300m先まで見える……
BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

2006.05.12 自動車ニュース

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定

ビー・エム・ダブリューは、夜間運転時におけるドライバーの視認性を高める「BMWナイト・ビジョン」を5、6、7シリーズ(Mモデルはのぞく)にオプション設定。2006年5月16日に発売する。価格は27万5000円。

BMWナイト・ビジョンはその名の通り、暗闇での視界を確保する装置。赤外線を利用した温度感知カメラを搭載し、最大300mまで検知できる。100km/hで走行時(秒速、約28m)には、目視に較べて最大5秒早く危険を予測できるという。ヘッドライトで物体そのものを視認するより前に、歩行者や動物をナビゲーションシステムのモニターに表示してくれる、というわけだ。

ナイトビジョンは一部の高級車には、すでに採り入れられた技術である。ただし、今回BMWが採用したものは、走行状態に応じて表示を画面左右に移動させたり、遠くにある物体を拡大できるなど、新しい機能が備わった。

(webCGオオサワ)

BMWジャパン:http://www.bmw.co.jp/

300m先まで見える……BMW、ミドルクラス以上に「ナイト・ビジョン」をオプション設定の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 530dツーリング(FR/8AT)/520dツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.5.31 試乗記 1991年の誕生以来、これまでに100万台以上が販売されてきたという「BMW 5シリーズ ツーリング」。その最新モデル「G31」に、BMWのお膝元であるドイツ・バイエルンの地で試乗する機会を得た。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
ホームへ戻る