第263回:復活! 空冷ポルシェ(その4)
女房とタイヤは新しいのに限る!? ってか(小沢コージ)

2006.05.02 エッセイ

第263回:復活! 空冷ポルシェ(その4)女房とタイヤは新しいのに限る!? ってか

5年以上を経たMy911のタイヤ
5年以上を経たMy911のタイヤ
あぁ……ヒビが入ってる〜。コンパウンドが硬くなってる証拠。
あぁ……ヒビが入ってる〜。コンパウンドが硬くなってる証拠。
ということで、新タイヤに選んだのがコレ。ミシュラン・パイロットスポーツ。
ということで、新タイヤに選んだのがコレ。ミシュラン・パイロットスポーツ。

■プロに訊いたタイヤ選び

久々My空冷911をハナシをば。
前にもご報告したように、ボディをキレイに磨いて、オイル&フルード類を交換して次はというと……やっぱタイヤなわけよ。
って言うか、正直ドライブしてて怖いんだもん。買ってから5、6年目。クルマ本体に限って言えば14年目に突入してるし、正直、タイヤなんかいつ変えたかわかんないんだからして。ぬはは。
某タイヤメーカー広報マンによれば「銘柄も大切ですけど、一番大事なのは時期。そのクルマがいつ作ったタイヤを履いてるのかどうか」だそうな。
いわれてみると、タイヤ=ゴムは経年劣化するワケで、タイヤは残りのミゾ量よりなにより賞味期限が大切。いくらトレッドが減ってなくても、5年過ぎたらほぼ本来の性能を発揮してないという。ゲゲッ! 危ないじゃん!

ってなわけで最近売り出し中の新人(!?)タイヤジャーナリスト、竹内龍男クンに相談してみました。
彼は俺の古くからの友達で元ブリヂストンの辣腕エンジニア&テストドライバー。その後、某専門誌を経て、フリーになった論理派だ。でもその実態は、単なる夜の“六本木極楽パトロール隊長”(!?)という硬軟とりまぜた男。俺とも時おり緊急出動いたしますぅ(笑)。

「N2」はポルシェ認定の証なのだ。
「N2」はポルシェ認定の証なのだ。
ホイールにタイヤをはめているところ。幅の太いタイヤをはめられる機械を設置しているお店は最近増えたけど、ないお店(やディーラー)もある。
ホイールにタイヤをはめているところ。幅の太いタイヤをはめられる機械を設置しているお店は最近増えたけど、ないお店(やディーラー)もある。
タイヤジャーナリストの竹内龍男
タイヤジャーナリストの竹内龍男

■タイヤに厳しい911

小沢:で、ポルシェ用タイヤってなにがポイントなんだっけ。改めてザクっと言うと。
竹内:ポルシェは基本的にタイヤに厳しいよ。特に911。サイズ規定が厳密で、小沢の964型カレラ2だってフロント205/50ZR17に、リア255/40ZR17インチでしょ。“ポルシェサイズ”って言われてるくらいだし、でもそうじゃなかったらクルマ本来の性能が発揮できない。ある意味、贅沢なクルマだよね。
小沢:ま、昔の911はフロントにウェイト積んでたってハナシもあるし、いろいろ苦労してんだよね。俺のもそうそう矢のように走るわけじゃないし。だからタイヤにも厳しいんだろうなぁ。
竹内:プロならみんな知ってるけど、ポルシェには承認タイヤってのがあって、基本的にそれしか付けちゃいけないからね。そんなの、ほかはBMWとメルセデスぐらいしかない。それにしても、ポルシェとは求められる要件が違う。
小沢:そういえば確か80〜90年代、ブリヂストンのRE71が「ポルシェの承認とった!」って大騒ぎしてたもんなぁ。でもポルシェって、タイヤメーカーには“いい縛り”にはなってるんじゃないの。頑張る目標というか。
竹内:それはあるよね。
小沢:ところで、どこのブランドがいいのかな。やっぱブリヂストン?
竹内:うーん、一般的にはBSは低温時のグリップが高いとか、ミシュランは耐摩耗性がいいとか言われてるけど、認証タイヤはどれも要件を満たしてるからね。ただ、ヨーロッパ製のタイヤにすると、ヨーロッパ車らしい走りが楽しめるってことはあるだろうなぁ。パンにバターが合うように、マッチングがいいっていうかさ。

というわけで不肖・小沢、前は国産タイヤだったんで、今度はミシュランのパイロットスポーツをつけてみました。当然「N2」ってサイドウォールに付いたヤツを。「N」はポルシェが承認したタイヤにのみつけられるマークで、「N2」はカバーする車種が増えた2世代目って意味。4本総額で、12〜13万円と安くはないけど、しょうがない。かわいい子には旅をさせましょう!? って違うか。

実は、空冷ポルシェ(964以降)のホイールナットはチタン合金製! とっても軽い。もちろん、高いけど……。
実は、空冷ポルシェ(964以降)のホイールナットはチタン合金製! とっても軽い。もちろん、高いけど……。
足もとも、走りもピカピカになった。
足もとも、走りもピカピカになった。

■“チョイ古”には新タイヤ

さっそく乗ってみたところ、まず驚いたのはステアリングフィールの軽さ。重い上着を一枚脱いだように、手ごたえが軽やかかつシャープ。タイヤ専門家に言わせりゃ常識なんだろうけど、細かいことを気にしない俺としては、トレッド面が柔らかくグリップが向上してるのに、なんで軽くなるんだ? ってな感じ。それとも、これはトレッド剛性が落ちたってことなのか? うーん、楽しいんだから、まあいっか!

それと路面の継ぎ目を越えるたびに、ブチン、ブチンいってたゴムが切れるような衝撃が、格段に抑えられた点もうれしい。
なによりも嬉しいのは高速走行でも安心できること。ステアリングを切っても前タイヤが噛んでないというか、あまり曲がっていってくれない感覚があったのだが、軽くスッとノーズが内側を向き、自信を持って切り込める。「よくなった!」って思い込んでる部分も大きいんだけどさ。でもまあ、ちょっと全体的に若返った感じはあるかな。

ってなわけで、ちょい古クルマに乗ったときはやっぱ新しいタイヤよね。女房とタイヤは新しいのに限る!? ってか?
……スイマヘン。

(文と写真=小沢コージ/2006年4月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』