ジープブランドの最高峰、3列7人乗り「コマンダー」登場

2006.05.11 自動車ニュース

ジープブランドの最高峰、3列7人乗り「コマンダー」登場

ダイムラー・クライスラー日本は、ジープブランドで初の3列シート7人乗りを採用したフラッグシップモデル「コマンダー」を、2006年5月13日に発売する。「リミテッド4.7」と「リミテッド5.7 HEMI」の2ラインナップで、価格はそれぞれ、599万5500円と673万500円。




■ジープらしさと、多機能性

2005年の東京モーターショーにもお目見えした、ジープブランドのフラッグシップ「コマンダー」が日本に導入される。外観はあきらかにジープでありながら、同ブランドとして初の3列7人乗りシートレイアウトを採用し「最上級モデルにふさわしい多機能性も提供」したと謳われる。




ラインナップは4.7リッター「リミテッド4.7」(231ps、41.8kgm)と5.7リッター「リミテッド5.7 HEMI」(326ps、51.0kgm)の2種類で、エンジンはいずれもV型8気筒。名前が示すとおり、上級グレードはクライスラーが誇るHEMIエンジンを搭載する。トランスミッションは副変速機&マニュアルモード付きの5AT、駆動方式はもちろん4WD。「クォドラドライブII」と呼ばれるシステムで、4輪のトラクションやスリップを的確にコントロールし、悪路での走破性に寄与する。

ボディサイズは、「グランドチェロキー」より若干大きく、全長×全幅×全高=4795(+35)×1900(+20)×1830mm(カッコ内はグラチェロ比)。ホイールベースは同値の2780mmで、「グランドチェロキーと変わらない操縦性とオフロード性能を備えた」という。




インテリアは、インストルメントパネルを新たにデザイン。4個のエアコン吹き出し口や16個の六角ボルトが、コマンダーの無骨で機械的な雰囲気を演出する。シートは後席へいくに従って着座位置を高め、どのシートでもすぐれた前方視界を確保。加えて、階段状のルーフやパワーサンルーフなどにより、開放感をアップさせた。3列シート専用の空調システムを備えるほか、2、3列目シートは折りたたむことができるなど、快適性と利便性への配慮も忘れない。

安全装備として、ABSはもちろん、BTCS(ブレーキ トラクション コントロール システム)や、ERM(エレクトロニック・ロールオーバー・ミティゲーション=横転防止装置)付きESPなどを標準装備。サイドカーテンエアバッグなども備わり、アクティブ&パッシブセーフティを高めた。

(webCGオオサワ)

ジープ:http://www.jeep-japan.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。