フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

2006.05.10 自動車ニュース

フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォーカスシリーズに新しい5人乗りワゴン「フォーカスC-MAX」を導入。2006年5月10日に発売した。2リッターモデルのみで、価格は280.0万円。

“ニューコンセプトワゴン”を謳うC-MAXは、フォーカスハッチバックをベースに、ゆとりのあるパッケージングや、多彩なシートアレンジを与えたミニバン的なワゴン。C-MAXの名は、「Comfort(快適性)」「Confidence(信頼性)」「Control(操作性)」を最高レベル(Maximum)で完成させたことを意味するという。

ボディの長さと幅はハッチバックとほぼ同じだが、全高は約10cm高く、そのぶん室内スペースを拡大。居住空間を拡げただけでなく、3脚あるリアシートすべてが取り外し可能な「リア・コンフォート・シート・システム」の採用により、2人乗りから5人乗りまで、多様な使い方に対応したことも特徴だ。後席を取り外せば、ラゲッジスペースは1620リッター、折りたたむだけでも、1403リッターの容積が確保できる。

また、リア左右のシートは前後100mm、左右に60mmスライドでき、ミニバンでいうところの「キャプテンシート」のように、大人4人がゆったり移動できるピープルムーバーにもなる。フロントシートの背面には後席乗員用の折りたたみトレーを装備、リアセンターシートを前方に倒せば、アームレスト&テーブルになるなど、快適性と利便性を両立させた。
エンジンは、ハッチバックと同じ2リッター直4で、145psと18.9kgmを発生。マニュアルモード付きの4ATを組み合わせる。

フォードはフォーカスシリーズに、上級「GHIA」、スポーティスペシャル「フォーカスST」と「C-MAX」を加え、フォーカスブランドの強化に取り組むという。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン:http://www.ford.co.jp/

 
フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場の画像

写真は3シートモード
 

	写真は3シートモード
	 
関連記事
  • フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.6.10 試乗記 ……280.0万円
    総合評価……★★★

    欧州&北米カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した初代「フォーカス」の血を受け継ぐ、5人乗りの“ニューコンセプトワゴン”が「フォーカスC-MAX」。全高を高めたことで得た居住性はいかに? そして定評のあったドライバビリティは損なわれていないのかをチェックする。


  • フォード・エスケープ 2.3XLT(4AT)【試乗記】 2003.12.27 試乗記 フォード・エスケープ 2.3XLT(4AT)
    ……229.0万円

    マツダとフォードが共同開発したコンパクトSUV「エスケープ」が、2003年秋のマイナーチェンジでマツダ製エンジンを採用。広島でつくられるアメリカンSUVに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が乗った。


  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ラギッドな仕立ての「ジープ・グランドチェロキー」限定発売 2017.5.2 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「グランドチェロキー トレイルホーク」を、2017年5月13日に100台限定で発売する。価格は599万4000円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ランドローバー・レンジローバーSVオートバイオグラフィー(後編) 2017.4.27 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「レンジローバーSVオートバイオグラフィー」に試乗。全長5.2m、車重2.6t、最高出力550psのヘビー級な走りを“谷口基準”で評価する!
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
ホームへ戻る