安全性に問題はありません、が……
「プジョー 307CC」の販売を一時停止

2006.05.01 自動車ニュース

安全性に問題はありません、が……「プジョー 307CC」の販売を一時停止

プジョー・ジャポンは、「プジョー 307CC」の販売を一時的に停止したことを、2006年4月27日に発表した。

今回の販売停止は、車両横転時に後席乗員を保護する安全装置「オートマチックロールバー」に使われている火薬について、同安全装置に関する「火薬類取締法」に基づいた適用除外申請を行っていなかったことが判明したため。同年4月19日に「フォード・エクスプローラー」の販売が一時停止されたのと同じ理由で、もちろん、クルマや安全性に問題はない。

プジョー・ジャポンは、「この状況が判明した時点で、当社は直ちにプジョー307CCの輸入並びに販売を自主的に停止し、経済産業省に報告を行うと同時に、今後の対応につき調整中です。現在、適用除外申請手続きの審査が進行中と理解しており、近々これが受理され同車の販売が再開できるものと確信しております。(中略)今回お客様ならびに関係者各位にご迷惑をおかけしたことに対し、深くお詫び申し上げますとともに、二度とこのようなことのなき様、万全をつくす所存です」とコメントしている。

(webCGオオサワ)

プジョー・ジャポン:http://www.peugeot.co.jp/

安全性に問題はありません、が……「プジョー 307CC」の販売を一時停止の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る