【スペック】全長×全幅×全高=4495×1765×1375mm/ホイールベース=2595mm/車重=1360kg/駆動方式=FF/2リッター直4 DOHC16バルブ(166ps/6400rpm、21.0kgm/3250rpm)/価格=453.6万円(テスト車=同じ)

アルファロメオ・アルファGT 2.0 JTSセレスピード エクスクルーシブ(2ペダル5MT)【ブリーフテスト】

アルファロメオ・アルファGT 2.0 JTSセレスピード エクスクルーシブ(2ペダル5MT) 2004.07.14 試乗記 ……453.6万円総合評価……★★★★★「アルファ156」をベースにつくられたスペシャルティクーペ「アルファGT」。自動車ジャーナリストの笹目二朗は、GTを名乗る“スタイリングカー”を想像していたが……。
自動車ジャーナリストの笹目二朗
(写真=峰昌宏)

GTの名にふさわしい

ヒットモデル「アルファ156」をそのまま2ドアクーペに改装したものを想像したが、実際に乗ってみると歴代「アルファGT」の名に恥じないクルマだった。スポーティな感覚に包まれ、グランツリスモを名乗る資格は十分にある。大きめのラジエーターグリルの楯も、クラシックなモチーフがより強調されて力強く、アルファらしい個性に富む。内装のつくりはより丁寧で高級、イタリアの手づくりカスタムカーのような雰囲気に満たされる。
試乗日は、あいにくの豪雨に見舞われたが、クイックレスポンスのシャープな回頭性や4輪の磐石なグリップ感により、安心して走ることができた。「GTA」ほど過激ではないものの、スタイリングだけがウリのエレガントなクーペではなく、低重心のスポーツカー感覚が操縦安定性にも反映されている。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「快適さとエレガンスが共存するスポーティカー」をコンセプトにつくられた、「アルファ156」ベースの2ドアクーペ。日本には2004年6月から導入された。カロッツェリア・ベルトーネが手がけた流麗なボディラインと、大人4人(定員は5人)が快適に過ごせるという居住空間が自慢である。ボディサイズは、156より60mm長く40mm低い、全長×全幅×全高=4495×1765×1375mm。ホイールベースは同じ2595mm。容量320リッター(最大905リッター)のラゲッジルームが“使えるクーペ”であることをアピールする。
エンジンは、直噴「JTS」2リッター直4 DOHC16バルブ(166ps/6400rpm、21.0kgm/3250rpm)と、3.2リッターV6 DOHC24バルブ(240ps/6200rpm、29.4kgm/4800rpm)の2種類。トランスミッションは、前者に2ペダル5MT「セレスピード」、後者には6段MTが組み合わされる。セレスピードには、従来のマニュアルモードに加え、シフトタイミングやラグのすくない「スポーツモード」が追加された。フルオートの「シティモード」も備わる。
(グレード概要)
2リッターは、ベーシックな「2.0JTSセレスピード」と、レザーシートなどを奢った上級「2.0JTSセレスピード エクスクルーシブ」の2グレードを設定。3.2リッターV6モデルとあわせ、全3車種が用意される。
スペシャルティカーらしく、ベーシックグレードでも、前後フォグランプやヒーテッドドアミラー、デュアルゾーン式フルオートエアコンなど装備は充実。アルファロメオではお馴染みのBOSE製オーディオには、新たにMP3プレーヤーが装着された。上級グレードには、キセノンヘッドランプやヘッドランプウォッシャー、シートヒーターやレインセンサーなどが付与される。
安全装備は全車共通で、全6個のエアバッグ、VDCやASRなどアクティブ&パッシブセーフティ機構が与えられた。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★★
「アルファ156」的なニュアンスは残すものの、ベルトーネ製クーペらしい正調イタリアンGTのクラシカルな落ち着きが感じられる。156からは若さを感じるが、アルファGTはいわば老成した渋さがある。
ただしメーター内部の表記はまだ詰めが甘い。セレスピードのパドルはステアリングと共にまわるタイプ。なろうことなら、フェラーリ流の固定されたものが欲しい。
(前席)……★★★★★
シートはサイズ、形状共に良好。クッションは硬めで耐Gなどホールド性も高いが、ヘッドレストがやや遠目なのが玉にキズ。フロントをはじめ四方の天地寸法が短めなスクリーンは、いかにもGTらしいスモールキャビンをドライバーにも感じさせる。すっぽりとボディが身体を守って顔だけが外に見えるような、独特の眺めを提供してくれる。まさにスポーツクーペづくりの神髄を感じさせる。
(後席)……★★★
完璧な4シーターとは言えないものの、この手のスポーツクーペのリアシートとしてはまずまずの居住空間だ。とはいえ、ヘッドルームや足元はミニマムだから、長時間の滞在は辛いだろう。ともあれ、リアキャビンにすっぽりと収まって身動きがとれないのは、ある種の諦めも生まれる。かえって横Gに対して“囲まれた”安心感も生まれよう。閉所恐怖を感じるほど、閉塞感はない。
(荷室)……★★★★
外観から予想されるよりはるかに広い。トランクリッドが高く天地寸法などは、ある種の5ドアハッチバックより広いほどだ。「GT」の名称通り、2人分の長距離旅行用の荷物はすっぽり収まる。2人ならジャケットなどはリアシートにも置けるし、センターアームレストを開ければすこし長めの物を積み込むことも可能。リッドはパンパー高から開く。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
お馴染みになりつつある、「JTS」こと直噴方式の2リッター直列4気筒DOHCエンジンに新味はないが、不満も皆無。トルクとレスポンスそして快音、アルファらしい味わい深いユニットである。エンジンだけなら5ツ星。
セレスピードは、完全オートマチックの「CITY」モードに加え、マニュアルモード時にレスポンスのいいシフトが可能になる「SPORT」モードが追加された。強いて所望するなら5段でなく、ステップ比がすくなくスポーティな6段セレスピードでやって欲しかった。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
いさぎよく硬めたサスペンションのダンピングの効いた動きは、少々突き上げるものの快適だ。ボディはフラットで姿勢変化はすくないし、バネ系を硬めたクルマのようにポンポン弾む感じはナシ。ステアリングのクイックレスポンスのシャープな応答性、アルファ特有の水平ロール軸によるリアサスペンションの追従性のよさが、コーナリングでは快感。雨のなかでも安心して飛ばせる自信が自然に沸いてくる。

(写真=荒川正幸、峰昌宏/2004年7月)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2004年6月25日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2004年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)215/45ZR17/(後)同じ(いずれもグッドイヤーEAGLE F1)
オプション装備:--
テスト形態:ロードインプレッション
走行形態:市街地(2):高速道路(5):山岳路(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【海外試乗記】 2013.10.9 試乗記 ボディーの下にはレーシングカーさながらのカーボン製センターモノコックを隠し、パワー・ウェイト・レシオは3.7kg/ps、0-100km/hをわずか4.5秒で走り切る。しかも、ベースモデルの価格は600万円台!? これまで、こんなイタリアンスーパーカーがあっただろうか。スーパーカー・トゥ・ザ・ピープル! 北イタリアにあるアルファ・ロメオの“聖地”、バロッコ・テストコースからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【レビュー】 2015.6.26 試乗記 カーボンモノコックのシャシーに最高出力240psの直噴ターボエンジンをミドシップ搭載した「アルファ・ロメオ4C」に試乗。軽量・高剛性のボディーがもたらす走りの実力に触れた。
ホームへ戻る