【F1 2006】第5戦ヨーロッパGP、シューマッハー&フェラーリ完勝

2006.05.07 自動車ニュース

【F1 2006】第5戦ヨーロッパGP、シューマッハー&フェラーリ完勝

F1世界選手権第5戦ヨーロッパGP決勝が、2006年5月7日、ドイツのニュルブルクリンク・サーキット(5.148km)を60周して行われた。
前戦サンマリノGPで激戦を制したミハエル・シューマッハー&フェラーリがここでも活躍し2連勝を飾り、シューマッハーは最多勝記録を「86」に伸ばした。

中盤までシューマッハーの鼻っ面を抑えレースをリードしたポールシッター、ルノーのフェルナンド・アロンソだったが、2度目のピットインで逆転を許し、2戦連続の2位フィニッシュ。しかし11戦連続となる表彰台は守り、シューマッハーとのポイント差も2点詰められただけに終わった。

フェラーリのもう1台、フェリッペ・マッサが自身初のポディウムとなる3位でチェッカードフラッグを受け、スクーデリアの本格復活が印象付けられた。

以下、終盤マッサへプレッシャーを与えつづけたキミ・ライコネン(マクラーレン・メルセデス)が4位、4番グリッドからスタートしたルーベンス・バリケロ(ホンダ)が5位、予選でつまづき11番グリッドから追い上げてきたジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)が6位、エンジン交換で最後尾からポジションアップを狙ったルーキー、ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ・コスワース)が7位、予選を引っ掻き回したことでグリッド降格のペナルティを受けたジャック・ヴィルヌーヴ(BMWザウバー)が8位だった。

トヨタの2台は、ヤルノ・トゥルーリが1周遅れの9位完走、150戦目のラルフ・シューマッハーはメカニカルトラブルでリタイア。スーパーアグリ・ホンダは、佐藤琢磨、そして井出有治に替わりステアリングを握ったフランク・モンタニーともにレース途中でマシンを降りた。

■13点、13戦

サンマリノGP、追い抜き困難なサーキットでアロンソを抑えきったシューマッハー。久々の快勝とはいえ苦しい戦いを強いられた“旧”チャンピオンが、いよいよ本格的に覚醒したようだ。

予選では、アロンソのスーパーラップでポールポジションは逃したものの、シューマッハー2位、マッサ3位とフェラーリが上位に食い込んだ。

レース序盤、シューマッハーの視界からアロンソが消えることはなく、トップ2台は2秒から1秒以下の間隔でラップを重ねた。

こうなれば順位変動はピットストップにかかってくる。1回目は17周目にトップのアロンソがまず入り、1周後にシューマッハーがつづいた。アロンソ渾身のアウトラップが奏効しポジションはそのまま。再び僅差の周回が繰り返された。

勝負は2回目のピット作業で決まった。38周目にまたアロンソが先んじて動き、シューマッハーはその3周後にピットへ飛び込んだ。新チャンピオンが目の前から消えた3周の間、旧チャンピオンは全力で最速タイムを叩き出し、トップ奪還に成功。以後アロンソはペースを抑え、シューマッハーは故郷に近いニュルブルクリンクで2連勝した。

2005年同様、シーズン序盤にアロンソ&ルノーが先制した2006年。“青いチーム”に待ったをかけたのはシルバーのマクラーレンではなく、真紅のフェラーリだった。

5戦を終えチャンピオンシップをリードするアロンソは44点、追いかける2位シューマッハーは31点。マージンをコントロールできるアロンソが優位なことは明らかだが、相手は2004年までGPを席巻したシューマッハー&フェラーリ。侮れない相手であることもまたはっきりしている。
両者のポイント差は13点、残るレースは13戦。まだまだ先の長いチャンピオンシップはいよいよヒートアップしていく。

次戦は5月14日、アロンソの地元スペインGP。チケットはすべてソールドアウトと伝えられる。大アロンソ応援団の前で勝つのは……。

(webCG 有吉)

