサワ)

BMWジャパン:http://www.bmw.co.jp/

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実装備の限定車NEW 2017.3.27 自動車ニュース 「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」に充実した装備が特徴の限定車「218dアクティブツアラー セレクション」が登場。パーキングサポート機能やアダプティブクルーズコントロール、オートマチックテールゲートなどが標準で搭載されている。
ホームへ戻る