国内累計250万台達成記念、「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

2006.05.12 自動車ニュース

国内累計250万台達成記念、「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車

スズキは、「ワゴンR」の国内累計販売台数が250万台に達した(2006年3月)ことを記念して、特別仕様車「250T」と「250X」を設定。2006年5月11日に発売した。

今回発売する特別仕様車は、可変バルブタイミング機構を備えるNAモデル「250X」と、ターボユニットを積んだ「250T」の2種類。エクステリアに、メッキグリルやディスチャージヘッドランプを装着したほか、車高を10mmローダウン。スポーティ感を高めた。装備品として、HDDナビゲーションシステムなどを備える。
価格は、「250X」(FF/4AT)の128万1500円から「250T」(4WD/4AT)の151万8350円まで。

ワゴンRのデビューは1993年9月。1998年10月に2代目へと進化し、99年3月に100万台を突破。2003年12月には3代目の現行型で200万台を超え、2003年3月、初代登場から12年と7か月で250万台に到達した。

(webCGオオサワ)

スズキ・ワゴンR:http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wagonr/

 
国内累計250万台達成記念、「スズキ・ワゴンR」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る