フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

2006.05.10 自動車ニュース

フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは、フォーカスシリーズに新しい5人乗りワゴン「フォーカスC-MAX」を導入。2006年5月10日に発売した。2リッターモデルのみで、価格は280.0万円。

“ニューコンセプトワゴン”を謳うC-MAXは、フォーカスハッチバックをベースに、ゆとりのあるパッケージングや、多彩なシートアレンジを与えたミニバン的なワゴン。C-MAXの名は、「Comfort(快適性)」「Confidence(信頼性)」「Control(操作性)」を最高レベル(Maximum)で完成させたことを意味するという。

ボディの長さと幅はハッチバックとほぼ同じだが、全高は約10cm高く、そのぶん室内スペースを拡大。居住空間を拡げただけでなく、3脚あるリアシートすべてが取り外し可能な「リア・コンフォート・シート・システム」の採用により、2人乗りから5人乗りまで、多様な使い方に対応したことも特徴だ。後席を取り外せば、ラゲッジスペースは1620リッター、折りたたむだけでも、1403リッターの容積が確保できる。

また、リア左右のシートは前後100mm、左右に60mmスライドでき、ミニバンでいうところの「キャプテンシート」のように、大人4人がゆったり移動できるピープルムーバーにもなる。フロントシートの背面には後席乗員用の折りたたみトレーを装備、リアセンターシートを前方に倒せば、アームレスト&テーブルになるなど、快適性と利便性を両立させた。
エンジンは、ハッチバックと同じ2リッター直4で、145psと18.9kgmを発生。マニュアルモード付きの4ATを組み合わせる。

フォードはフォーカスシリーズに、上級「GHIA」、スポーティスペシャル「フォーカスST」と「C-MAX」を加え、フォーカスブランドの強化に取り組むという。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン:http://www.ford.co.jp/

 
フォードの“ニューコンセプトワゴン”「フォーカスC-MAX」登場の画像

写真は3シートモード
 

	写真は3シートモード
	 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスC-MAXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカスC-MAX(FF/4AT)【ブリーフテスト】 2006.6.10 試乗記 ……280.0万円
    総合評価……★★★

    欧州&北米カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した初代「フォーカス」の血を受け継ぐ、5人乗りの“ニューコンセプトワゴン”が「フォーカスC-MAX」。全高を高めたことで得た居住性はいかに? そして定評のあったドライバビリティは損なわれていないのかをチェックする。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る