トップ > インプレッション >MINI クーパーS ジョンクーパーワークス(FF/6MT)【短評】 (2006.4.26)
MINI クーパーS ジョンクーパーワークス(FF/6MT)【短評】
【スペック】全長×全幅×全高=3655×1690×1455mm/ホイールベース=2465mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC16バルブ・スーパーチャージャー・インタークーラー付き(210ps/6950rpm、25.0kgm/4500rpm)/ベース車価格=282万4500円(テスト車=460万4655円)

プレミアムスポーツコンパクト

MINI クーパーS ジョンクーパーワークス(FF/6MT)【短評】

MINI クーパーS ジョンクーパーワークス(FF/6MT)……460万4355円MINIのチューナーは数あれど、それと知られたジョン・クーパー・ワークス(JCW)。メーカー純正のJCWキットに加え、あまたあるオプションを装着した“スペシャルMINI”のお味やいかに?

格の違うコンパクトカー

ミニ・クーパーSの価格は6速MT仕様で282万4500円。これに57万7500円のジョン・クーパー・ワークス(JCW)キット“だけ”を装着すると、価格は約340万円である。が、試乗車にはもろもろのアクセサリーが備わっており、お値段、なんと約460万円にもなる。ふたクラス上のBMW320iMスポーツより高い数字だ。

「なぜそんなに高いのか?」そのワケは、試乗車が多様に用意されたMINIのオプションパーツをてんこ盛りに装着した仕様だったからだ。とはいえ、カーボンファイバー製のリアウイングやインパネ、レカロシートなどは必要ないからと、オプションをすべて選ばなかったとしても、340万円ぐらいになることは、先に述べた。この日いっしょに試乗したフォルクスワーゲン・パサートのベーシックグレード「2.0」を上回ってしまう。
長さは3700mmに満たず、幅は5ナンバー枠に収まり、リアシートやラゲッジスペースが広いわけでもない小さな2ボックスが340万円もするとは! こう考える人は、このクルマのターゲットユーザーではないのかもしれない。

たとえばベントレーのコンチネンタル・フライングスパーあたりをポンと買えるような人が、街なかや峠道を小気味よく走れるコンパクトカーを、サードカーあたりとして欲しいときに、このJCWはおすすめかもしれない。“ミニ・クーパーの美味しい要素が全部入り”といえる内容は、格の違うコンパクトカーを望む人たちに最適だから。

JCWのスゴイところ

ノーマルでも170psをマークするスーパーチャージャーつき1.6リッターエンジンをベースに、シリンダーヘッド、エキゾーストシステム、スーパーチャージャーを換え、コンピュータのリセッティングを行うことで得られたパワーは、210ps。このクラスでは唯一の200ps超えだ。対する車重は1180kgにすぎない。ふつうのクーパーSには6速ATも用意されるが、JCWはそのパワーとトルクに耐えられるATがないとのことで、MTのみの設定だ。

どんなにお金があっても、腕がともなっていないと、こんなスペックのクルマは扱いきれないのでは? と思う人もいるだろう。でも実際は、そんなことはない。MTを運転できて、重いクラッチを苦にしない人なら、問題なく走れる。
210psのパワーは、たしかに衝撃的だ。自然吸気エンジンではないから、低回転から強烈なトルクを炸裂させるわけではないけれど、3000rpmあたりから上では、アクセルを深く踏んだ瞬間に、頭がヘッドレストに叩きつけられる。どこへ飛んでいくかわからないような勢い。その勢いが高回転まで際限なく続いていくところが、JCWのすごさである。

アクセルオンでのエキゾーストサウンドとスーパーチャージャーの唸り、アクセルオフでマフラーの中で排気がボコボコと弾ける音も、エクストラワイルド。チューニングカーっぽさ満点だ。



【テスト車のオプションとアクセサリー装備】
オプション:ジョンクーパーワークスキット=57万7500円/マルチファンクションステアリング=4万7250円/ブラック・ボンネット・ストライプ=1万5750円/クロムライン・インテリア=1万8900円/クロムライン・エクステリア=1万3650円/ビジビリティ・パッケージ=3万7800円/プライバシーリアガラス=2万7300円/アームレスト=1万9950円/ヘッドライナー=2万7300円/レカロ・スポーツシート=27万7200円/6連CDチェンジャー=4万7250円/ホワイト・ターン・インジケーター・ライト=9450円/ETC車載パッケージ=2万3100円)
アクセサリー:ルーフ・スポイラー=10万2900円/リアル・カーボン・エアインテーク=3万7485円/リアル・カーボン・バックドアハンドル=2万4570円/リアル・カーボン・ミラーカバー=4万1160円/JCWストラットプレース=4万4100円/JCWエントランス・イルミネーションセット=4万6200円/JCWカーボン・トリムセット=17万100円/JCWフロアマットセット=2万1840円/エアロ・ダイナミックパッケージ=14万9100円

乗り心地のいい、チューンドカー

そんな具合だから、あいにく雨のなかでの試乗となった今回の場合、全力を出しきることなどできなかった。ガシッとした重みを返すステアリングを切って、ミニらしいゴーカートのようなキビキビした身のこなしを味わうには、アクセルをなでるぐらいがちょうどいい。
でもアクセルを踏みすぎて、前輪が暴れ出そうとしても、すぐにDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)がサポートしてくれる。メーターの中のインジケーターは元気に点滅しまくるけれど、危ない状況にはならずにすむ。お母さんに見守られたやんちゃ坊主という感じだ。

乗り心地もいい。タイヤサイズが195/55R16とノーマルだったおかげもあるし、意外にふっかりした座り心地の、厚みのあるスポーツシートのおかげもあるが、固いけれどぜんぜんビシビシこない。小さなボディに210psを組み合わせておいて、この快適性……加速性能と同じぐらい、すごいと思った。

チューニングカーっぽい荒々しさを演出としては感じさせながら、実際の走りは高度にソフィスティケーテッドされている。ジョン・クーパーという名前でノスタルジーをアピールしておきながら、中身はBMWのMシリーズを思わせる完成度の高さ。ホットハッチなんていう子供っぽい表現でなく、JCWはプレミアムスポーツコンパクトと呼ぶべきクルマなのである。

(文=森口将之/写真=峰昌宏/2006年4月)

  • mixi
  • linkedin
  • rss
mobileCGご紹介

週間アクセスランキング (インプレッション)

注目の情報[PR]