【F1 2006】第5戦ヨーロッパGP、シューマッハー&フェラーリ完勝の画像

自身10回目のポールポジションからスタートしたアロンソ(手前)に、ミハエル・シューマッハーがつづく。以後レース中盤まで僅差のトップ争いが繰り広げられたが、2度目にして最後のピットストップで勝敗が分かれた。(写真=Ferrari)

自身10回目のポールポジションからスタートしたアロンソ(手前)に、ミハエル・シューマッハーがつづく。以後レース中盤まで僅差のトップ争いが繰り広げられたが、2度目にして最後のピットストップで勝敗が分かれた。(写真=Ferrari)

2005年に見られなかった新旧チャンピオン対決が今年実現。シーズン序盤にポイントを稼いだアロンソ(右)対、ヨーロッパラウンドに突入し復活の狼煙をあげたシューマッハー(左)。5戦を終えふたりのポイント差は13点、シーズンはまだ13戦も残っている。(写真=Renault)

2005年に見られなかった新旧チャンピオン対決が今年実現。シーズン序盤にポイントを稼いだアロンソ(右)対、ヨーロッパラウンドに突入し復活の狼煙をあげたシューマッハー(左)。5戦を終えふたりのポイント差は13点、シーズンはまだ13戦も残っている。(写真=Renault)

ホンダ移籍後の最高位、5位でフィニッシュしたルーベンス・バリケロ(写真)。ポイント獲得はうれしい結果だが、もっと上位が望まれていたことはいうまでもない。「今日は速さが足りなかった。マシンのバランスが良くなくて、とにかく最後まで走り切り、ベストを尽くすしかなかったんだ」とはバリケロの弁。とはいえ、エンジンブローでリタイアしたチームメイト、ジェンソン・バトンよりはラッキーだった。(写真=Honda)

ホンダ移籍後の最高位、5位でフィニッシュしたルーベンス・バリケロ(写真)。ポイント獲得はうれしい結果だが、もっと上位が望まれていたことはいうまでもない。「今日は速さが足りなかった。マシンのバランスが良くなくて、とにかく最後まで走り切り、ベストを尽くすしかなかったんだ」とはバリケロの弁。とはいえ、エンジンブローでリタイアしたチームメイト、ジェンソン・バトンよりはラッキーだった。(写真=Honda)

トヨタ勢は苦戦をしいられた。ヤルノ・トゥルーリ(写真)は7番グリッドからポイント圏外の9位完走。「レースを通じてプッシュしつづけたが、車体のバランスとタイヤグリップ確保に苦しむこととなってしまった」とはレース後のコメント。いっぽうチームメイトのラルフ・シューマッハーは、自身150戦目、故郷に程近いサーキットでの1戦でリタイア。6位走行中、ゴール目前の53周目にエンジンブローに見舞われてしまった。(写真=Toyota)

トヨタ勢は苦戦をしいられた。ヤルノ・トゥルーリ(写真)は7番グリッドからポイント圏外の9位完走。「レースを通じてプッシュしつづけたが、車体のバランスとタイヤグリップ確保に苦しむこととなってしまった」とはレース後のコメント。いっぽうチームメイトのラルフ・シューマッハーは、自身150戦目、故郷に程近いサーキットでの1戦でリタイア。6位走行中、ゴール目前の53周目にエンジンブローに見舞われてしまった。(写真=Toyota)

佐藤琢磨(写真)は、20番グリッドから1コーナーまでに10台近くを抜く素晴らしいスタートを決めた。その後、戦闘力不足のマシンに足を引っ張られズルズルと後退、13周目には18位まで順位を落とした。それでもしぶとく周回を重ねたが、油圧系の問題が発生して47周でリタイアした。井出有冶に替わりステアリングを握ったフランク・モンタニーも同様に油圧系トラブルでマシンを降りた。(写真=Honda)

佐藤琢磨(写真)は、20番グリッドから1コーナーまでに10台近くを抜く素晴らしいスタートを決めた。その後、戦闘力不足のマシンに足を引っ張られズルズルと後退、13周目には18位まで順位を落とした。それでもしぶとく周回を重ねたが、油圧系の問題が発生して47周でリタイアした。井出有冶に替わりステアリングを握ったフランク・モンタニーも同様に油圧系トラブルでマシンを降りた。(写真=Honda)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。