日産、インテリアの質感に力を入れた「モダンコレクション」

2006.04.27 自動車ニュース
 

日産、インテリアの質感に力を入れた「モダンコレクション」

日産自動車は、インテリアの魅力を高めた特別仕様車「モダンコレクション」を、「ティアナ」「ブルーバード シルフィ」「ティーダ」「ティーダ ラティオ」に設定。2006年4月27日に発売した。


写真は「ブルーバード シルフィ20M モダンコレクション」
 

モダンコレクションのテーマは「SHIFT_ interior」、インテリアデザインをシフトするというもの。日産は昨今、内装にこだわりを見せており、2005年には「プレミアムインテリア」という特別仕様車を発表した。今回は2006年版の第1弾である。

モダンコレクションの特徴は、内装色に深みと味わいのある「ワイマラナー」色を採用した。ちなみにワイマラナーは、ドイツワイマール地方で愛された猟犬種で、短く滑らかな毛並みと、独特の光沢感を色で表現したと謳われる。生地には、柔らかな肌触りのスエードを組み合わせ、新しい上質感を演出したという。

価格は、「ティーダ15M モダンコレクション」(FF)の166万4250円から、「ティアナ230JM モダンコレクション」(FF)の282万4500円まで。

(webCGオオサワ)

日産自動車:http://www.nissan.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)【試乗速報】 2008.6.20 試乗記 日産ティアナ250XV(FF/CVT)/350XV(FF/CVT)
    ……335万4750円/425万7750円

    “モダンリビング”路線の嚆矢である「ティアナ」がフルモデルチェンジされ、2代目となった。路線継続を謳いつつも、新たなテーマとして付け加えられたのが「OMOTENASHI(おもてなし)」である。アジア市場を狙う戦略車は、どう変わったのか。
  • 日産ティアナ250XV(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2008.9.19 試乗記 ……335万4750円
    総合評価……★★★

    モダンリビングコンセプトを受け継いだ、2代目「日産ティアナ」。そのターゲットは中国市場に傾きつつあるが、日本でも魅力のあるセダンなのか? 450kmの走行でOMOTENASHIを受けてきた。
ホームへ戻る