【スペック】3.2 V6:全長×全幅×全高=4413×1830×1372mm/ホイールベース=2525mm/車重=1630kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(263ps/6200rpm、32.8kgm/4500rpm)

アルファ・ロメオ・アルファ・ブレラ3.2 V6(4WD/6MT)/2.2 JTS(FF/6MT)【海外試乗記】

美しいけど、身持ちはしっかり 2005.11.15 試乗記 アルファ・ロメオ・アルファ・ブレラ3.2 V6(4WD/6MT)/2.2 JTS(FF/6MT)「159」に続き、新世代アルファ・ロメオの幕開けを告げるモデルが「ブレラ」である。ジウジアーロがデザインを手がけたアルファのフラッグシップクーペの試乗記を、イタリア・トリノからお届けする。


3.2リッターV6エンジン

ドイツの血が注ぎ込まれた

グループ化が進み、自動車のナショナリティがなくなっていく昨今。しかし、イタリアンテイストどっぷりのアルファ・ロメオだけは、そんなことはあり得ないだろう、と思っていたし、同時に洗練についても、半ば諦めていた。だが、カール-ハインツ・カルプフェル(前アルファCEO、現在はアルファ・マセラティのスポーツ部門のボス。そのキャリアの多くをBMWのモータースポーツ部門のトップとして過ごした人物)が加わった途端、アルファは変わった。

今回の国際試乗会の舞台はトリノ。ジウジアーロのコンセプトモデルに端を発したブレラの試乗の舞台となったのは、アルファのテストコース「バロッコ」である。数々の歴史が刻まれたコースを走れる感激に終始してしまわないよう、気合いを入れてブレラQ4のスロットルを踏みつける。

ジェット機のように爽快なサウンドで響く新設計V6エンジン。不安なく高速移動を続けるシャシー。これまでのアルファが200km/h近いスピードで巡航をしたときに与えていたある種の緊張感は、どこかへ消え去っていた。アウトバーンという無制限速度域が日常で存在するドイツの血が、きっちりと新生アルファに注ぎ込まれたのである。

「華麗なるトラクション」

しかし、新世代アルファのフラッグシップクーペであるブレラが、まるっきりドイツ車になったのかといえば、もちろんそんなことはない。バロッコの荒れた路面から伝わるはずのハーシュネスは、「突き上げはあるが堅牢なボディがそれを受け止め……」というドイツ的な作法ではなく、昔のアルファがもっていた、腰のある味わいでいなされたのである。

汗ひとつかかずに、初めてのバロッコを攻略できるブレラ。タイトターンでも、フロントからタイヤが大きな悲鳴を上げることはない。それではと意地悪をして早めにアクセルを開けていくと、一瞬4WDのブレーキング現象が出たと思った瞬間、するするとフロントをイン側に寄せていった。Q4に搭載される4WDのトルクスプリットは、機械式のトルセンデフを介してとことんジェントリーに駆動力を後ろ側へ配分したのである。

この大人っぽい「華麗なるトラクション」にこそ、ブレラの神髄がある。156GTAならば全開をかました瞬間に前足をばたつかせる場面でも、ブレラは予想より内側のラインで、こともなげに立ち上がる。コースを目一杯使い切るような走り方をするには、今までのアルファよりずっと攻め込まなくてはいけない。……まったく驚きだ。アルファがこんなことをやるなんて。

【スペック】
2.2 JTS:全長×全幅×全高=4413×1830×1372mm/ホイールベース=2525mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ(188ps/6500rpm、23.4kgm/4500rpm)





廉価版ではないFFモデル

2.2JTSも素晴らしかった。Q4に対しシンプルなFFモデルだけに圧倒的に動きが軽い。高速コーナーでのヨーモーメントがかかりながらのブレーキングも、破綻しないから怖さがない。156で登場したハイマウントダブルウィッシュボーンは熟成を経てより深くストロークし、マルチリンクとなったリアの接地性の良さを利して、ひゅんひゅんとコーナーを駆け抜ける。絶対速度はQ4に較べ遅いが、抜群に楽しい。

159のときは単なる廉価版と感じたFFモデルも、より軽くてショートホイールベースの短いブレラになると、ひとつの選択肢にまで昇格した。180psを発揮するエンジンもスカッと爽やかで、トランスミッションもQ4と同じ6MT。お買い得感があるのは、むしろこっちのモデルだと断言する。

惜しむらくはこのブレラ、インテリアがほとんどセダンである159と同じなのだ。しかしカラーは4種類と発表され、試乗会場には2トーンのちょいエロな仕様も存在したから、その導入に期待したい。ヨーロッパでの価格は、34000〜45000ユーロ(470〜630万円)。日本での価格はもう少し上がるだろう。

ドイツメーカーのトップが、「最後の仕事をイタリアで」と選んだアルファ・ロメオ。そこで生まれたブレラは、ドイツとイタリアのハーフのような、美しくもしっかりとした身持ちの女の子に育ったようだ。ちょっとイカついのが、好みの分かれ目だけどね。

(文=山田弘樹/写真=フィアットオート・ジャパン/2005年11月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ ブレラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る