より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表

2006.05.10 自動車ニュース

より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、キャデラックのSUV「SRX」の2006年モデルを、2006年5月10日に発表した。発売は6月3日から。

SRXの06年モデルは、リモコンでリアゲートを開け閉めできる「パワー・リフトゲート」を標準装備。加えて、ドアの開口部を変更し、乗降性能をさらに高めたという。
ほかに、アルミホイールのデザインを変更。上級グレードの4.6リッターモデルに設定されるオプション「アクティブ・パッケージ」(55.0万円)には、電動収納式サードシートが備わるなど、ラクシャリー性と実用性を向上させた。
価格は、3.6リッターV6モデルが635.0万円、4.6リッターV8モデルは745.0万円。

(webCGオオサワ)

キャデラック:http://www.cadillac.co.jp/

より実用的に、2006年型「キャデラック SRX」発表の画像

関連キーワード:
SRXクロスオーバーキャデラック自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • 第4回:キャデラックならではの先進性がかなえる
    類例のない「XT5クロスオーバー」の魅力
    2018.1.18 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR> キャデラックの最新SUVの魅力を伝える連載「キャデラックXT5クロスオーバー解体新書」。最終回となる第4回は、充実したセーフティーデバイスや未来を感じさせるコネクテッド技術など、ライバルに負けない「XT5クロスオーバー」の先進性を紹介する。
  • 第1回:最新モデル「XT5クロスオーバー」に見る
    新世代キャデラックの狙いとデザイン
    2017.12.28 キャデラックXT5クロスオーバー解体新書<PR> いよいよ日本でも発売された「キャデラックXT5クロスオーバー」。進化を続けるキャデラックの次世代戦略において、このニューモデルはどのような役割を担っているのか。まずはその彫刻的なデザインとともに、アメリカが誇る名門の“今”と“これから”をお届けする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • キャデラックXT5クロスオーバー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.1 試乗記 キャデラックから、新型SUV「XT5クロスオーバー」が登場。熾烈(しれつ)なSUV市場に投入されるニューモデルの実力はどれほどのものか。車名もエンジンもプラットフォームも、従来モデルからすべてが一新されたキャデラック入魂の一台を試す。
ホームへ戻る