安全性に問題はありません、が……
「プジョー 307CC」の販売を一時停止

2006.05.01 自動車ニュース

安全性に問題はありません、が……「プジョー 307CC」の販売を一時停止

プジョー・ジャポンは、「プジョー 307CC」の販売を一時的に停止したことを、2006年4月27日に発表した。

今回の販売停止は、車両横転時に後席乗員を保護する安全装置「オートマチックロールバー」に使われている火薬について、同安全装置に関する「火薬類取締法」に基づいた適用除外申請を行っていなかったことが判明したため。同年4月19日に「フォード・エクスプローラー」の販売が一時停止されたのと同じ理由で、もちろん、クルマや安全性に問題はない。

プジョー・ジャポンは、「この状況が判明した時点で、当社は直ちにプジョー307CCの輸入並びに販売を自主的に停止し、経済産業省に報告を行うと同時に、今後の対応につき調整中です。現在、適用除外申請手続きの審査が進行中と理解しており、近々これが受理され同車の販売が再開できるものと確信しております。(中略)今回お客様ならびに関係者各位にご迷惑をおかけしたことに対し、深くお詫び申し上げますとともに、二度とこのようなことのなき様、万全をつくす所存です」とコメントしている。

(webCGオオサワ)

プジョー・ジャポン:http://www.peugeot.co.jp/

安全性に問題はありません、が……「プジョー 307CC」の販売を一時停止の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
ホームへ戻る