【F1 2006】FIA、井出有治のスーパーライセンスを取り消す

2006.05.10 自動車ニュース

【F1 2006】FIA、井出有治のスーパーライセンスを取り消す

スーパーアグリF1チームのドライバー、井出有治のスーパーライセンスが、国際自動車連盟(FIA)により取り消されたことが、2006年5月10日に明らかになった。

これにより井出はF1レースに出場する権利を失ったことになる。次戦スペインGPとモナコGPでは、第5戦ヨーロッパGPを佐藤琢磨とともに戦ったフランク・モンタニーが代役を務めるが、その後の正規セカンド/サードドライバーについては検討するという。

■残る疑問

スーパーアグリのリリースによると、FIAはヨーロッパGP前、サンマリノGPのオープニングラップで起きた井出とクリスチャン・アルバース(MF1トヨタ)との接触事故、そして井出の開幕3戦のパフォーマンスを見て、スーパーライセンス取り消しを審議し始めたと、チームに通達してきた。さらにスーパーライセンス取り消し前に井出をレースドライバーから外したらどうかというアドバイスも与えた。

結果、ヨーロッパGPではモンタニーがステアリングを握ったが、「断腸の思いでヨーロッパGPから井出をはずす決定」(リリース)をしたにも関わらず、FIAは井出をF1に乗らせないという厳しい決定を下した。

鈴木亜久里チーム代表は、「今回の件はとても残念でなりません。FIAにはなんとかならないかと交渉を続けましたが、厳しい判断が下されてしまいました」
「FIAからは井出のスーパーライセンスの再取得の可能性を否定されているわけではありませんので、今後もチームとしては井出のためにできる限りのことをやっていきたいと考えています」とコメント。オールジャパンを標榜するスーパーアグリ、痛恨の思いであることは想像に難くない。

しかし、4年落ちのマシンをベースとした「SA05」は、F1経験のある佐藤琢磨をもってしてもトップから数秒落ちという状態である。チームは結成から数ヶ月しかたっておらず、ルーキー井出自身もほとんどテスト走行することなく実戦を走ってきた。

4戦中リタイア3回、完走1回(13位)、たしかに結果だけを見れば褒められたものではないが、ライセンス剥奪=出場停止という重い処分に値するほどのことなのか? 疑問が残る。

(文=webCG 有吉/写真=本田技研工業)




この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。