フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

2006.05.10 自動車ニュース

フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォーカスシリーズに新しい5人乗りワゴン「フォーカスC-MAX」を導入。2006年5月10日に発売した。2リッターモデルのみで、価格は280.0万円。

“ニューコンセプトワゴン”を謳うC-MAXは、フォーカスハッチバックをベースに、ゆとりのあるパッケージングや、多彩なシートアレンジを与えたミニバン的なワゴン。C-MAXの名は、「Comfort(快適性)」「Confidence(信頼性)」「Control(操作性)」を最高レベル(Maximum)で完成させたことを意味するという。

ボディの長さと幅はハッチバックとほぼ同じだが、全高は約10cm高く、そのぶん室内スペースを拡大。居住空間を拡げただけでなく、3脚あるリアシートすべてが取り外し可能な「リア・コンフォート・シート・システム」の採用により、2人乗りから5人乗りまで、多様な使い方に対応したことも特徴だ。後席を取り外せば、ラゲッジスペースは1620リッター、折りたたむだけでも、1403リッターの容積が確保できる。

また、リア左右のシートは前後100mm、左右に60mmスライドでき、ミニバンでいうところの「キャプテンシート」のように、大人4人がゆったり移動できるピープルムーバーにもなる。フロントシートの背面には後席乗員用の折りたたみトレーを装備、リアセンターシートを前方に倒せば、アームレスト&テーブルになるなど、快適性と利便性を両立させた。
エンジンは、ハッチバックと同じ2リッター直4で、145psと18.9kgmを発生。マニュアルモード付きの4ATを組み合わせる。

フォードはフォーカスシリーズに、上級「GHIA」、スポーティスペシャル「フォーカスST」と「C-MAX」を加え、フォーカスブランドの強化に取り組むという。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン:http://www.ford.co.jp/

 
フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場の画像

写真は3シートモード
 

	写真は3シートモード
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスC-MAXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード「フォーカス」限定モデル発売、「ST」も追加投入! 2004.1.23 自動車ニュース フォードジャパンリミテッドは、欧州フォードの主力ハッチモデル「フォーカス」に、レザーシートなどを奢った限定車「2.0GHIAレザーパッケージ」を設定。さらに、2003年にリリースしたスポーツバージョン「ST170」を追加投入し、2004年1月22日に発売した。あわせて既存モデルのカラーバリエーションも見直した。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 特集 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
ホームへ戻る