より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表

2006.05.10 自動車ニュース

より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、キャデラックのSUV「SRX」の2006年モデルを、2006年5月10日に発表した。発売は6月3日から。

SRXの06年モデルは、リモコンでリアゲートを開け閉めできる「パワー・リフトゲート」を標準装備。加えて、ドアの開口部を変更し、乗降性能をさらに高めたという。
ほかに、アルミホイールのデザインを変更。上級グレードの4.6リッターモデルに設定されるオプション「アクティブ・パッケージ」(55.0万円)には、電動収納式サードシートが備わるなど、ラクシャリー性と実用性を向上させた。
価格は、3.6リッターV6モデルが635.0万円、4.6リッターV8モデルは745.0万円。

(webCGオオサワ)

キャデラック:http://www.cadillac.co.jp/

より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表の画像

関連キーワード:
SRXクロスオーバーキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 「レクサスCT」がマイナーチェンジで新デザインに 2017.8.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年8月24日、ハイブリッド車「レクサスCT」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回の改良では、内外装デザインのブラッシュアップと、先進安全装備の強化が行われた。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ガソリン)(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて、多用途性や走破性に一段と磨きがかけられた「ランドローバー・ディスカバリー」。世にSUVは多いが、“真の高級SUV”とは何かを教えてくれる存在はそれほど多くない。3リッターV6ガソリンエンジン搭載モデルに試乗した。
ホームへ戻る